広告 

夏に溜めこんだメラニンをリセットできるのは冬以外にない

厚生労働省が認可している美白成分が配合されている化粧品には、『薬用』といった言葉が化粧品のパッケージに書かれています。美白成分なるものを紐解くと、ビタミンC誘導体、プラセンタエキス、アルブチン、ルシノール、エラグ酸などです。成分の効能を調べてみればわかるとおり、美白は、日焼けによるメラニンの生成を抑え、シミやそばかすを防ぐといった予防の意味があいが強くなります。

決して、既にあるシミを消すとか薄くすると言った事ではありません。
飛行機

メラニン生成抑制が美白である理由

美白は、日焼けによってくすんだり黒ずんだりするのを、予防するための働きです。新たに作られるメラニンの生成を抑え続けることで、既に作られたメラニンは自然と肌代謝の中で排せつされるので、肌の色は白くなっていくということを暗に期待します。

だから、美白。

例えは変ですが、わかりやすいので書きます。ダイエットして、食事制限をすれば、徐々に痩せていくのを期待するようなものなのでしょう。

とはいっても、メラニンは紫外線から皮膚を守る大切な役割をしています。真夏の強い紫外線の中を、精度の高いUVケアを使いながら、美白コスメを真夏に使い続けるのも限界があります。

ブライトニングのさすところは広範囲であいまい

ブライトニングは、ほとんど美白と同じような意味で使われていることが多いのですが、あえて、美白と比較するならこうです。肌奥からの輝きを表しています。例えば、血行不良や加齢による肌のくすみの改善と言ったことです。

そのための化粧品となると、かなり広範囲になります。肌の栄養を与える栄養クリームや、ターンオーバーの促進させる美容液、潤い状態を持続させる化粧水や、余分な角質を除去する洗顔料、血行や代謝を良くさせるマッサージクリームなどなど、つける化粧品のほとんどと言っていいかもしれません。このうえ、美顔器やサプリメントを加えると、その量は測り知れなくなります。

スポンサードリンク

加齢によって巡りが悪くなり、肌の栄養や水分不足を補うという点に絞るなら、肌の真皮層を充実させることです。これも、化粧品、美顔器、サプリと方法が沢山ありますが、キーワードはやはりコラーゲンなのではと考えます。

冬に美白もブライトニング対策を行えば、効果は上がる

色白になるためのもっとも有効な戦略は、紫外線の量が減る秋から冬にかけてを利用するべきです。
枯れ葉

多くの人はあまり語りたがりませんが、春から夏にかけて、人の体は紫外線から防御するためにメラニンの生成を増やします。来る攻撃に向けて歩兵を集めているのです。ここに、外から化粧品でメラニンを抑制させたとしても、どちらか勝つかは言うまでも無く、人の体の仕組みの方です。

秋から冬にかけては、歩兵も休みます。この機会に、メラニン抑制の美白化粧品を使えば効果を上げやすくなります。

逆に秋から冬にかけては、気温の低下と共に代謝は鈍ります。外気も乾燥し、剥がれ落ちる角質も肌に残ったままで、硬くふっすらとくすんでくる季節でもあります。肌に残りがちな角質を丁寧に剥がし、エイジングケアを行っていけば、肌が濁っていくことはありません。

つまり、メラニン抑制力のある美白化粧品を使いながら、コラーゲンをサポートするものを使用するというのが、おススメとなります。

肌が怠惰にならないように、活性力のある化粧品を探して下さい。次年度以降の透明肌の鍵を握るのは、冬のお手入れ次第じゃないでしょうかね。

ビーグレンの美白シリーズに、エイジング用のクリームも加わりなかなか頼もしいです。↓


スポンサードリンク