広告 

抜け目ないケアが、どうやら透明肌をつくるらしい

コスメメーカーが次々に発表するスキンケア化粧品で、溢れかえる状態になりました。雑誌や新聞に掲載される文章から、多くの女性は肌の構造や配合成分の名前を、良くご存知です。

こんな状況の中で、気づかされることがあります。スキンケアって、単一アイテムだけでは効果が出ないんだってことです。守りも攻めも手ぬかりなく、万全の体制を整えなくては、どうやらダメみたい!

一つでも、手抜きがあれば敵は(?)侵入して、クスミ肌を作ってしまいます。 ダイヤモンド

スキンケアにバランスが必要なの?

どんな高価なクリームでも、代謝が低下してしまった肌環境では、充分な働きをしてくれません。脚や腕に筋肉があるように、顔の筋肉が活性化されている状態であれば、働きを助けることができます。

肌代謝を上げれば、ターンオーバーの促進に繋がりますし、にっくきシミの元であるメラニンの排出も上手くいきます。そのメラニン生成を抑制させる美白化粧品を使用する時は、日中のUV対策を行わなければ、逆に肌ダメージを加速させてしまいます。

また、全てのスキンケアの土台となっているのは、潤いを封じ込める保湿環境です。保湿環境が整っていれば、外部刺激を遮断し、肌ダメージを和らげ、トラブルを回避させてくれます。

そこで、クスミ対策を行うための、スキンケア体制を考えました。最善をつくしている方でも、チェックしてみてください。

  • 代謝促進
  • ターンオーバー促進
  • 色ムラ対策(メラニン操作)
  • 保湿力パワーアップ
  • UV対策
代謝促進

代謝を上げるには、顔の表情筋を鍛えることです。例えを変えれば、心臓から送りこまれた血液が心臓に再び戻るのは、手足の筋肉がポンプのような働きをするからです。 肌に新鮮な酸素や栄養が届けられるためには、巡りを高める必要があります。

表情筋の働きが強くなれば、肌に溜まった老廃物が排出されて、代謝促進に繋がっていきます。

かつては、顔の筋肉を鍛えるために、誤ったやり方をするとシワやたるみの原因になるとされ、あまり広まることありませんでした。ここ最近、美顔器の性能が上がるにつれて、徐々に提案されるケア数が増えてきています。

従来より言われていた、肌の中の老廃物を排出される方法として、リンパマッサージや静脈マッサージがあります。表情筋のトレーニングと同じように、異論はありましたが、マッサージオイルやクリームの成分が、吟味されてこのところマッサージブームです。

塗るスキンケアでも、血行促進に役立つビタミンEや、代謝促進の作用があるビタミンA配合の化粧品が、グーンと性能をアップさせています。

スポンサードリンク
ターンオーバー促進

ターンオーバー促進は、人為的にダメージを肌に与えて回復力で促進させるもの、浸透力の高い成分で栄養を与えるもの、成長因子などで細胞を活性化するもの、サイトカインの合成を促すものと、多くの選択肢が増えました。

  • 回復力で促進ピーリングヒートショックプロテイン炭酸パック etc…
  • 栄養で促進馬油発酵化粧品ペプチド化粧品 etc…
  • 成長因子で促進上皮細胞成長因子(EGF)線維芽細胞増殖因子(FGF) etc…
  • サイトカインの合成を促すプラセンタ

木の枝と光の流れ

色ムラ対策(メラニン操作)

色ムラ対策と書きましたが、美白化粧品やシミ対策用の化粧品を指しています。

年齢と共に、メラニンが溜まってしまう、メラニンを過剰に作り過ぎてしまうための対策は、従来より使われてきた美白化粧品が担当してくれます。 紫外線が弱い季節を狙って、美白化粧品でケアをしておくと、肌くすみの進行を抑えることができます。

保湿力パワーアップ

肌の保湿は、幾度となく肌組織の図と共に覚えてしまった方も多いようです。常在菌、皮脂膜、角質層などが、保湿の役割をします。これらは、洗顔などのスキンケアで失ってしまいます。

常在菌、皮脂膜、角質層を、守るためのケア、補うためのケア、増やすためのケアに分かれます。重要なのは、守るためのケア。補うためのケアは、人間の肌組織に近い成分が人気ですが、コスメメーカー独自に開発したバリア機能も徐々に知名度が上がってきています。泡を持つ手

UV対策

紫外線と肌ダメージの関係が、明確になってきています。昨今では、紫外線UVB派よりもUVAの方が、影響度が高く肌老化に深刻なダメージを与えていることが、クローズアップされています。

UV剤が配合されていればOKの時代から、テスクチャ―や保湿力などの機能も問われるようになりました。粘っこくてつけにくい、白浮きするといった、悩みの声は長い間ありましたが、やっとといった感じです。

UV対策された日焼け止めや下地クリームは、SPFやPAの数値以外の選択肢も持ちましょう。特に、保湿力を考慮した下地クリームは、化粧崩れがしにくいとか日中の乾燥を和らげる利点があるので、ポイントが高くなっています。 下地クリーム

UV対策の機能として、3つほど上げておきます。

  • 日中保湿
  • 紫外線以外の外部刺激遮断
  • 日中美白
スポンサードリンク