肌のくすみの原因である、乾燥、血行、紫外線に負けない透明な肌を作りたい方へ
Blog

美白コラム

透明感のある肌になるには、健康な角質層を育てることです

角質層の健康は、肌再生力による 太陽光線さえも弾き飛ばすような濁りのない透明肌、50歳を超えてしまった今もまだまだ、手に入れたいと思うのは、欲張りでしょうか? 夏の終わりに妙にクスミが強くなると、”時計の針の逆転があって …

肌白くなりたい方が、ハイドロキノンで美白効果を上げるためには

ホワイトケアプログラム

持って生まれた肌の色をとり返したくない? 肌の色なんて生まれつきなのだから、そんなに変わるわけはないと、タカをくくっていました。 ブログ記事を書く為に購入した、洗顔料や角質ケアローションなどを使った後、驚くほど明るくなる …

美白ケアとエイジングケア | ホワイトニングに重要視されるケアは

麦わら帽子

色を白くする方法に加えるべきは、エイジングケア はじけそうな弾力肌、若々しいハツラツとした艶肌を横目に、年々黒ずむ肌の色ばかりに気をとられていませんか? 日焼けしやすい人や、黒ずみやすい人は、肌を白くする方法ばかりに夢中 …

体が冷えるを解消して代謝を上げれば、肌のターンオーバーもUP

寒がりのカップル

冷えが下げる基礎代謝が、しみやくすみを招く 『冷えは万病の元』と言葉では聞いているものの、美肌にも大きな影響を与えています。 冷えは基礎代謝を低下させ、肌の再生周期(ターンオーバー)を遅らせます。 冬になると、顔が黒ずみ …

メラニンを減らす美白ケアより、ターンオーバーを促すシミケアへ

化粧水をつける女性の手

皮膚の再生力を上げるのは、大変だけど、肌には優しい しみやそばかすの元は、メラニンです。 メラニン色素は、肌が自らのDNAを守るために、作り出される大切なものでもあります。 美白コスメと言われる化粧品には、必ずと言ってい …

しみを薄くする方法で思いつくのは、ハイドロキノン?ビタミンC?

美白成分の特徴を知って、正しくケアを 色素沈着したまま何年も消えないシミは、容易に薄くなりません。 UV対策したり、保湿ケアをしたりといったことで、薄くすることも可能ですが、そうした緩いケアでは目に見えた効果は出ません。 …

米ぬかに美白や保湿効果があるって本当?

イネと米

米ぬかは、天然の美白化粧品なんじゃないの~ もみ殻に包まれた稲穂から、白いお米を取り出す時に捨てられる米糠は、古くからおからにして食べたり、ガーゼの袋に入れて洗顔に使ったりして再利用されています。 米作りの里では、再度田 …

Page 2 / 4123»

WEB全体から検索する

当サイト内を検索する

わたしのこと。。。

超、天然ボケのおばさん。
現在、自営の旦那と要介護3の母と一緒に、暮らしています。
色は白い方ですが、若い頃、散々焼いたために、そのつけが回ってしみだらけの顔になってしまっています。シミができたら、さらに焼けば目立たなくなるという、悪い先輩のせいでどん底、最悪。
肌トラブルのデパートのような私だから、黒ずみとくすみにいいコスメを人体実験しながら、実験結果を報告していきます。


日本アフィリエイト協議会正会員

  • facebook
  • twitter

カテゴリー

アーカイブ

スポンサードリンク

PAGETOP
Copyright © 肌の黒ずみ・くすみを撲滅したい All Rights Reserved.
Powerd by WordPress & BizVektor for SOGOBU Theme by Vektor,Inc. technology.