ビタミンCイオン導入が15秒よ。美白ケアを楽ちんにした美顔器とは

広告

顔全体を一度に覆うことができるフェイスパットで短時間ケア

ビタミンC誘導体を、イオン導入器を使用して、顔に当てながら浸透させるのって結構面倒。せっかく意気揚々と購入して、『絶対シミを消してやる』と意気込んでみても、3日坊主でホコリをかぶっているなんてことありませんか?イオン導入器を使って美白ケアを、楽にできちゃう方法を紹介します。 ブロードイオン

家庭用イオン導入器・ブロードイオン

ビタミンCに頼りにしたい時って、しみ、くすみ、毛穴、たるみと、それはもう色々あるわけです。しかも、継続的にケアをしていかなくては、元に戻ってしまうものです。

  • 紫外線の強い日に屋外で行動した時
  • 睡眠が不足して肌が、コチコチのこって硬くなっている時
  • 毛穴の黒ずみが気になる時
  • ニキビ跡に気がついた時

ハンディタイプは、小さくて一度に施術は無理です。何度も顔に当てる必要があるし、手が塞がってその間、何もすることができません。

手軽で簡単にイオン導入出来ちゃう

顔型のマスクを当てて、顔全体を一気にイオン導入出来ちゃう、ブロードイオン導入器は見っけもののです。その時間は、わずか15秒から30秒でいいんです。

用意するものは、ブロードイオン導入器、スキンロジカルVCローション(ビタミンC誘導体化粧水)、コインマスク(フェイスシート)です。やり方は、簡単。イオン導入ローションをフェイスシートに含ませて、顔にのせます。その上から、ブロードイオンのフェイスパッドで覆います。スイッチを入れてイオン導入開始です。

電圧の強さは3種類から選べて、肌のご機嫌をみならがら調節できます。電源は単4の電池なので、コンセントがない旅先や庭先でお茶を飲みながらでもOK。

自分でイオン導入ができてコスパも最高

エステサロンでイオン導入すると、1回で約8000円が相場となっています。ブロードイオンを使用すれば、1回約250円で済んでしまいます。

また、サプリメントでビタミンCを摂取するという方法もありますが、直接肌に入れ込むのと、あらゆる体の組織と分けあって使用するのとでは、直接の方が費用対効果が大きいことは言うまでもありません。

エステサロンとの効果の違いがあるけど、実は、ブロードイオンは皮膚科医もエステサロンでも推奨されている、まぁまぁの品質なのです。(というより、結構絶賛されている!)

スポンサードリンク

多くの美容専門化や有名美容雑誌でも取り上げられているほどのフィバーものなのも、安心、安全、効果が伺える事です。

美白のお手入れには、ビタミンC誘導体は必需品

ご存じかもしれませんが、ビタミンCは美白に大きく貢献するのにもかかわらず、肌への浸透力が悪いために、高い品質のものでもその効果が実感できませんでした。

ビタミンC誘導体を、イオン導入することで、肌の奥深く真皮層にまで届けることができます。

シミの元である、メラニン色素も、イオン導入で、真皮層の近くにあるメラニン色素も薄くできます。メラニン色素をつくる細胞(メラサイト)も、ビタミンCが届けば、メラニン色素の過剰生成を抑制させることができるんですよ。

紫外線で傷んだ細胞もケア、活性酸素でダメージを受けた細胞も、浸透するビタミンCで、優しく広範囲に守ってくれます。もちろん、毛穴の黒ずみや、毛穴の開きにも良い作用を及ぼします。

顔中、奥深くまで、ビタミンCをいきわたらせて、透明な肌を取り戻したいものです。美白のお手入れには、ビタミンC誘導体をしっかり肌に入れ込むことが必要なのですよ。

お気に入りのローションでイオン導入したい

普段使っているお気に入りのローションを、イオン導入したいと考えることもあるはずです。しかし、イオン導入に適している成分は、ビタミンC誘導体と一部の生薬のみといわれています。

例え、ビタミンC誘導体のローションであったとしても、イオン導入用に作られたローションと、そうでないローションがあります。その差は、浸透した後の安全性。ちなみにビタミンC誘導体で、イオン化が可能、つまりイオン導入に適しているものは、●パルミチン酸リン酸アスコルビル3Na ●リン酸アスコビル3Na ●リン酸アスコビルMgです。

もし、ブロードイオンの専用のローションではなく、他のメーカーのローションを使いたい場合は、肌に負担をかける成分のチェックはしておくべきです。できるだけ余計な成分が入っていないシンプルなものが、ベストです。

また、イオン導入を妨げる物質も中にはあります。保水などの作用があるBGは、導入を邪魔する成分です。BGも配合していないものを選びます。

スポンサードリンク