広告 

たるみに重点をおいたアイケアが大切

メイクの中で一番心が弾むのは、なんといってもアイメイクの時間ですよね。
アイメイク中の女子

 

目の周りへの負担をなくそう

新色のシャドウ、ボリューム感があるマスカラ、目が大きく見えるアイライン、ふんわりとしたアイブロウ。
どのアイテムも、常に良いものを探して、暇があればコスメカウンターでチェックするのが楽しいなんて方多いでしょう?
私でさえも、こうして一つ一つ上げて書くたびに、気分がウキウキしてきます。

でも、正しくアイメイクをしなかったり、必要なケアを怠っていると、目の周りが乾燥したり、目尻に小ジワで悩まされたり、たるみや緩みに悩まされるようになります。

アイメイクは楽しいけれど、目の周りの負担をかけないようにしたいものです。
アイメイクを施す時の、ペンシルやブラシと肌との摩擦も目の周りにダメージを与える原因ですよ。
ワイングラスとビーズ

 

目元専用のクレンジングを使用してね

1番乾燥する原因は、アイメイクを落とす時のダメージです。
落ちにくいからと、こすったり、つけまつ毛を力を入れて引っ張ったりは、絶対に行ってはいけません。
目元専用のアイメイクアップリムーバーを、コットンにたっぷり含ませ、しばらく目の上に載せて、軽く押さえながら拭き取るのがコツです。

目の周りの皮膚は、顔のどんな部分より薄くて、保湿機能も足りません。
わずかな刺激で、水分が奪われ、乾燥させたら容易に元に戻らないのも悩むところです。

 

お疲れ様のねぎらいは、アイセラムで

アイメイク好きなら、スキンケアの終わりに、しっかりと保湿を施したいものです。
しかも、通常の保湿化粧品では、目元の悩みはカバーしきれません。
目の周りの皮膚は薄いために、美容成分が留まりにくく、敏感であるために低刺激なものでなければならないからです。

アイメイク好きなら、目元専用のアイセラムは必需品です。

 

スポンサードリンク

しわよりたるみの悩みが多い日本人

特に日本人の女性は、欧米と異なることは、小ジワよりまぶたのたるみの方で悩まれる方が多いそうです。

そう言えば、今回日本大使として訪れたキャロライン・ケネディ氏、目尻のシワが、ちょっと新鮮に見えたのはそのせいなのですよね。(少し失礼かも・・・)

まぶたのたるみが酷くなると、手術の必要もありのようです。
目の周りの乾燥は、早いうちから手を打って、ピーンと張った目元をいつまでも維持したいものです。

こうした日本人のまぶたのたるみや、ゆるみに着目してつくられたアイセラムがあります。
ビーグレンのトータルリペアアイセラム(目元用美容液)です。
トータルリペアアイセラム(目元用美容液)

 

ビーグレンの目元美容液を使ってみました

実は、私は既にたるみに悩まされています。
使ってみました。
目元用美容液

 

プッシュ式で、容器の中に細菌が入りにくくなっています。
ワンプッシュで、両方の目の周り、眉毛の上1センチくらいまで、つけることができました。
何度かつけるうちに、目の周りだけでなく、眉毛の上にもクリームを載せると効果が高いことに気が付きます。
目元用美容液

 

つけ続けるうちに、目の上の視界が広くなってきました。
ちゃんと、たるみに効いています。でも、つけないと2日目ぐらいに、また垂れてしまいます。

いずれまぶたの手術かなって思いますが、なんとか、トータルリペアアイセラムで持ちこたえたいと祈るような気分です。
私のようになる前に、くれぐれも、アイメイクの刺激や毎日の保湿ケアは行った方がいいですよ。

 


スポンサードリンク