広告 

洗顔後の無防備な肌環境をいたわってくれる化粧水じゃない

日本人は、化粧水が大好き。

海外はメイクを拭き取って落としますが、日本人は洗い流すタイプのクレンジングを使います。
その後、洗顔石けんなどでW洗顔を行い、さっぱりすっきりさせるのが基本ですね。
洗顔の際に少なからず皮脂を失いますので、肌は水分が蒸発しやすくなっています。強い洗浄力で皮脂が落ちれば落ちるほど、肌水分は蒸発してしまうのです。

海外のように油分だけを加えても、肌水分は不足したままです。
洗顔後いきなりクリームを塗っても、なんだか乾いて物足りないのは、気のせいではありません。『化粧水が好き』とか、『嫌い』とかという問題ではなく、無意識のうちに失われた水分を補うために、欲しているためなのですよ。
クレンジング

 

日本人の洗顔ケアが、化粧水をなくてはならないものにした

こんなお手入れを続けているうちに、化粧水への神話は増えるばかりです。
ローションパックを行えば、日焼けしにくい肌になるとか、乾燥肌対策になるとか言われ続けているのもそのせいです。

私も神話を信じていますが、ローションの銘柄を指定することもなく、どのローションでも効果有りというのは、どうかと思っています。
ローションパックといえども、粗悪な化粧水を使えば、肌はがさがさになるはずです。

美容液やクリームを選ぶこだわりや求める機能は明確です。一方、化粧水に関してはそれほど強く求めていることは、少ないはずです。

化粧水が肌の隅々まで行き渡ったあとに、美容液やクリームをつけると、均一にふっくらしますよね。美容液やクリームの効果を最大限に引き出すために、いい化粧水ってなんだろうと追求するべきです。
洗顔後の肌を整え、美容液やクリームの効果を最大限に引き出してくれるのが、いい化粧水だといえます。

ところで、化粧水を使っていて、不都合を感じたことはありませんか?

  • 化粧水が、浮いたままで乾くのを待っている
  • 化粧水をつけたのに、毛穴が開いたまま
  • 化粧水をつけてしばらくすると、毛穴が黒くなる
  • 化粧水をつけた後、すぐにクリームがつけずにいられない

 

化粧水

 

 

潤い感にこだわってみる

洗顔時に失われた水分以上の潤い感を、実感したいものです。

潤いは、外気に触れている角質を柔らかくし、肌内部に溜まった老廃物を排出させやすくします。巡りが良くなることで、肌全体を柔らかく整えることができます。
潤いで満たされれば、次に来る美容成分を隅々まで、行き渡らせることが可能になるのです。

こうした潤いを実感するには、角質層内部へ浸透しなくてはなりません。
ただの精製水であれば、肌の上に浮いたまま乾燥を待つだけです。肌馴染みの良いオイルを配合し、有効成分のナノ化などの技術は、必要なのです。

スポンサードリンク

 

基剤にこだわってみる

角質層の厚さはわずか0.02mmですが、負担をかけたりダメージを与えると、外部の様々な刺激からガードすることができません。
逆に角質層を強くするには、基剤へのこだわりもあります。

角質層を構成している成分は、セラミドやNMFなどアミノ酸が有名ですが、水分やミネラルも大きな役割を果たしています。
化粧水の中の80%は、精製水と言われています。もし、精製水の代わりにミネラル成分を、多く含む天然水を使えば、角質層を強くしてくれます。

こうした化粧品の大半を、占める成分のことを基剤と言います。
基剤である水を、あえて有名な天然水の名前が入っている化粧水は、良質であることが多いといえます。

天然水

 

浸透力にこだわってみる

『潤い感にこだわってみる』と重なりますが、浸透力は大切です。
浸透しないまま、肌の上にのったままにしておくと、化粧水が蒸発すると同時に肌水分も一緒に蒸発させてしまいます。
化粧水をつけた瞬間は潤い感があるけど、毛穴が開いたままになる理由は、肌水分が奪われているためです。

肌奧に水分が留まれば、内側から毛穴を押し上げて小さくなります。

こうした浸透力のない化粧水は、15分で、化粧水をつけていない状態と同じになってしまいます。
また、保湿成分の濃度が薄ければ、いくら浸透力させても、肌内部に留まり続けることができません。

後でクリームで蓋をするからと言っても、化粧水である程度保湿力が実感できるタイプを選ぶべきです。
洗顔後の無防備な状態から、少しでも守らなければなりません。

浸透力があり、保湿成分の濃度も高い化粧水がよい化粧水なのです。
化粧水

 

自分に合った成分であるかどうかの判断

全成分を明記しているコスメメーカーが増えました。
でも、使っていると化粧水をつけた瞬間、毛穴が黒ずだりすることもあります。パッケージに記述している内容だけでは、判断はできません。

黒ずむ原因は、不純物や、石油系化合物など肌に悪い物質が、混入していることがあります。
また、高い効果を求めたばかりの副作用といったこともあります。傾向として、ドクターズコスメや、高度な技術の研究機関を持つコスメメーカーにありがちです。

化粧水を実際使用して、毛穴が黒ずむ以外に、しみる、赤くなる、かゆい、ヒリヒリすると行った現象がありましたら、言うまでもなく中止します。

こうしたコスメは、多くの女性を幸せな気分にさせてくれますが、万能ではありません。
でも、別のコスメを探しているうちに、ツボにはまるように、ぴったりの化粧水も見つけられます。 いい化粧水とは使ってみて、しっくりくることと、自分に合っている2つが条件なのです。

スポンサードリンク