広告 

茶色のシミが繰り返しできなために、肌環境のケアも

シミで悩んでいる女性ずっーとある茶色のシミ、茶色いシミが、威張っています! このしみは美白化粧品では、びくともしません。何故か、薄いシミだけは薄くなるのです。

美白化粧品で、効果のあるなしのシミがあり、シミにはタイプがあることを知らされます。シミのタイプに合わせた化粧品を使わないと、望む効果が表れないことに気づくべきです。

といっても、美白ケアを止めてしまうと、茶色のシミは更に濃くなって黒くなっていきます。タイプが違うシミなのにですよ!

放置しておくと、茶色のシミは消えないし、薄いシミもドンドン目立つし、泣きたくなります。

しみにあった化粧品で正しいスキンケアが基本

『NHK きれいの魔法』で高瀬聡子先生がおっしゃっていましたが、美白化粧品はシミタイプに合わせて3つに分けられるそうです。

  • メラニンを作らせないタイプ美白化粧品の多くはこのタイプ
  • メラニンを排出させるタイプピーリング化粧品やプラセンタ化粧品が該当
  • できたシミを薄くするタイプこびりついたメラニンと酸化したメラニンの色を薄くする

メラニンは、紫外線から肌を守るために毎日作られ続けているものなので、既に黒くなってしまったシミの部分にも影響してきます。タイプが異なるとはいえ、美白ケアは必要です。

シミのタイプにあった化粧品を正しく使用して、気長に毎日スキンケアを行い続けていくことが、薄くする最短の道となります。高瀬聡子先生も、『シミは治る』とおっしゃっていました。

ハイドロキノンはシミの漂白剤なのか?

なるほどの顔ハイドロキノンは、肌の漂白剤と言われていて、一箇所に固まったメラニン色素の色を抜くことができます。

今のところ、シミの色を抜くことができるのは、ハイドロキノンとビタミンCだけと言われています。

ハイドロキノンは効果が高い半面、高濃度のままでは効き過ぎてしまったり、安定性が悪いと弱点がありました。かつては、皮膚科の処方箋なしでは、使うことができなかった成分です。

ハイドロキノンに期待できることと

ハイドロキノンでシミが漂白されるのは、本当です。ドクターズコスメならではの技術で、安心して使えるように改善されたものが、お店で買えるようになりました。

確かに便利ですが、肌質そのものを変えるわけではありませんので、また新たにシミができる可能性もあります。シミができると言うことは、紫外線のせいだけではなく、紫外線から守りきれなかった肌環境にも原因があります。

ハイドロキノンは上記のメラニンを作る際に必要な酵素、チロシナーゼの活性を抑えて、メラニンを作らせない働きがあります。さらに、既に作られてしまったメラニンを、単色化する還元作用に優れているために、シミの漂白剤という別名がつけられているのです。

UV対策だけでは、もう美白を維持することはできないと、悲しい気分になっている人には嬉しいはずです。

ハイドロキノンで気をつけること

メラニンは紫外線から守る働きがありますので、メラニン生成を抑制させることは、日焼けに弱い肌をつくることに繋がります。充分なUV対策を行わなければ、日焼けをしてシミになる危険もあるのです。

もともとのゆらぎ肌の方も、強い刺激は最悪です。代謝が悪い、血行不良、肌が乾燥しがち、肌荒れを起こしている等の不安定な状態が続けば、メラニンは作られてしまいます。そこに、刺激の強いハイドロキノンが加われば、さらに、ゆらぎ肌にピンチが訪れます。

ハイドロキノンでシミが薄くできるからと言って、ハイドロキノン一つに頼り過ぎない事です。同時に、保湿を行い健康な肌を保つケアで、ゆらぎ肌対策をしておきます。

しみができやすいゆらぎ肌の人は食べ物もプラスする

悩み解消後の女性ゆらぎ肌は体質的なこともあり、肌の上からスキンケアを重ねるだけでは改善できません。毎日の食事が、強い肌を作ってくれます。

スポンサードリンク

 

