グロスファクター化粧品とプラセンタ化粧品の違い

広告

EGF、FGFなど多くの成長因子を含むプラセンタの方が有利か

細胞の働く力を助ける細胞増殖因子のことを、グロスファクターとか成長因子とか呼ばれていますね。成長因子とは、化粧品の成分表示でもよくみられるEGF(上皮成長因子)、FGF(線維芽細胞増殖因子)などのことです。 木から出てきた芽

グロスファクター化粧品とは

グロスファクター化粧品を使うことで、しわやたるみなどのエイジングケアに効果があるといわれています。保湿だけでは、物足りなくなったとか、肌の奥からしっとり感を重視する女性の間で人気の成分です。

プラセンタ化粧品とは

一方プラセンタは、哺乳動物の胎盤であり、EGFやFGFはもちろん他のグロスファクターも含んでいます。グロスファクターと呼ばれる以外のアミノ酸、ミネラル、脂質、糖質などなどが含まれている生命の源の成分です。

わざわざ個別にEGF,FGFをとらなくても、プラセンタを使えば一発で用は足りるのではないかと考えがちです。

この関係、オレンジジュースとビタミンCに似てる

でもこれは、オレンジジュースとビタミンCの関係とよく似ています。オレンジには、ビタミンCが含まれているので、わざわざビタミンCを錠剤で摂るのではなく、オレンジジュースを飲めば用がたりるのではないかということです。

既にご存知のようにオレンジジュースの中でも、濃縮還元ジュースならビタミンCは多いのですが、普通のオレンジジュースは少し減ります。さらに加熱処理を施したオレンジジュースの中には、熱でビタミンC壊れてしまってほとんど含まれません。またオレンジの産地によっても含まれるビタミンCの量が異なってきます。 オレンジジュースサプリメント

●●だからの考えは捨てよう

プラセンタもこれと全く同じです。プラセンタを抽出する動物の種類、育った環境、胎盤から抽出する際の方法やその後の加工方法で、グロスファクターが含まれている量なんて大きく変わっているのです。

スポンサードリンク

オレンジジュースを飲む人はビタミンCを摂取したいと言うより、オレンジに含まれる食物繊維やフィトケミカルの働きを狙っているかもしれません。酸っぱい味が喉を超す時が、たまらないからといった味覚的なこともあるかもしれません。

プラセンタ化粧品を選ぶ時は、グロスファクター以外のものに惹かれていることが多いはずです。選ぶ基準は、プラセンタエキス品質が一番、次に化粧品に配合している割合、使用感、効果、価格と続いてくるはずです。(まぁ、個人差はあるでしょうけど。)

グロスファクター化粧品とて同じ、EGFと記載されていてもその製造過程で品質は異なってきます。配合の割合も違いますし、他の成分とのバランスもあります。

効果があるかないかに関しては、プラセンタだからとか、グロスファクター単体だからとかではなく、各々の化粧品がめざすところを確認すべきです。

悩みが深ければ個別成分となる

ただ、オレンジジュースとビタミンCとの兼ね合いを考えると、漫然と美肌を求める場合は濃縮還元のオレンジジュースで、シミやくすみを何とかしようとするならビタミンCを錠剤で飲んでいるはずです。

ではこの考え方をプラセンタとグロスファクターに置き換えると、肌のハリや潤い感を求めるならプラセンタ、切実にしわやたるみをと考えるならEGF,FGFとならないでしょうか?

グロスファクターであるEGF、FGF、HGF、IGFを配合し、細胞を徹底的に元気にさせる美容液があります。


ちなみにプラセンタ化粧品で質とコスパのバランスが良いトライアルを下記に紹介しました。


スポンサードリンク