広告 

新しいメラニンを作らせないか、肌の新陳代謝をあげること

日焼けが戻らないのは、肌に色をつけているメラニン色素が、次々と作られ続けているか、メラニン色素が押し出されていないかの二つです。

前者は、もともと体質的に日焼けしやすいタイプで、新しいメラニンを作らせないようなお手入れを重視します。後者は年齢的に肌機能が衰えてしまって起きる作用ですので、肌の新陳代謝を上げるケアを増やしていくことです。 白い椅子

日焼けしやすいタイプ

太陽にあたると、すぐに日焼けしやすいタイプの方は、逆に、紫外線から肌トラブルを守る力が強いためです。

アウトドアスポーツに興じていくうちに、元は色白だったのに年々色黒になり、季節が変わっても色が落ちないと言った方もいます。真夏のぎらぎら照りつける太陽や、冬の雪の反射による紫外線は、日常生活の何倍もの紫外線を浴びるので、肌の防衛本能が強くなります。紫外線が強い分、作られるメラニン色素の量も増えるのです。

強い紫外線を受け続けた肌は、次に訪れる紫外線の強い季節に向けて準備をします。刺激が強ければ強いほど、準備を前倒しにして、しかるべき時のための警戒態勢を敷いてくるはずです。日焼けが戻らないと言うのは、今、肌に存在するメラニンを減らすと、次の紫外線の刺激から間に合わないと、警戒状態がずっと続いているからです。

警戒態勢とは、新しいメラニン色素を常に作り続けることです。この警戒態勢を、解いてあげればよいのです。

肌に届く紫外線の量を、常に減らしていくことです。第一は、紫外線対策をすることです。

簡単なことですが、警戒態勢を敷いた肌はそう簡単に、警戒解除を行ってくれません。肌が警戒しているのは、紫外線だけではありません、化粧品に含まれるケミカル物質も刺激と判断することがあります。ノンケミカルな化粧品、無添加化粧品で、肌に安心感を与え続けることが大切になってくるのです。 白いドレッサー

紫外線に負けない強い肌にしよう

肌自身が、刺激受けても動じない、強い肌になることも必要です。肌の外側を覆っているバリア機能を強化させると、紫外線が入り込むのを防げます。バリア機能を強化させるためにセラミドや、独自の疑似バリア技術を使った化粧品で、敏感肌専用のコスメメーカーも登場し始めています。

保湿力を上げて、肌細胞を水分で太らせることで、やはり紫外線が入り込むのを妨げます。

紫外線対策を行っても、バリア機能強化の化粧品を使っても、保湿力を上げても、紫外線によるダメージは完全には防げません。

しつこいようですが、紫外線の他に、化粧品や洗顔時の刺激、体調の不良でさえも、肌ダメージを招きます。ニキビは肌トラブルですが、胃腸が悪くてもホルモンバランスを崩してもできるように、肌環境は、体の健康状態を抜きにして語ることはできないのです。

紫外線から守る抗酸化成分を利用

防ぎようがない、積み重なる刺激によって、肌機能は衰えていきます。多くの女性が行っているように、肌機能の衰えを防ぐために、抗酸化物質の化粧品や食べ物は良い方法です。

スポンサードリンク

特にビタミンCは、抗酸化力があることに加えて、メラニン色素を作らせない作用があります。ちょっとのことですぐに日焼けして黒くなってしまう方は、ビタミンCを積極的にとることをおすすめします。

ただ、最終的にパワーを発揮してくれるのは、美白化粧品です。味方をしてくれる美白化粧品を早く見つけて、上記のことも加味しながらケアをし続けていくことで、日焼けを元に戻せると思います。

肌の新陳代謝が弱いタイプ

繰り返しますが、肌の色はメラニン色素の集まってできたものです。メラニン色素が多くなれば、それだけ色は黒くなっていきます。

次々と作られていくメラニン色素は、役目を終えると、新しい肌が古い肌を押し上げるのと同時に、押し出されていきます。肌の新陳代謝が遅いと、メラニン色素は残されてしまい、日焼けで黒くなった肌の色が戻らない状況です。日焼けが戻らない理由です。

この肌の新陳代謝をターンオーバーと呼び、ターンオーバーを上げるスキンケアは、市場にあふれています。保湿強化のもの、成長因子成分でコラーゲンの増加を狙うもの、活性酵素を増やすもの、ヒートショックプロテイン成分など、直接塗ったり、サプリメントで飲んだりといった具合です。しかし、どれも、体の中に取り入れるだけで、肌自身が何かをするわけではありません。 白いソファー

新陳代謝を上げる栄養

そう。ターンオーバー促進は、与えられるだけは不充分です。運動能力を発揮する筋肉は、タンパク質からできていますが、タンパク質を食べたからと言って、運動機能が飛躍的に向上するわけでないのと同じです。

肌が、積極的に新しい肌を作りだせるように、自ら進んで保湿成分を取り込み、栄養素を取り込んで、身を粉にして働いてくれなくては困るわけです。

そのためには、老廃物を貯め込んだ、むくんだ肌環境はいけません。リンパや血流の巡りが悪いと、新しい栄養素を取り込む活力が生まれないからです。顔に老廃物を貯め込ませないように、リンパマッサージを加えてみてください。

食べ物から血流環境をよくするなら、大豆製品やナッツ類です。大豆製品やナッツ類に含まれる植物性脂質が、血流環境をスムーズにして新陳代謝のアップを図ってくれます。

新陳代謝を上げるピーリング

肌を触ってみてください。硬くてゴワゴワしていたら、剥がれ落ちない皮膚が蓄積します。これでは、いくら保湿成分を送り込んでも、肌は吸収しないでしょう。

古い角質を剥がし、化粧品の美容成分を1滴の残らず、肌内部に引き込んで働いてもらえるようにしたいものです。ゴワゴワ肌の人は、古い角質を優しく剥がす角質ケアローションを使ってみてください。

1番のおススメは、運動とコラーゲン

運動不足は体全体の代謝を衰えさえ、顔のターンオーバーへの影響も別ではありません。適度な運度も、日焼け対策には必要です。

肌を新しく作る基底膜の栄養源は、コラーゲンです。
コラーゲン生成に必要なのは、ビタミンCですので、コラーゲンとビタミンCが含まれる食品は意識して食べると良いですね。

スポンサードリンク