広告 

ふっくらと柔らかい肌を体の中から作る

美容皮膚科によれば、顔が硬くなるのは、ターンオーバーの遅れが原因とされています。対策は、ピーリングです。
ただ、根本的な解決方法ではありません。

顔だけでなく体の中から代謝を上げる方法を、心掛ければ、ターンオーバーの遅れも抑えることができます。

皮膚が硬くなると顔がかゆくなる理由と、インナーケアの必要性について考えました。

 

顔のむずかゆいに、優しくケア

たっぷり保湿を心がけたつもりでも、特に春先は顔がごわついて皮膚が硬くります。
心なしか黒ずんでも見えませんか?

冬の間、冷たい外気で体温と一緒に、肌水分も奪われて、少々巡りも悪いせいです。
代謝も少なからず衰えています。
真珠と羽

 

冬は代謝が落ちて、ターンオーバーが遅れる

ターンオーバーが遅れがちになって、顔の皮膚が上手くはがれなっています。皮膚が分厚くなっているために、かゆみが出るのでしょう。

蓄積した肌が毛穴を塞ぎ、毛穴に入り込んだ皮脂やメイクの汚れがでれません。
皮脂過剰の方でなくても、毛穴に皮脂や汚れは溜まります。
出られなくなった汚れが、毛穴を刺激しているためです。

『ムズムズとしたかゆみだから、皮膚科に行くほどでもないわ』と安心しきっていたら、ドンドン毛穴の皮脂がのさばって、毛穴を押し広げていきます。
私は、油断すると毛穴に、ボツボツ小さな黒い斑点ができます。

肌を守るために作られるメラニンの量も、同じように蓄積していきます。
つまり、顔全体にメラニンくすみが始まり、どんよりと黒ずんでしまうのです。

溜まった皮膚を取り除き、自然に剥がれるような優しいケアにしたいって思いませんか?
手一杯の羽

 

代謝の衰えは、体ごとエンジンをかけて動力全開にする

ポカポカ陽気の日は、肌寒いのを我慢して薄着で、ウォーキングをしてみましょう。
寒いと思うのを逆手にとって、温まるまで頑張ってください。
室内にこもりっきりだったため、怠けていた体にエンジンをかける季節です。

スポンサードリンク

体全体が温まり、顔が火照るくらいになったら、静脈マッサージやリンパマッサージで顔に溜まった老廃物の排出を促していきます。
顔だけマッサージを行っても、首から下の巡りが悪ければ、意味はありません。
体の本流が巡りが悪いのに、支流だけを流そうとしても、それは無理な話です。

 

顔のマッサージと笑顔を継続

マッサージというとリンパマッサージの方が有名ですが、リンパによる水分や老廃物の回収は、10%となります。
残りの90%は静脈によって行います。

マッサージは、指と顔の皮膚との摩擦で小ジワの原因や、強い力で押すことで肌の土台のコラーゲン線維の断絶のリスクがあります。
マッサージ専用の滑りのよいクリームの使用と、正しいマッサージ方法で優しく行う事が、一つ目のポイント。

二つ目は、本流に近いところから先ずは流し、次に支流の順序で、行うのが良いと言うのが、最近の説となっています。
首、デコルテから行い、次に顔ですね。

できれば、『遅れがちな、ターンオーバーが元に戻るように』と、祈りながら行うと、自然と丁寧に扱うので肌を痛めません。

 

表情筋の筋力アップ

表情筋は薄い板状の筋肉で、わずかなトレーニングで効果を上げることができるといわれています。
会話をすることで表情筋を鍛えられますし、良く笑うことでも違ってきます。チリも積もればです。

 

紫外線が皮膚を硬くする

ただし、この時期皮膚を硬くするもう一つの原因があります。
紫外線です。
紫外線は、年中降り注いでいるものですが、特に春先は、特に強く注意が必要です。
たんぽぽ綿毛

 

紫外線は肌を乾燥させますし、軽いやけどを負わせます。
UVAと言われる、波長の長い紫外線は、肌の土台である真皮層を傷つけ、肌のターンオーバーを遅らせる原因をつくるのです。

長年浴び続けていれば、しみやしわ、たるみの原因となります。

UV対策を行うことで、日焼けによるシミやそばかすを防ぎます。乾燥させないことで、肌が硬くなるのを防ぎます。
また、真皮層のダメージを防ぐことは、ターンオーバーの遅れの原因を減らすことになるのです。

紫外線をガードさせながら、運動をするのが正解です。
さらに、 肌のバリア機能を強化するスキンケアを使用すると、紫外線に強い肌にすることができます。

スポンサードリンク