肌くすみの原因は、大きく分けて6つある

広告

心も体もまるっとお見通しの肌色ケアは、健康管理にもなる

人間の健康状態や精神状態は、顔色や表情から判断することが可能です。漢方も西洋も医師の診断には、顔色や目の状態なども加味していると言いますよね。

肌くすみがスキンケアだけでうまくいかないわけ<

せっせと透明肌を目指して、毎日スキンケアを試みても上手くいかないのは、クスミの原因が皮膚だけの問題ではないから。原因を知って、効率よくケアをしたいもの。 透明なガラス玉

緊張状態に陥った時に冷や汗が出たとか、お酒を飲み過ぎるとどす黒くなりますが、そこまで症状が進んでいなくても、体の中の状態を皮膚の色は反映します。今までは、クスミ対策と言うと日焼けによるメラニンの過剰分泌ばかりがクローズアップされていました。それだけでは透き通るような肌にするのは、無理なことに、多くの女性は気づきました。

くすみの原因は以下のとおりとなります。

  1. 血行が悪い
  2. 年齢による肌組織の衰え
  3. 紫外線によるダメージ
  4. 誤ったスキンケア
  5. 内臓不調
  6. 偏った食生活
血行が悪い

血行が悪い原因は、上げていたらキリがありません。体の血行が悪いために、顔にもその影響が現れるのですが、体の血行対策と顔の血行対策と分けて行われます。

年齢による肌組織の衰え

肌組織が衰えることは残念ですが、しみやしわ等の肌トラブルの数々が増える事。そうした現象がさらに、肌をくすませて見せてしまいます。もぉー何度も、何百回も見続けた文字ですが、下記のような肌トラブルは、肌くすみの原因でもあるのです。

紫外線によるダメージ

紫外線による肌ダメージは、日焼けによる肌炎症を起こします。日焼けをすることで、メラニン生成が促進されくすみやシミを目だ立たせます。肌水分も奪われますので、乾燥してしまうのです。

スポンサードリンク

しかし、そうした肌表面だけのダメージに留まりません。紫外線の波長のうち、UVAと呼ばれる波長の長い光線が、肌奥深くまで入り込み、肌弾力部分にダメージを与えます。肌弾力部分とは、すなわち、真皮層のことです。 真皮層がダメージを受け変形することにより、しみやしわ、たるみへと繋がっていきます。

  • 皮膚の炎症
  • たるみ
  • しわ
  • 乾燥
  • しみ
誤ったスキンケア

折角綺麗になろうと思って行っているスキンケアも、やり方や合わなければ、かえって肌くすみを生じさせてしまいます。一番大きな原因は、洗顔による肌摩擦。

また、汚れを落とすために配合された洗浄成分が、肌環境を破壊する原因になっていることもあります。洗顔料の合う合わないのメアスは、洗顔直後の乾燥状態と、他の洗顔料と使い分けて肌環境の乾燥状態などを比較してみると良いようです。

マッサージは、皮膚内の老廃物を排泄させ、リンパや血流環境を良くする上で良い方法です。ただ、指と顔との摩擦によって、色素沈着の原因になります。マッサージクリームは、滑りの良いものを。クリーム以外にオイルや、ジェルなどのものもあります。使い比べて、肌に優しいものを選ぶ必要があります。

  • 洗顔
  • マッサージ
  • 合わないスキンケア
  • 無理な脱毛処理
内臓不調

なかなか気が付きにくい内臓疾患。逆に、気が付いた時は相当進行していると言われているのは、肝臓や腎臓です。

お酒を飲み過ぎた時、顔がどす黒くなると言われていますが、肝臓はちょっと負担をかけただけでも、顔色に影響が現れます。見逃さないでください。美容のために、肝臓や腎臓に負担をかけない生活を続けていれば、おばあちゃんになった時に自分に感謝するに違いありません。

便通が悪いと、血液の中に老廃物や腸の毒素が入り込み、肌色に影響を与えます。腸内環境を整えるために、今や多くの女性は労を惜しまない状況となってきていますよね。

偏った食生活

化粧品で黄ぐすみ対策用などが現れましたが、根本的な原因は、血糖値が高いことです。血液中の糖は、炭水化物や糖分が消化されることで作られますので、この二つを控える事が黄ぐすみの対策となります。

野菜に含まれる、ミネラル、ビタミン、食物繊維は、美肌を作る上で必須成分。鉄分も血流環境には、なくてはならないものです。

バランスの良い食生活は、くすみだけでなく美容の基本原則です。

スポンサードリンク