広告 

今年の秋は、くすんだ肌に四苦八苦してケアをやめよう

夏は日に焼けて多少は色グロになるのを覚悟しなくちゃというのは、もはやおばさんの論理のようです。
今は、どうやらもっとわがままでもっと透明肌を望んで、良いのですよ。
BBクリーム WHITE377

 

より我がままに、より透明にが主流

紫外線からしっかり肌を守り、肌には余計なメラニンを作らせないというのが、今時のメイクの主流のようです。
UV対策もブライトニングも両刀使いといったところでしょうか?

ドクターシーラボのWHITE377プラス配合のBBパーフェクトクリームは、その名のとおり、ブライトニング効果のあるWHITE377と美容液をたっぷり入れ込んでいます。
夏でも色白透明肌をキープしたい女子のわがままに応えたBBクリームなのです。

つけ心地は、他のシーラボのBBクリーム同様に、良く伸び肌に異物を感じさせないほどナチュラルなフット感を実感できます。
潤いもほどよく持続し、楽ちんなのもシーラボならではです。

 

肌ダメージを広げないことが色白の近道

何と言っても、魅力はWHITE377で、美容液などの他のアイテムでも配合されているのが、何よりの証拠です。
しっかりと紫外線から肌をガードさせて負担をかけません。
紫外線のダメージが減れば、メラニンを作る指令も少なくなりますよね。

スポンサードリンク

WHITE377は、ハイドロキノンのようなメラニン色素を薄くする働きはないものの、ヨーロッパアカマツに含まれるポリフェノール成分からヒントを得て作られたものです。
紫外線が及ぼす肌トラブルを、抑えてガードしてくれるパワーには、期待してよいようですね。
ちなみに、UV防御率は、SPF35 PA++と高くも無く低くも無くといったところでしょうか?
BBクリーム WHITE377プラス

 

ホワイトニング複合成分で、がっちり色白

ホワイト377(white377)他、αアルブチン、ビルベリー葉エキスといった複合成分で、気になるメラニン色素を作らせない働きもあります。

今年の夏の終わりは、くすんだ肌ケアに四苦八苦することが無いようにしたいものです。

 

受けたダメージをしっかり回復

同様に、日中の潤い肌を徹底的に持続させるための美容成分の中にも、ちょっぴり他とは一味違います。
ヒトオリゴペプチド-1と呼ばれるEGFです。
表皮の成長を促す働きがあり、肌ダメージの回復が期待できます。

EGFは、エイジング美容液でも高価で贅沢といわれる成分でありながら、このBBクリームには、200%以上も配合しているんですって。
驚き!

 

シーラボのWHITE377のBBクリームの特徴をまとめると

つまり、まとめます。
紫外線を遮断し、『たとえ、入り込んでも肌ダメージを広げない』、『メラニンを作る指令を出させない』、『メラニンを作らせない』、『たとえ、肌がダメージを受けても回復させる』といった、色白になるために考え尽くされたBBクリームとなっています。
皮膚科医が作ったメディカルコスメです。

スポンサードリンク