広告 

毛穴詰まりから頬たるみ毛穴までのお手入れ方法

洗顔で皮脂を取り過ぎずに、保湿効果の高いスキンケアを使用すれば、毛穴は自然と引き締まるものです。
洗顔している女性

 

毛穴広がりの最初の難関は、毛穴詰まりの対応

でも、毛穴が詰まってしまうと、ここからが毛穴ケアの最初の分岐点になります。
毛穴周囲の皮膚を乾燥させること無く、これ以上ケアを押し広げることも無く、優~しく、優~しく除去します。
その後は、アンチョークやビタミンCなどの引き締め効果のある化粧水でキュッと引き締めます。

今や泡洗顔が当たり前のようになっていますので、毛穴詰まりの時の対応は正しく行っている方も増えて来ました。
ビタミンCも浸透力の高いものが増え、開いた毛穴を底から引き締めを実感する化粧品もありますね。

 

毛穴広がりの二度目の難関は、外部刺激

生活習慣の変化でしょうか?
女性の社会進出により、長時間労働やストレスを受ける機会が増え、過敏肌の人が増えたと言います。

毛穴の汚れをとる際に、元の皮膚により負担をかけることのない低刺激な洗顔料が注目を集めています。
ただ、毛穴詰まりをとると言うだけでなく、石油系界面活性剤なしのものや、美容液配合の洗顔料で、肌を育てる毛穴ケアになってきています。
外部刺激を徹底的に遮断することで、肌を育てていく洗顔料などです。

普通の人より敏感肌だとか、乾燥肌の人には、提言したいお手入れとなります。
石鹸の泡

 

毛穴広がりの原因が年齢なら

上記のことは、ちゃんとやっているのに毛穴が元に戻らない、閉じないまま開きっぱなしになっている年齢がやがて来ます。
正しくスキンケアを行っていれば、毛穴広がりなんてあり得ないのかもしれませんが、長い年月が、少しづつ肌に負担を掛けてしまうのです。

スポンサードリンク

やむををえませんよ!

ご存知でしたか?一度開いた毛穴は戻らないんですよ。
毛穴ケアをして、毛穴が目立たなくなったように見えるのは、水分を吸って太った毛穴周辺の皮膚が押し上げて、目立たなくさせているのだそうです。

 

内側から、広がった毛穴を押し上げる

歳をとり、皮膚のハリやたるみが出てくると、いくら肌表面の水分を上げても、内側から押し下げてしまいます。
毛穴が元に戻らないのは、内側の弾力成分が減ってしまったからです。

私の戻らない毛穴も、縦長のたるみ毛穴の域に達しています。
主に、若い頃ニキビがいつもあった鼻の横の頬の部分とか、いつも角栓で詰まらせていた鼻の頭とかが特にそうです。

内側の弾力成分で押し上げてもらえれば、広がった毛穴を塞ぐことができそうです。
若い肌と年齢肌

 

肌弾力成分を増やすには

弾力成分と言われているものは、コラーゲン、エラスチンなどです。
弾力成分を増やす方法は、口から取り入れる方法と、化粧品で外から塗る方法があります。

コラーゲンベプチドの記事を書きましたが、コラーゲンは食品として摂取しても増やすことができます。
コラーゲンペプチドは、コラーゲンを作る線維芽細胞に働きかけて、コラーゲン生成を促してくれます。

コラーゲンペプチドは、確かに毛穴広がりの進行をとめるには有力な方法ではありますが、肌表面の状態を無視していては、綺麗な肌を望むことはできません。
ゆるむ毛穴を引き締め、なめらかな肌を望むなら、外からも毛穴ケア専用のスキンケアを使うべきです。
どんなに内側からコラーゲンを増やしても、肌荒れをしていて、乾燥しがちになっていれば、折角の潤い肌も台無しになっちゃいますよ。

そんな年齢毛穴というか、コラーゲンが原因で毛穴が広がってしまった肌に合わせたスキンケアがあります。
こちらにレビューを記載しましたので、参考にしてください。

スポンサードリンク