広告 

肌の保湿力を上げるには、水分を封じ込める蓋が必要よ

植物や果物が乾燥すると色がくすみ、ハリがなくなっていきます。
人の肌も乾燥すると同じなのですが、植物のように水を与えるだけで生き生きさせることはできません。

水分を溜めこむための、組織がうまく働いていないと、いくら水分を送り込んでもうまくいきません。
水に浸かったピンクの花

 

一番外側の皮膚が健康なら、肌の保水力は上がる。

保水力と『力』がつくからには、体力や知力と同じ能力のひとつとなります。
保湿力は、様々な肌の組織が力を合わせて作り上げています。

保湿成分が、コラーゲンやヒアルロン酸と一つでないことから分かるように、複数の組織が関連しあって水分を溜め込んでいます。
保水力を上げるためには、一番外側の組織を助ければ、効果が高いと言われています。

 

外部刺激から受けるダメージで、保水力は低下

毎日、メイクで少なからず負担をかけた上に、紫外線や外気の細菌に影響を受けつづける肌はお疲れ気味です。
ストレスも加わりどんよりと疲れを蓄積させたまま、毎日を過ごしていると、保水力を携わっている組織も悲鳴を上げているんですよ。

最初に悲鳴を上げるところは、やはり日常、外気に触れている或いは、手で触っている肌の一番外側の部分なんでしょうね。

外部刺激を極力小さくするために、肌は独自のバリア機能を持っています。バリア機能を、構成している成分も明らかです。

 

美肌成分をたっぷり与えるだけじゃ、肌の保水力は上がらない。

なんだかくすんできたかなぁ~と思ったら、カサツキ初めて、それでもほおっておいたらメイクが崩れ始めます。
慌てて、水分も栄養もたっぷりのスキンケアに切り替えても、多くの場合は上手くはいきません。
だって、取り込んだ水分も栄養分も、肌内部に留まらずに、外気にさらわれている可能性が高いからです。

スポンサードリンク

 

バリア機能の要はセラミド

セラミドは、肌内部の水分や栄養分を、封じ込める働きをします。
人間がもともと持っている成分で、セラミドがたっぷりある肌は、角質細胞が隙間なく敷きつめられ、水分が外部に逃げるのを防いでいるのです。

カサついている肌は、セラミドが不足していることが多いのです。
しかも、年齢を重ねるごとにセラミドは体内で作られなくなります。

 

セラミドは、外から塗っても潤いを実感しやすい。

それに、コラーゲンやヒアルロン酸は、肌奥まで浸透させなくてはならないけど、セラミドは肌の一番外側の角質細胞の成分です。
塗ることでセラミドを補うことができ、保水力をアップさせることが可能です。

 

セラミドの質

セラミドは、人の肌に馴染みがよいセラミドがいいですね。
小林製薬のヒフミドが人気なのは、人の皮膚と同じ構造をした『ヒト型セラミド』を使っているためです。

 

小林製薬のセラミド化粧品

合成のセラミドは脂質、つまり油なので、水には溶けません。セラミド配合のスキンケアアイテムが、乳液やクリームと言ったコッテリ系に多いのはその為です。
逆に、ヒト型セラミドは水溶性の性格も持っていますので、水に溶けます。肌馴染みが良いのです。

洗顔後、ヒト型セラミドを配合したローションを使ってみてください。
潤い感の実感と共に、すこしこってりとトロミを感じるはずです。トロミの液体が、水分を肌の中に封じ込め、潤いの継続を実感できるはずです。

ダメージを受け続けている肌の一番外側部分を、セラミドをたっぷり送り込むことができるのが、小林製薬のセラミド化粧品です。

スポンサードリンク