広告 

50歳で素肌スキンケアを見直しませんか?

人生の折り返し地点の50歳。ここからが、本当のスキンケアが始まる気がしています。

20代~40代のスキンケアなんて、まだまだお子チャマよ。ツヤ肌をキープするかどうかの瀬戸際は、50歳から真剣度にかかっていると、見栄を張ってみます。 寝室の本

正直50歳の肌は、トラブルだらけ

50歳の肌は気になることが一杯ですが、ちょっと待ってください。しみやたるみより、今まで素肌にしてきたお手入れを思い出してください。上手に回復させて、肌力をアップさせてみませんか?

20代や30代のころと違って、パールやラメ、濃いメイクでインパクトを狙いたいとは、もう思いません。まぶた一杯にラメ入りのアイシャドウは、もう卒業です。

素肌をできるだけきれいにして、肌のツヤにつなげるのが一番。年齢に見合った身だしなみ、上品な女性になりたいし・・・本物で勝負しなくちゃ、駄目ですよん。

50歳のスキンケアは、修復と現状維持と、肌力アップです。

  • 若い頃無理をしてきたメイクの刺激を、リセット。
  • 蓄え続けた紫外線のダメージも、回復させたい。
  • 年齢的な肌乾燥も、外から補って食い止めたい。
  • 肌の新陳代謝をアップさせて、瑞々しい肌にしたい。

チェス盤

年齢を重ねた肌に合うスキンケアとは

といっても、50年も月日重ねた肌は、硬かったり、過敏になっていたりと、年月を重ねただけ頑固な肌になっています。

刺激を与えず、呼吸をしている肌に優しく働きかけるのは、至難の業。化粧水一つとっても、若い人のものは肌触りが少々硬くて、浸透しなかったりします。何でこれがいいんだろうって、デパートのコスメカウンターやドラックストア―で試してみて、首をかしげる時もママあります。

スポンサードリンク
素肌を水際で守っているのは、皮膚常在菌

元々、肌には沢山の皮膚常在菌と呼ばれる微生物が存在しています。皮膚常在菌は、表皮の水分や皮脂バランスを整えてくれます。

毛穴に詰まった皮脂が炎症を起こしてニキビができるのは、アクネ菌が繁殖するからです。アクネ菌とて、過剰に出た皮脂を食べて、肌バランスを良好に保つために存在しているのです。

また、外気の中にある花粉、細菌などが、肌内部に侵入するのを防いでくれているのも、皮膚常在菌です。肌の表面にある、皮膚常在菌と呼ばれる微生物(酵母)が、素肌を守っているんですよ。

この摩訶不思議な皮膚常在菌の働きに着目して、つくられた酵母化粧品があります。サントリーのエファージュです。

理解不能な部分も沢山ありますが、実は、日常でも酵母の美肌作用を実感していることが沢山あるのです。 書籍

酵母の働きに気づいているはず

西洋ではパン職人の手は白くて真っ白です。パン屋さんで使う酵母はイースト菌。

あら、日本でも日本酒を作る杜氏の手も、スベスベでしっとりしています。日本酒造りで使われる酵母は、各酒造メーカーで独自開発し、お米を発酵させているのです。

毎日ぬか床をかき交ぜた後の手も潤っています。味噌やぬか漬けなど、伝統的な発酵食品には勿論、酵母が働いています。

その昔、古代ローマ時代では、皇帝ネロの妻ボッパエアの美白スキンケアは、発行したパンでロバの乳をつけることでした。

酵母の働きに着目して、50歳の肌用に選ばれた二つの酵母を化粧品に興味があれば、こちらの公式サイトから。 F.A.G.E.トライアルキット
スポンサードリンク