広告 

もう、ピリピリ、ヒリヒリを気にしない

強い風の日や、空調の吹き出し口の近くにいた日は、肌が黒くずんで汚くなります。乾燥してくすんだ黒ずみは、紫外線に当たってくすんだ時より、毛穴が開く分重症です。肌が乾燥すると、失った水分の分だけ皮膚が縮むために、毛穴が広がってしまうのです。 歩道橋を上がるOL

外気にあたっても乾かない肌ってある?

同じ天候の下で過ごしているのに、ふっくら肌をキープしている女性を見ると、やはり私の肌は弱虫だぁ~と、愚痴がこぼれそうになりそう。たっぷりの水分を溜めこんで、キメ一つ乱れない人もいますよね。いいねぇ~。

外気が乾いていると、肌の中の水分が奪われてしまうのは、カードしている角質層に隙間ができているからだそうです。隙間ができた角質層は、もろくなっていますので、強い刺激を与えるとさらに、角質層はめくれ上がり、剥がれ落ちてしまいます。

化粧品も効果ばかりを追わないで、低刺激なものを選ばなくちゃと、こんな日は決心するのです。そう、これ以上角質層に刺激を与えることなく、しっかりと保湿を続けるには、敏感肌専用のスキンケアが一番です。

優しいだけじゃ、もう物足りない

でも、相当ダメージを受けてくすみまくっている肌は、水分不足です。水分不足のままにしていると、さらに肌トラブルはくすみだけでは済まされません。敏感肌専用だけど、確実に高保湿な化粧品があるといいですね。

スポンサードリンク

シワができやすい季節は、外気の乾燥が強い冬だそうです。夏の紫外線もシワの原因とされていますが、実は汗と皮脂が出ているため、肌を守っているのです。天然のクリームですね。でも、汗も皮脂も少なくなる冬は駄目。冬くすみと名前がつけられています。

荒れている肌は、食べすぎた胃袋と同じ炎症寸前なので、通常はOKの成分でもピリピリと反応が来ることがあります。ピリピリって感じた時、頭に浮かぶのは、ビリビリって破ける肌の音です。

体の中も冷えが生じて血行不良をおこす方も多いために、体の中から保湿効果を願うことも難しくなります。

万事休すなり。
窓辺の瓶

敏感肌専用のコスメメーカーのスキンケア

実は敏感肌の専門コスメメーカーが開発した、高保湿化粧品があります。

肌を外気から守るセラミドを、カプセル化して潤いを補うセラミドナノスフィアという独自の技術が搭載されています。

敏感肌に不足しがちなNMFの約40%もの割合を占めるアミノ酸を配合して、気弱になった角質細胞に援護を送ってくれます。

さらに、ポーラ研究所オリジナル成分『エモリエントプール成分』が、肌内部の水分をプールのように溜めこみ外に蒸散させません。

もう、敏感肌だからと気兼ねすることなく、ふっくら肌を目指すことができそうです。実際に使ってみましたので、レビューを覗いてみてください。

敏感肌でも負けないスキンケア

スポンサードリンク