広告 

美肌菌は、しみやキメなどにも関係している

酵素飲料に腸内フローラーなどがブームになり、人間の生命は、小さな微生物に助けられている事が分かってきました。
特に、腸内細菌を増やすことが、豊かな生命活動につながると言うのです。

体内にいる微生物によってつくられた酵素は、人間の多くの生命活動を調節します。
美肌や健康も、酵素のおかげです。

腸内フローラ―と呼ばれる微生物は、食べ物を分解、消化、吸収を助けています。
免疫力を強化させ、がんや糖尿病を予防する微生物もいるそうです。
不思議ですねぇ~。

いずれも、微生物の存在なしでは、人は生きてはいけません。
人間の体内にある、微生物の量は、なんと約2Kgの重さになります。
びっくりじゃありませんか?
子供が階段を駆け上がるところ

 

美肌菌の働きとは

もっとも、驚くべきことは、皮膚にも微生物が宿っていることです。
皮膚の微生物は、皮脂や汗、水分量などのバランスを保ち、キメや肌の強さなどにもかかわっているのです。

皮膚の微生物は、皮膚常在菌と呼ばれます。
一度、その働きは化粧品をしのぐとまで報道されたこともあり、別名『美肌菌』と呼ばれているのです。

皮膚常在菌であるアクネ菌の暴走がニキビの原因であることは、ご存知かもしれません。
ニキビ以外にも、しみ、しわ、肌のキメ、外部の細菌から守るバリア機能、ハリなどなどは、皮膚常在菌を無くして作りだすことはできません。

皮膚常在菌の中でも美肌菌は、皮脂や汗を餌にして代謝した物質で、肌に薄い膜を張り、外部刺激から守ります。
化粧品に配合されているグリセリンを、美肌菌は作り出すことができるのです。

 

乳酸菌に、皮膚の粘膜を保護する働きがあった

乳酸飲料を作り続けたヤクルトは、乳酸菌が作りだす成分が皮膚の粘膜を保護する働きに、注目しました。
開発した成分の名前は、『乳酸菌はっ酵エキス』で、化粧品を作っています。

もともと皮膚常在菌が持っている働きを知れば、乳酸菌への期待もうなずけます。
現在、ヤクルトでは、保湿、抗酸化作用、抗炎症作用等の機能性を高めた素材を開発しているそうです。

 

乳酸菌化粧品の良さは、日本人も知っているはず

乳酸菌は、韓国を始め世界各国の食文化の中で、数多くの種類があります。
チーズ、ヨーグルト、アンチョビ、漬物、味噌、醤油、ワイン、キムチなどが、代表的な乳酸菌を含む食品となります。

スポンサードリンク

世界各国の乳酸菌を配合した韓国コスメは、日本でもブームを巻き起こしました。
日本でも乳酸菌化粧品の開発を、頑張ってほしいと考えています。
ヨーグルト

 

清潔な日本人は、大切な美肌菌も洗い流してしまっている

皮膚の外側で生活をしている美肌菌は、洗顔料に含まれる合成界面活性剤でバランスを崩します。
さっぱり感を重視するあまり、美肌菌まで、洗い流してしまっていることもあるのです。

日本人は清潔好きで、石鹸で肌の汚れを熱心に洗います。
お化粧をしている女性は、クレンジングと洗顔石けんのダブル洗い。
顔の上にちり一つないくらい綺麗に洗い流そうとします。
毛穴の角栓が気になって、吸着力の良い石鹸も、危ないです。

美肌菌を残すためには、しっとり感が残るぐらいが良いのです。
透明なガラス瓶2個

 

美肌菌を守るために、朝洗顔をしないのはNG

美肌菌が落ちるのが嫌だからと、朝洗顔をしない方もいます。
化粧水で、サッと拭いて終わりというパターンです。

ただ、新しい肌は夜の間に作られ、不要な角質が、肌に一杯残っているはずです。
寝ている間にコップ一杯の水が、体内から出るなんて言われていますが、顔からも汗と皮脂が沢山分泌されています。
脂性の方が、朝、自分の顔が油田になっていると言われますが、まさしくそれです。

起きたばかりは、朝洗顔しないでも平気ですが、昼ぐらいになると、痒みが出始めるはずです。
きちんと取り除かなかった不要な角質と皮脂が、痒みを生じさせ、酸化したり、続ければシミにもなると言われています。

必要な汚れはさっぱり落とす方が、よさそうです。

美肌菌を残したい、洗顔のし過ぎが気になる、肌のゆらぎが酷いと言った方は、乳酸菌化粧品を提案します。
人間の体の中で生活をする細菌を研究し続けた会社のものなら、美肌菌も大切にしてくれるはずと考えます。

ヤクルトのリベシィは、乳酸菌を使用した保湿を重視したコスメです。
年齢とともにカサツキが進む肌の調子を優しく整えてくれます。
1週間試せるトライアルが、1,200円で5アイテム試すことができますよ。

スポンサードリンク