広告 

敏感肌の美白ケアに、ビタミンCで積極的に責めたい

ビタミンCはとにかく働きもの。
紫外線からのダメージを和らげたり、肌再生をを助けり、色素沈着を防いでくれたり、ベタベタ皮脂の抑制したり、なめらかな肌にしれたりと、大忙しなのです。

是非、積極的に使いたいと考えるものの、効くと言われているビタミンCほど、ピリッっときますよね。
そんな敏感肌の方は、ピュアビタミンCでなくて、ビタミンC誘導体を使います。
ピュアビタミンCより、優しそうと考えるからですよね。

ビタミンC誘導体でもってしても、かさついてしまうこともあります。
こんな時は、ビタミンC誘導体ローションを使った後、慌てて美容液やクリームをつけても、簡単には潤わないんですよね。

やみくもにビタミンCが美肌成分だからと、敏感肌の方にはおススメはできないのです。
マーガレットと白い椅子

 

FANCLのホワイトニングシリーズで配合しているのは

ところが、敏感肌でも低刺激なビタミンC誘導体があります。
VCエチルという日本語名で、主成分は3-O-エチルアスコルビン酸(美白有効成分)を配合しているビタミンC誘導体です。

このVCエチルは、無添加化粧品で有名なFANCLが、ホワイトニングシリーズで、ほとんどのアイテムに配合しています。
他、有名なブランドでは、資生堂のエクスポーテ、HAKU、アキアレイベルでも、採用されているのです。

 

VCエチルは即効性、浸透性、持続性が魅力

大手コスメメーカーが採用した理由は、即効性、浸透性、持続性と、他のビタミンC誘導体と比較して効果が実感しやすい上に、低刺激であることが理由となります。上述したとおり、肌に悪い成分は一切配合しないと言いきっているFANCLが、積極的に採用していることからも伺えます。 上記の3点ついて、さらに詳細を書きますとこうなります。

スポンサードリンク
  • 即効性
    他のビタミンC誘導体は肌内部に入ると、ヒトの皮膚内にある酵素を利用してビタミンCに変換を行います。しかし、VCエチルの場合は、酵素を必要としないために、早くビタミンCに変われるのです。酵素の量に左右されることなく、効率的に変換がおこなってくれます。
  • 浸透性
    水溶性でありながら、早く肌に馴染んで浸透していきます。
  • 持続性
    ビタミンCは不安定で劣化が進みやすいとことが特徴ですが、VCエチルの場合は72時間持続します。

 

VCエチルの働き

VCエチルは、厚生労働省が認可する美白成分です。

 

美白の働き

他のビタミンC誘導体の美白の働きと同じように、メラニンを作成するチロシナーゼ活性を阻害する働きを持っています。
チロシナーゼは、紫外線のUV-B派によって活性化する酵素です。

昨今、UV-B派よりUV-A派の健康被害や肌環境の悪化が、注目されてきていています。
地上に降り注ぐ紫外線の95%は、UV-A派であることから、UV-A派の対応こそが重要視するべきなのです。

VCエチルは、UV-A派により作られるメラニンの生成を抑制させます。
この働きは、他のビタミンC誘導体にはなく、VCエチルの優位性を語っているのです。

 

その他

ビタミンC誘導体には、油性のものもあります。
皮膚は外部からの異物侵入を防ぐために、バリア機能を持っていますが、油分と水分の性質を両方兼ね備えたバリア機能は、水性よりも油性の方が浸透性が高くなります。

VCエチルは水溶性ですので、同じ水溶性ビタミンC誘導体の中では、浸透力が高くなっています。
また、コラーゲン産生促進効果ももっているので、エイジングケアでの利用も可能となります。

スポンサードリンク