広告 

紫外線による光老化は年齢の老化より老けさせる

成長期が止まったのだから、多少のエイジング作用があるものとのんきに構えていたら、日焼けによる光老化の方が肌老化は大きいのです。
それを知ってしまったら、何とか手を施したくなるのが女子の習性ですよね。

他にも、年齢以外の原因はあります。ストレスや食品添加物や農薬、体に害を及ぼす化学物質などを食べても、肌老化を進行するのだそうです。
くわばら、くわばら。。。ならば、あれやこれやの対策を打ちましょう。

注意さえすれば、肌老化を食い止められるものなのですから。
青空と白い雲

 

肌酸化は肌トラブルを進行させる

あの硬い鉄が酸素と結び付いて崩れるように、肌細胞や肌組織を老化させてしまうのが酸化です。
昨今は酸化以外に、肌糖化なども発見されています。
タンパク質が酸素と結び付いて硬くなったり、変形したりするのだそうです。顔を黄色くするのも、肌糖化が原因なんだそうです。

こうした肌細胞のダメージは、メラニン色素の生成を誘い出しシミをつくります。
バリア機能も低下して、肌水分は外気に奪われ乾燥肌になっていきます。
ニキビがある方は、アクネ菌がさらに炎症を誘発させて、ニキビを広げていくのです。

肌糖化が進むと、肌の弾力層にある組織であるタンパク質からできているコラーゲン、エラスチンを硬くして、シワやたるみを引き起こして行きます。

スポンサードリンク

コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を作りだす細胞である繊維芽細胞にもダメージを与え真皮層の肌の土台を減らしていきます。
支えていた土台が弱くなるので、たるみや、フェイスラインが崩れていきます。
ホウレイ線がくっきり現れたら、コラーゲンの摂取も大切ですが、抗糖化対策ですね。甘いものもほどほどにですよ。

 

酸化を糖化を予防するには

気がつかないうちに、体の中で起きていることです。酸化や糖化の対策はどうすればよいのかって思いますよね?
また、どんなに努力しても外出しないで暮らすことも、ノンストレスのまま生きることはできません。食べ物に至っても、外食やお弁当を食べれば、必然的に無害なものばかりと言う訳にはいきません。

植物の中には、酸化を防ぐ抗酸化物質を持っています。抗酸化物質というと、真っ先に頭に浮かぶのはビタミンCです。ビタミンCはβカロチンやビタミンEと同時に食べると、お互いの働きを強くしより強い抗酸化力を持つと言われています。
またそれ以上に抗酸化力をもった、植物の実があることがわかりました。サジーという植物です。

黄酸汁(サジー)を使用した、抗酸化ドリンクが人気です。中でも、ピコアサジー(サジーの実がとっても大きい)を使用したフィネスの抗酸化力は、他種のものより6.6倍ものあります。抗酸化力のあるにんじんの約11.1倍と言うから驚きです。
GUM03_PH05031

サジーを使用して作られた、豊潤沙棘を飲んでみました。こちらにレビューを掲載しています。

スポンサードリンク