ホットクレンジングで無理なく毛穴洗浄、潤いもハリも満足

広告

毛穴洗浄のクレンジングで、エイジング用をみっけ

毛穴に詰まった硬ーい角栓を、除去する毛穴洗浄用の洗顔料も増えました。

クレイ(泥)の吸着力や、毛穴の中でも入り込む微細な粒子でかき出すものがあります。化学的に、角栓を溶かして取り出すものなど、様々です。 色々なスキンケア

毛穴洗浄のクレンジングには、どんなものがあったか?

毛穴洗浄の代表格と言われた、オイルクレンジングは、かつては大人気でした。しかし、毛穴につまっている角栓の中には、角質が含まれ、完全な毛穴洗浄は、不可能と現在言われています。角栓が、油分だけであれば、オイルで溶かし出すことは可能ですが、タンパク質はお手上げとなります。

物理的に、クレイの吸着力に期待したクレイ洗顔などもあります。しかし、分子が大きいクレイのまま使うと、弾力が弱くなった年齢肌には、それでも刺激になる方はいます。超微粒子化されたクレイを使ったものを、選ばれると良いかと思います。

皮膚科のピーリング洗顔でも使われている、パパイン酵素を使用したクレンジングがあります。口コミサイト@cosmeで、1位を獲得しているマナラホットクレンジングゲルです。

パパイン酵素は、通常のピーリングでヒリヒリする方に、より低刺激な角質除去をする時に、使われているようです。パパイン酵素には、脂質・糖質・タンパク質などの分解作用がありますので、皮脂やメイク、角質と、多くの物質が混ざっている状態の角栓に向いているのかもしれません。

マナラホットクレンジングゲルは、パパイン酵素をカプセル化しているのです。実際使ってみましたが、低刺激でありながら、以外に良く働いてくれるのにびっくりしました。

毛穴洗浄のクレンジングの悩み

毛穴の中の汚れをとるには、肌負担も避けられないというのが、現実でした。例えば・・・。

クレンジングは乾燥を引き起こす

朝つけたメイクが完璧にオフするのは当然、ウォータープルーフやポイントメイクも落とせる時代になってきています。W洗顔不要というのも、大きなポイントです。

多くの働きを難なくこなすクレンジングは、その成分に不安が残ります。汚れが完璧に取れると言うことは、洗いすぎということでもあります。

肌乾燥を招き、ターンオーバが遅れてくすみやハリの消失に繋がっていくケースは多いのです。

クレンジングは敏感肌を招く

皮膚が薄くなり、外部刺激の侵入を遮断することができずに、反応して赤くなったりピリピリしたり、かゆみがでてくることもあります。さらに乾燥が酷くなると同時に、アレルギー反応まで進行してしまいます。

乾燥性敏感肌の方の多くは、クレンジングが原因のようです。外部刺激から弱くなった肌は、しみやしわができやすい肌になります。 浴室軽石・石鹸

クレンジングは隠れ乾燥肌にする

過敏になった皮膚を守るために皮脂分泌が次々に行われて、反対に肌内部は乾燥する『隠れ乾燥肌』の女性も現れています。防御するためにでた皮脂は、正常時に比べて過剰に分泌されるものです。顔の上の皮脂は行き場を失い毛穴に入り込み、メイクや外部の埃と一緒に毛穴を詰まらせていきます。

角栓や毛穴の黒ずみ、ボツボツに悩まされていくのです。

クレンジングと肌トラブルは切っても切れない

やがて私たちは、そんなこんなの肌トラブルとクレンジングとの関係を理解しました。その結果・・・

必要な皮膚機能を壊すことなく、メイクと毛穴洗浄だけのクレンジングを望むようになったのです。

マナラホットクレンジングゲルを紹介

(株)総合企画センター大阪調べで、毛穴クレンジングゲル部門1位獲得!美容液クレンジング部門1位獲得!温感クレンジング部門1位獲得した、ホットクレンジングを紹介します。マナラホットクレンジングゲルと言いますが、大きな特徴は、毛穴の角栓や黒ずみで悩む方向けの毛穴洗浄ゲルです。 マナラホットクレンジングゲル

