広告 

腸内環境が悪くても、肌荒れやしみの原因になる

美白コスメを使用しても、思うようにしみやくすみがとれないのは、腸内環境が乱れているせいでもあります。
腸内環境を整えれば、巡りがよくなり代謝がアップしますので、いや~なメラニンも剥がれやすくなってくるのです。
米のしずく

 

動物性乳酸菌は、実は日本人の体に合っていない

理屈はそうですが、なかなか現実は、色々あるようで色白の肌になるのは遠い道のりです。(>_<)

腸内環境の悪化とその美肌への影響は、女性ならば体感的に知っていて、ヨーグルトをはじめ乳酸菌を欠かさず食べている人は多いかと思います。
腸の活動を活発になれば、巡りが改善されて代謝アップし、肌のターンオーバーにも良いからです。

ちょっと前までは、乳酸菌と言えば、ヨーグルトやヤクルト(人間の腸内のものだそう)といった動物性乳酸菌が主流でした。
でも、それらの乳酸菌は胃酸に弱く、腸に届くまでに死滅してしまうということがわかるようになると、胃酸に強い動物性乳酸菌が世に出てきたのです。
LG21とかを、スーパーで選んで食べるようになりました。

でも、肉を食べない日本人の腸は長く、動物性乳酸菌より植物性乳酸菌の方が合うと言うことが近年分かってきたのです。
しかも、乳酸菌の種類は、計り知れなく多く、摂取したところで合わなければ充分な働きをしないまま排出される運命にあります。

植物性乳酸菌は、生きたまま腸に届く動物性の乳酸菌よりも酸やアルカリ、温度変化に強く、過酷な環境条件でも生息でき、生きたまま腸の奥まで届くことが分かってきました。
長い腸であっても、まんべんなく乳酸菌が行きわたり働いて貰えるのが、理想な訳です。

スポンサードリンク

 

日本人の体に合っている乳酸菌は、植物性よ

ところで、日本人の体質に合うと考えれる乳酸菌があるとしたら、主食である米乳酸菌です。

日本酒のメーカーである菊正宗が、LK-117という乳酸菌を使用した飲料水を発売しました。
菊正宗の乳酸菌は、生酛(きもと)造りといわれていて、通常はあらかじめ別に付くっておいた乳酸菌を加えて発酵させるのですが、もともと蔵や自然の中に生息している天然の乳酸菌を取り込んで作られるものです。

江戸時代から続く技が、伝統の生もと乳酸菌です。
手間がかかる生もと造りによってつくられた乳酸菌飲料が「米のしずく」となります。

「米のしずく」1本には、100億個以上のLK-117(乳酸菌) が、含まれているそうです。

原材料のお米は契約農家でつくられた『ホシニシキ』を使用して、通常のお米の約3倍のポリフェノールを含んでいます。約6倍の食物繊維が魅力で、乳酸菌の整腸作用とともに、朝の習慣を助けてくれそうです。

『米のしずく』乳酸飲料は、現在10日間のお試しセットがあります。
通常価格の半値で、送料も手数料も無料となっていますので、今のうちに試してみるといいですよ。

 

スポンサードリンク