抗酸化力のあるビタミンCは、食事で摂りこんでも体の中から、シミを薄くさせる働きをしてくれます。

上記『シミタイプ化粧品』で触れました、『メラニンを排出させる働き』に近いものは、緑黄色野菜に多く含まれるβカロチンです。ベータカロチンは、体内でビタミンAに代わり、肌の免疫力や抵抗力をアップさせると言われています。

ビタミンEも、メラニンを排出させる肌の新陳代謝アップを助けます。特にビタミンEはビタミンCの働きを助けてくれますので、積極的に摂りたいビタミンとなります。ビタミンEは、レバー、あゆ、はまち、アーモンドなどに多く含まれています。

ハイドロキノンをつけるなら、紫外線ケアを十分に

重ねて書きますが、ハイドロキノンはメラニン色素(しみ)を漂白しますが、注意するべきは紫外線です。ハイドロキノンは、メラニンを作るメラサイトという細胞に、『これ以上メラニンを作らないで』と指令を出すことができます。その強さは、よく使われる美白成分のβアルブチンの、なんと100倍もあります。

つまり、紫外線から守るメラニン量が極端に減るため、紫外線からのダメージを強く受けてしまいます。ダメージを受けた肌は、『これは一大事』ハイドロキノンの指令を無視して、再びメラニンを作り始めます。ハイドロキノンを使ったのに、更にシミが濃くなったと言われているのはそのためです。

こうしたリスクがあるために、ハイドロキノンを使う時は、紫外線の影響を受けない就寝前に限ります。ハイドロキノンの長所と短所を理解して使いこなせば、何年も悩んできた、これから先もずっと悩み続けることから解放されます。ラッキーな方に期待したいものです。

日本人好み、女性好みに答えたハイドロキノン化粧品とは

ハイドロキノンを使った美白化粧品は、今、たくさん出ていますが、日本人で女性の皮膚科のお医者様が作ったアンプルールは、シミ以外の肌環境へも気配りが感じられるものです。 ハイドロキノン美容液

ハイドロキノン配合のコンセントレートHQ110とは

コンセントレートHQ110は、刺激の強いハイドロキノンが直接肌に触れないように、小さなカプセルに詰め込んでいます。これを、マイクロカプセル処方の『新安定型ハイドロキノン』と呼んでいます。

新安定型ハイドロキノンは、肌の内側まで浸透した後、カプセルが溶けて時間差でゆっくりと、働き続けてくれます。一度に強い刺激が加わらないために、負担は小さく、お手入れも1日1回で済みます。

日中の紫外線を受けて、ダメージを受けた肌がメラニン色素を作る気満々の就寝前に、付けてください。夜の22時~2時間の間は、『美肌のゴールデンタイム』と呼ばれていて、肌の修復の時間ですから。

コンセントレートHQ110のもう一つ、大きな特徴は、粘性のクリームでシミにピンポイントに貼りつけることができることです。できたシミだけに働きかけて、他の部分には負担を掛けることがありません。つけ方は、洗顔後すぐのまっさらな素肌につけます。他の成分が入り込む前に、シミへダイレクトに、攻撃させるのが目的となります。

シミの無い部分もしっかりケア

本当は、ハイドロキノンが配合されているスポット美容液、コンセントレートHQ110 だけを目当てになりがちになります。シミに負けない強い肌を作ることも大切です。

しかも、アンプルールの一連のスキンケアを試してみると、女心が満たされた気分でいっぱいになります。媚びない香りと、肌に載せた瞬間の柔らかい感覚、たっぷりの水分を含んだクリームがすぅっと伸びる使い心地がなんとも言えないからです。

私は、乾燥肌であり、季節の変わり目はゆらぎますが、しっかりと潤いを実感できましたので、ハイドロキノンの刺激もほとんど感じることはありませんでした。

コンセントレートHQ110が入ったスキンケアのトライアルがあります。私も使用してみました感想をこちらにまとめてみました。肌の漂白剤と異名をとるハイドロキノンで、効率よくしみ撲滅


スポンサードリンク