広告 

角質層の健康は、肌再生力による

太陽光線さえも弾き飛ばすような濁りのない透明肌、50歳を超えてしまった今もまだまだ、手に入れたいと思うのは、欲張りでしょうか?

夏の終わりに妙にクスミが強くなると、”時計の針の逆転があっても不公平じゃない!”って、強く思うのです。
砂時計

 

紫外線を完全に力でガードできれば透明感も違う

長年生きていると、思わぬ発見をすることがあります。
UV対策をしっかりとし続けた夏は、思いのほか透明感を保つことができます。
紫外線をガードするだけでも、透明度は変わるんですね。

紫外線をガードするのは化粧品で補いますが、自分の力で守れれば効果は高まります。
それには、角質層(一番外側の皮膚)を健康な状態にすることです。

角質層にある、角質細胞の一つ一つが水分で膨らみ、隙間なく肌に敷きつめられる事で、紫外線を含めた外部刺激は遮断できるからです。

 

溜め込んタメラニンを追い出せば、クスミ知らず

くすみやしみは、”紫外線から守るために肌が作るメラニンが作っている”って、知らない人はいません。
役目を終えたメラニンは、肌の外に排出されればくすみません。

メラニンの排出には、肌水分が大きくかかわっています。
肌水分が高ければ高いほど、肌再生が促進されます。
下から作られた新しい肌が、メラニンを押し上げる回数が増えれば増えるほど、クスミは晴れていくのです。
まるで、竹ぼうきで木の葉を履くときのようなイメージです。
マーガレットと封筒

 

角質層だけのケアから、もっと根本に近づきたい

”そうか、角質層を健康にするのか”と、角質層を補う成分や、保湿成分をつけることも大切です。
でも、もう一段根本的にケアをしたいと言うなら、角質層を育てる真皮層を充実させることです。

スポンサードリンク

かつては、”肌再生には真皮層にあるコラーゲンやエラスチンが関係している”って分かっていても、コスメメーカーは明らかにしていませんでした。
だって、真皮層まで、栄養を浸透させる技術が無かったからです。

最近では、成分のナノ化や浸透技術が発達して、随分と踏み込んだケアを提言しています。
真皮層にあるコラーゲンやエラスチンが増えると、肌環境は潤いますし、健康な角質細胞が作られるのです。
海

 

真皮層の環境を充実させる

真皮層の環境を、充実させる化粧品は増えました。ビーグレンのエイジングケアは、肌を作るアミノ酸とコラーゲンの生成を助けるビタミンCを配合させて、肌奥まで浸透させるように作られています。
関連記事 ⇒ 実年齢より若く見られるには、肌筋肉を鍛えるより良い方法がある

 

真皮層の成分である、Ⅲ型コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸、プロテオグリカンを生成する線維芽細胞に働きかける、卵殻膜化粧品もでて来ました。
アルマード化粧品です。
通常食卓に上っている卵から、有効成分を取り出し、肌内部へ浸透させることができたためです。
関連記事 ⇒ 肌のキメを整えるには、グリシンの効果に決め手がある

 

同じく線維芽細胞に働きかけるグロスファクター成分を複数配合した、アンプルールも多くの女性の評価を受けています。
アンプルールのデ・エイジシリーズは、ここ数年雑誌などで継続して紹介し続けていますので、息が長い人気コスメなんですよ。
関連記事 ⇒ たるみ毛穴をふっくらさせるには、グロースファクターにお任せ/

 

澄んでいる海の水は、海底まで水が綺麗だからです。肌の奥まで濁りを消すことができれば、グーンと透明感は増します。
ただ、もっと根本的なことを突き詰めていくと、美しくなるためにはまだまだやることは尽きないわけです。
女性は、忙しいはずです。(笑)

スポンサードリンク