韓国幹細胞コスメを、古来韓方の美容法に基づいて神妙にお試し

カタツムリに続く幹細胞エキスは、植物より採取したもの

幹細胞コスメが徐々に流行り出したこの頃、ふとお隣韓国では2010年ごろから既に、幹細胞コスメはブームだったんですね。あの意表をついたカタツムリクリームも、なんと幹細胞コスメのはしりだったと言うことに、今更ながら気がついた私です。

幹細胞って、肌再生に働いてくれるので、衰えがちな肌や年齢肌が気になる女性の間では期待の成分です。 秀麗韓

植物性幹細胞を使用した韓国スキンケア

カタツムリに続いて、植物でも続々と幹細胞エキスが発見されて、次は植物性幹細胞エキスの時代。

一歩先を歩いていた韓国では、古来から伝わる漢方薬用植物から抽出した幹細胞成分を用いて、化粧品を作りました。

秀麗韓(スリョハン)について

秀麗韓(スリョハン)と言われる化粧品メーカーで、韓国の昔ながらの美容法を取り入れた、東洋人の肌のためのエイジングケアが中心となっています。スリョハンは、韓国政府研究機関である韓医学研究院と、LG生活健康韓方科学研究所との共同研究によって開発されています。皮膚効能を科学的に検証された、純粋な韓方原料のみを使用し誕生した、由緒正しいブランドです。

秀麗韓(スリョハン)の幹細胞エキスとして採用したものは、生芽丹(セイガタン)。生芽丹は、特に若い成長過程で勢いのある時期のものを摘み取った、生芽エキスが主成分です。肌の潤いを導く 韓方の陽の成分である「槐花」「桃花」と、陰の成分である 「赤小豆」「甘菊」「薄荷種子」の、それぞれ成長点のみを抽出して カプセル化して作られています。

他にも使われている素材は、韓国に古くから伝わる書物「東医宝鑑(トウイホウカン)」に、記されていた韓方素材なんだそうです。ますます、由緒正し~い。

単に肌に効果がある成分を配合してあるというだけでなく、中国4代美女の中でもその美しさを誇る西施(セシ)の美容秘法に基づいていることが、大きな特徴です。

肌の水分と油分のバランスの乱れが肌トラブルに繋がる

秀麗韓(スリョハン)は、年齢肌のトラブルを、「水分」「油分」のバランスの乱れに注目してつくられています。漢方に伝わる気の流れに基づいて、陰(潤い不足というところか)と陽(脂性かな)の面から、肌に働きかけていきます。

できれば、シワができてからとか、大きな目立つシミがあるからというのではなく、何となく肌さわりがザラザラするとか、キメが乱れてきたと感じた頃からお手入れをして欲しいですね。スリョハンは、20代後半から使用できる、韓方コスメです。ゆっくりと働きかける漢方なので、無理なく崩れたバランスを戻してくれそうです。カタツムリブームの後の、植物幹細胞エキスだけに、期待も大きかったりします。

秀麗韓(スリョハン)の種類

秀麗韓(スリョハン)では、シリーズがいくつかありますが、スタンダードな『ユンハ保潤』からトライアルが出ています。セットの内容は、

  • 洗顔フォーム
  • 化粧水
  • エッセンス
  • 乳液
  • クリーム
スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク