広告 

潤いを残す洗顔が、皮脂を抑え黒ずみから救う

10代の私は、メイク好きでスキンケアも、年齢にそぐわないものを使っていました。その頃は、クレンジングと洗顔は、ヌルつきが1敵も残らないようなさっぱり感がなければ満足しなかったのです。

今なら分かります。洗顔時に潤いを残していれば、毛穴に溜まった汚れも自然に剥がれ落ちていたはずです。

洗顔時に残す潤い、その後に加える保湿、毛穴引き締め作用の3つのバランスが、うまくいっていれば黒ずむことはありません。 アーティチョーク

毛穴のために作られたスキンケアの紹介

角栓を溶かしやすいのにもかかわらず、人の皮脂膜の成分と似ているホホバオイルをクレンジングに使用したスキンケアがあります。同じ化粧品で、洗顔料も刺激が比較的少なく、肌への引き締め効果も期待できるピンククレイを使用しています。クレイの粒子は、毛穴に入るほど細かくされて、天然のミネラル成分が配合されています。

私も使用ましたが洗い上がりが軽く、洗顔をした感覚がありません。逆にさっぱり感は、ないのですが。

通常、毛穴ごっそりタイプの洗顔料の場合、毛穴の底まで見えるほど確かに綺麗になりますが、心もち毛穴の開きは目立ちます。

毛穴の黒いブツブツが見えるということは、上述したとおり、潤いが足りないせいです。つまり、ターンオーバーが遅れているはずとなります。ターンオーバーに不安がある肌なら、できるだけ潤いを残せる洗顔方法を選ぶべきです。

小さい毛穴のうちからケアすれば、毛穴は広がらない

一度開いた毛穴は、元に戻らないと言われています。小さな黒いぼつぼつに気づいたら、焦りましょう。

黒いボツボツをごっそり取り去るのではなく、自分の肌自身で排出させるのです。

ターンオーバーを上げるには、年齢的なものも残念ながらありですが、肌水分を保ち続ける保湿力を上げることで違ってきます。肌のバリア機能、蓋と言われた、皮脂や角質層の健康は、洗顔7割、化粧水以降のスキンケア3割と、個人的に考えています。

潤い洗顔の後に使用する化粧水には、開きかけた毛穴をキュッと引き締めるアーティチョークエキスを配合しています。使用してみると低刺激で、さわやかです。他の化粧水のように、何度もハンドプレスしながらつけることで、ハリ感を実感することができました。

ぽっかり毛穴になった私からの提言

顔が汚い!って思った時に、直ぐに気がつかないものです。埃ぐらいの小さな黒いブツブツが、沢山出来ていても、それが鼻の角栓だと分かるまで時間がかかりました。

スポンサードリンク

鼻の横の毛穴まで目立ち始めて、メイクの上からもわかるようになると、友達にマリークワントのクレイパックを教えてもらい使いましたが、駄目です。クレイパックの頻度ではありません。

若い肌に早すぎる栄養たっぷりのスキンケアが、肌に浸透されることなく毛穴に留まっていました。無理な洗顔が、バリア機能を壊し、ターンオーバーも狂わせていました。

そんな簡単なことに、ずっと気がつかないで年齢を重ねた今、あの小さかった、シャープペン0.5mmの芯で付けたぐらいの黒ずんだ毛穴がですよ、ポッコリ開いてしまっています。

鼻の横のしみをファンデで隠そうとすると

深刻にシミや色ムラを隠さねばいられない年齢になって、ぽっかり空いた毛穴にファンデが詰まって悲惨なことになってしまいました。

ずっと、悩みましたよ。そりゃ、もう。 『後悔先に立たず』という言葉どおり、長い年月をかけて、一度開いて大きくなった毛穴を小さくすることは、なかなか難しいのです。

まさしく、早期発見!早期ケアよ!だから、声を大にして言いたいことは、『スキンケアをちゃんと選ばなくては駄目よ』ってことです。

毛穴専用スキンケア、アンサージュをおすすめ

アンサージュを使った時、もっと早くこんなスキンケアを知っておけばよかったと思いました。決して自己主張しない保水力とクリームは、肌力のある元気な肌の働きを邪魔しません。 アンサージュ

スキンケアの過程で毛穴に油分が入り込まないように、配合されたアーティチョークがキュッと毛穴を引き締めてくれます。後で付ける乳液が、毛穴に入り込むことがないと感じました。

アーティチョークって、地中海沿岸に生息しアザミに似た花を咲かせます。アーティチョークの葉には、『シナロピクリン』という成分が含まれていて、高い美白作用とアンチエイジング作用があるそうです。

最も注目したいところは、毛穴を引き締める作用(収れん効果)、酸化を防ぐ働きもあることです。洗顔から乳液まで毛穴のことを考えて作られているのが、素晴らしいですね。

ぬってみると、口がしぼんでしまうような渋い香りが印象的です。ボトルからとって肌につける時は、どれも優しくほんわりと包み込んでくれます。 従来の毛穴対策スキンケアとは趣が違って、10代後半からは無論、30代後半までイケそうです。

このアイテムの感想は、『年齢からくる乾燥毛穴に良い、毛穴美容液とは?』に書いてみました。この時は、年齢毛穴と書きましたが、べたつき感が少ないので、若い人にも大丈夫。若いうちから過度に皮脂を奪うようなケアをしない方が、肌老化の進行は押さえられますよね。

スポンサードリンク