広告 

年齢毛穴はお手入れ次第で、何とかなるよ

おおげさでなく20代や30代の時より、毛穴がふさがってきています。グロスファクター、ペプチドといった年齢肌専用の成分をバンバン、ヒアルロン酸、セラミドもあらん限りの種類が配合された化粧品を、たっぷりと使っています。開きっぱなしの毛穴を引き締めるために、ビタミンCも利用。

なにわともかく、このおばさんは『毛穴ってふさがるんだぁー』と実感できているわけです。 スキンケア中

毛穴のケアは年齢と共に足し算がいいよ

多分、スキンケアを止めてしまえば、3日ぐらいで元に戻ると思うけど、補う事で健康的な肌でいられるなら、それでいいんじゃないかって思う訳です。

20代を過ぎたら、保水力のあるスキンケアをプラス

20代の毛穴は、皮脂が毛穴に詰まって開くことが原因です。しかし、分泌される皮脂が年ごとに減り、原因は変わってきます。

乾燥が細胞を痩せさせ皮膚が縮まるために、毛穴が開きます。毛穴の開きは、水分をため込める保水力あるスキンケアを使えば、周囲から押しつぶされて小さくなりますよ。

しかし. 深いと、保水力だけではどうにもなりません。水分で膨れ上がった肌細胞によって小さくなった毛穴が、点々となって顔中に自己主張していきます。

真皮層が痩せてしまったので、毛穴が深くなったのよ

これは、もはや表皮の部分のみの事ではなく、真皮の線維芽細胞の弾力が古いゴムのように伸びきってしまっているからに違いありません。真皮層とよばれる肌の弾力部分には、コラーゲンやエラスチンがあり、長時間のかけてゆっくりと作りかえられています。コラーゲンやエラスチンを作っている細胞を、線維芽細胞といいます。

年齢によって、この作り変える周期(ターンオーバー)が長くなってくるために、ハリを失い、毛穴が陥没してしまうのです。最初は、『毛穴が大きくなって目立ってきた』ことから始まり、次第にたて状に伸びて、たるみ毛穴をなります。

たるみ毛穴を見たら、もう保水力の高いスキンケアは限界のサインです。

ピーリングケア

線維芽細胞にカツを入れて、バンバン、コラーゲンやエラスチンを作ってもらいます。バンバン作らせる戦法は、肌表面をちょっぴり削ることで、『これは大変』と焦らせるムチのようなものです。

ピーリングケアは、昔から皮膚科で行われているケアですが、かつては個人で行うと失敗が多かったのです。ここ2~3年の洗い流すピーリング洗顔料は、低刺激。少しずつ肌を剥がしてくれますので、毎日使えるピーリング剤がやっぱり、良いと考えます。

スポンサードリンク
栄養もたっぷり

コラーゲンやエラスチンを作るための栄養成分も、やがて必要です。肌を作り替えるときに大切な働きをするレチノールや、保湿力が高いコラーゲンなどと共に、グッと肌内部に浸透してくれる、ペプチドやアミノ酸も大切です。

ここからは、アメを与えるような戦法を開始させます。

これでも、毛穴がふさがれなかったら、細胞自身が衰えているのですよ。ゆる~いピーリングケアを取り入れながら、お疲れモードの細胞に、元気を出させるスイッチがあります。

グロスファクターで細胞スイッチを入れる

そのスイッチは、肌細胞の種類ごとにあり、総称でグロスファクター(GF)と呼ばれるものです。グロスファクターは、細胞のリセプターという分子と特異的に結合して、細胞の増殖を促す働きをもっています。

スイッチをいれるための役割ですので、栄養成分のように大量につける必要はなく、少量で働いてくれる賢い成分なのです。グロスファクター成分を採用すると同時に、マッサージを行いましょう。皮膚内にたまった老廃物を押し出して血行を良くすることで、さらに効果を高めることが可能です。

肝心なことは使う成分が高品質であること

こんな四方八方からの戦略で、肌の内側から毛穴の底を持ちあげ、毛穴の周囲から水分で太った細胞が押しつぶして、毛穴がふさがれる事を願います。この毛穴ふさがりの戦法を、確実に現実にするには、やはり高品質な成分が必要です。

医療技術からヒントを得て開発された美容液

潰瘍治療では、瘢痕(ハンコン:切り傷・やけどなどが治った後に残る傷跡)が残り、元のきれいな肌に戻すことが困難な時代がありました。その瘢痕(ハンコン)を治すために、開発されたFGFを知り、『この技術を化粧品に使いたいと思った』女医さんがいます。

その後その女医さんは、潰瘍治療から皮膚科医に代わり、自身で作られた美容液には4種類のグロスファクターが配合しました。2008年から数年たった今でも、この美容液は、現在女性雑誌で取り上げられ続け人気となっています。

現在、ラグジュアリー・デ・エイジ リジュリューションVという名前のものです。リジュリューションVは、リニューアルを重ね、たるみ毛穴用のラインの中の1アイテムとなっています。 トライアルで使ってみた事がありますが、サラッとしていて期待を裏切らずにふっくらした肌を作り上げてくれました。

同じデ・エイジ シリーズ内のローションもクリームを、同時に使ってみると、計算し尽くされた各アイテムのバランスに、感心しますよ、きっと。

スポンサードリンク