広告 

コラーゲンを増やすには、線維芽細胞は無視できない

多くの肌トラブルの原因は、コラーゲンにあることが分かってきました。
また、顔のコラーゲンを増やすためには、肌にダイレクトに塗ることで、コラーゲンを生成する細胞に働きかけられます。

『何故、コラーゲンが肌トラブルの原因なのか?』を調べた後、成長因子成分が注目をされている意味について考えてみました。
卵の中の植木

 

肌トラブルの大きな原因はコラーゲンにある<

いまさらですが、コラーゲンと美肌の関係を、今一度書いてみます。

 

しわはコラーゲンの減少

岩だらけの場所に、レジャーシートを敷いても皺だらけになり平坦にならないように、コラーゲンが減ると均一で滑らかなになりません。
コラーゲンの上の皮膚に、しわが寄るのは、レジャーシートと同じ原理です。

 

しみはメラニンの過剰分泌とコラーゲンの減少

しみは確かに、日焼けをした時に作り出されるメラニン色素の過剰分泌が原因です。
でも、分泌されたメラニンは、やがて新しく作られる肌によって排出されて、元に戻るように作られています。

メラニンがいつまでも残りシミになっている原因は、肌再生の周期が遅れているためです。

新しい肌を作る工場である基底膜という場所は、真皮層から栄養を貰って働いています。
真皮層の70%はコラーゲンと言われていて、コラーゲンの減少イコール、真皮層の栄養不足と考えてよいようです。
真皮層の衰えは、肌再生にも影響を及ぼし、シミの原因になるのです。

 

くすみはメラニンの過剰分泌とコラーゲンの減少

しみと同じ理屈です。

ただ、日焼けによるメラニンぐすみではないこともあり、体調やアレルギーなどでくすむこともあります。
『顔色が悪いね』と人から言われた時は、生活習慣のチェックも必要ですね。

 

肌再生の遅れはコラーゲンの減少

肌再生の遅れの原因が、コラーゲンの減少にあることは上述のとおりです。
肌再生が遅れることは、乾燥、くすみ、たるみ、しみ、小ジワなどの多くのトラブルを、引き寄せていきます。

放置しておけば、古い皮膚が長い時間留まり、年々肌質が悪化して老化の一途をたどるばかりです。
コラーゲンを増やすことで、肌環境が潤い肌トラブルを予防するだけでなく、外部の刺激にからも強い肌にすることが可能になるのです。

 

毛穴はコラーゲンの減少

コラーゲンサプリを摂取した事がある方なら、ご存知のはず。
コラーゲンが増えてくると、凹んでいた毛穴が盛り上がってきます。
土台が膨れ、内側から押し上げるので、毛穴が目立たなくなります。

毛穴は、老廃物や汚れが入り込んで押し広げるために目立ってきます。
しかし、押し広げる力より、内部からの押し上げる力が強ければ、広がることもないはずです。

豊富なコラーゲンと、潤った環境があれば、毛穴が目立つことはありません。

 

多くの原因が潜むたるみとて、コラーゲン増加は必要

たるみの原因は、コラーゲンの減少以外に、コラーゲン同士をつなげる働きをしているエラスチンの減少もあります。
顔の皮膚や脂肪を支える表情筋と呼ばれる筋力の低下も、たるみの原因に含まれます。

スポンサードリンク

年齢と共に体重が増えた方は、脂肪の重みでたるみが生じていることもあります。
えてして、柔らかい脂肪の人や脂肪の多い人にたるみが起きやすいと言われているのもその為です。

私も実は、このタイプとなります。
ところが、コラーゲンサプリを飲むと、フェイスラインはややシャープに見えます。
筋力だから、脂肪だからと諦めずに、コラーゲンでの対策も打ってみる事をおすすめします。

 

塗る化粧品でコラーゲン生成を促進

コラーゲンを増やすには、線維芽細胞は無視できません。
多くの女性は、コラーゲンの減少が肌老化だと思って、せっせとコラーゲンの摂取を試みますが、コラーゲンの質も劣化しています。

良質なコラーゲンを作るためには、良質なコラーゲンの材料も必要ですが、コラーゲンを作る工場の生産性も上げることが必要になります。
線維芽細胞は、実はコラーゲンの工場です。

どんなに良質な食材を整えても、腕の良い料理人がいないと、美味しい料理を作ることが出来ないように、コラーゲンだけを送りこんでも美肌は叶いません。
線維芽細胞を活性化させる線維芽細胞増殖因子にこだわった、アンプルールのデ・エイジシリーズがリニューアルしました。

肌の直接塗ることで、悩みを早く解決させる化粧品として使ってみませんか?
アンプルールデエイジ

 

アンプルールのデ・エイジの特徴

デ・エイジシリーズの特徴は、リニューアル前からたるみ予防に焦点を絞って開発されました。
線維芽細胞増殖因子を含む、他3種類の細胞に働き掛ける成長因子を配合している他、筋肉のゆるみを引き締めるDMAEも含まれているのです。

筋肉のゆるみは、エクササイズでというのが定説なのに、DMAEを含むリジュ―リューションV美容液は、数年前から多くの雑誌に掲載され続けています。
現在もその人気は途絶えていないと感じています。

今回のリニューアルでさらに、『細胞リフティングケア』と銘打って、植物性幹細胞とセルフメンテナンスペプチドを加えています。
植物性幹細胞は、最近のコスメメーカーがエイジングケア化粧品にこぞって配合している、アルガンツリーのものです。
植物ならではのパワーは、今やコスメには欠かせないもの。
アルガンツリーでは、ハリと弾力の源『真皮幹細胞』を、保護&活性化させる働きに期待させられます。

セルフメンテナンスペプチドは、細胞内に蓄積したさまざまなストレスを浄化、クリーンな状態に保つことで、肌本来の再生・修正力を高めます。
実際使用したレビューは、別記事に掲載しますが、リニューアル後のデエイジは、つけ始めた段階から、引き締まり感が違います。
キレイになりたい気持ちを、ぐっと後押しして、決してモチベーションを低下させない仕上がりになっていると言うのが感想です。

スポンサードリンク