広告 

美白化粧品の効果は他の季節より高いはず

紫外線が弱くなる冬は、美白の季節です。暴走気味メラニンや、居座ったメラニンを一掃して、春に備えたいところです。 古びた壁

美白のお手入れは、先手必勝でいきたい

目に見えないからと言って、安心していてはだめです。肌の奥に潜んだメラニンの塊が、実は潜んでいることも得てしてあるもの。

『シミ知らずのすっぴん』なんて、油断して、ある日突然大きくて濃いシミになったら、どうしますか?

賢い女子は、先手先手の戦法で、早めにお手入れをすることで、大きな失敗をしないものです。冬は、こうした潜在シミのお手入れに集中する季節です。

乾燥する季節での、シミができる心配がある

ところで、紫外線が弱まるはずの冬でも、しみができる原因があるってご存知でしたか?乾燥シミです。

湿度が低下して、外気に奪われる肌水分も、他の季節より多くなります。空調も加湿器などと一緒に使わないと、1日でガザガザの肌になってしまいそうです。

バリア機能も低下して、紫外線から守る力も弱くなっているのがこの季節。たっぷりの保湿を施して、肌荒れ知らずの状態にすることが、先決です。しっかり潤った肌を保ち続ければ、ちょっとくらい冷たい風を受けても、紫外線からも守れます。

化粧水は、ハンドプレスの回数を秋よりも1回多く、クリームは、一回り大きくとって、何度も手のぬくもりで押しこんでおきたいものです。

スポンサードリンク

既にあるシミはさらに薄く

問題は、既にあるシミ。

1年毎に、シミの色が黒く大きくなっているなんて、悲しい状況にはしたくないものです。年齢だからと言って諦めないで、根気強く、アプローチしていけば、いつかは根負けしてくれるものです。

メラニンの色をダイレクトに、薄くする安定型ハイドロキノンで、グッと決めたいところですね。ハイドロキノンの弱みは紫外線です。メラニンを抑制してくれる頼もしい成分ですが、紫外線の強い季節は充分に気をつけてつけなくてはなりません。

紫外線が弱くなる冬だからこそ、既にあるシミへのお手入れも、思う存分できます。安定型ハイドロキノンって、どんなもんだろうって思うなら、美白の季節の冬からお手入れをして見ると、楽にできますよ。

私が書いた、安定型ハイドロキノンのレビューはこちら


スポンサードリンク