マナラホットクレンジングゲルを使用してみました

でも、毛穴詰まりの問題は、若い人だけに限った事ではありません。年齢肌の私は、かなり恐る恐るマナラホットクレンジングゲルを使用します。

ところが、驚いたことに、クレンジング後の肌が楽なのです。いつもは、水分が減少した肌に化粧水を最初につける時は、一気に肌が吸い込みますが、マホラの時は、それほどでもありません。化粧水を、1回つけ終わった後と同じ、吸収率と判断しました。

スポンサードリンク

クレンジング後、化粧水を直ぐにつけないでレーザーを当てる時もありますが、いつもはおっかなびっくりなのですが、マホラを使った時はレーザーを当てる時も躊躇しなくなりました。潤っているって、分かるからです。

角栓や毛穴の汚れに注視したクレンジングは、得てして若い人向けで、エイジングケアが必要な年代の人は使うべきではないって考えていましたが、ほどよく水分を残し良くできているって気がしました。 マナラホットクレンジングゲル

ちょっぴり硬いのが難点

通常クレンジングでメイクオフする時、クレンジングの中にメイクが溶け合うことを乳化するといわれています。

オイルクレンジングの場合は、オイル自らがメイクのオイルと溶かし、乳化させるために指に力を入れなくても、オイルの中にメイクを取り込んでくれます。こんなオイルクレンジングを使用している人は、マナラホットクレンジングゲルを、硬いなという気持ちにさせます。

ゲル状で、伸ばすのに少し力が要ります。『指と肌の摩擦が優しくない!』と思った瞬間、じゅわっーと肌の上に熱い感覚が走った途端、ゲルを伸ばしていくうちに心地よい香りが鼻をくすぐります。グレープフルーツのにおいかな? マナラホットクレンジングゲル

冬場はどうしても硬くなります。硬さが気になるようでしたら、手のひらであらかじめ暖めてから使います。(付いてきた冊子に書いてありました。) マナラホットクレンジングゲル

暖かいゲルは、緊張していてい皮膚のコリをほぐしていくのです。クレンジングを落とした後は、ハリと潤いがありました。

鏡に顔を近づけて鏡を見ましたが、毛穴の汚れも黒いボツボツも取れています。

蒸タオル毛穴ケアの弱点

多くの場合、毛穴にターゲットを絞ったクレンジグ剤や洗顔料は肌がかさつくことが、ほとんどでした。ただ、直ぐに皮脂が分泌される代謝の良い若い肌の人には、その方が良かったに違いありません。

マナラの特徴は、毛穴洗浄でありながら、年齢肌を実感している人でも充分使えると言うことです。その理由は、クレンジングに発熱作用があることです。

皮膚は暖まると血流が良くなり、毛穴を広げることができます。 マナラホットクレンジングゲル

物理的にクレイなどを毛穴に送り込んで汚れを除去するのとは違い、自らの力で毛穴を開かせるので、無理なく汚れがとることが可能なのです。

よく言われているタオルを濡らして、電子レンジで温め、顔に当てる蒸しタオルクレンジングは、毛穴の中に詰まった油を程良く溶かしてくれます。角栓や黒いボツボツに悩んでいる女子の間では人気です。

ただ、そのまま放置しておくと開いた毛穴は閉じることが無く、肌内部の水分までが外気に蒸発されてしまうのです。汚れをとった後は収れん化粧水のような、毛穴を引き締める化粧水で、素早くキュッと毛穴を引き締めるのが、蒸しタオルクレンジングを成功させるポイントとなります。

蒸しタオルクレンジングで注意点は、直ぐに冷めてしまうことにあります。そのため必要以上にタオルと熱くして、冷める時間の引き延ばしを測り、充分に毛穴の汚れを除去しようとします。

でも、高温を顔に当てるのは、乾燥をますます引き寄せるので感心しません。蒸しタオルの高温がもう少し長ければ、もっと毛穴の汚れが良くとれるのにって考えることありませんか?マホラの温熱効果は、まずますかな。 マナラホットクレンジングゲル

どの年齢にもどの肌質にもあうクレンジングは無い

クレンジングに限らず、肌に直接つけるものは、どの年齢にも合うものは無いですし、どの肌質に合うものもないと考えています。マナラは購入してから45日間以内であれば、商品代金返金保証がついています。

スポンサードリンク