きめの細かい肌になるのに、応援してくれるアイテムとは

広告

努力次第で肌のキメは細かくなると思う

先日、フィギュアスケートを見ていたら、高橋大輔選手の肌が、綺麗になっていましたね。羽生結弦選手の肌がキレイと言うのは、前から言われていましたが、男性であれだけ柔らかく見えるのは、相当な努力をされたのではと考えます。 賑やかな壁

男性の肌がイマイチなのは、お手入れの違いよ

やはり男子と言えど、昨今の美肌ブーム、ことに演技の美しさも加点に繋がるとなれば、お肌のお手入れも手を抜けないと言うことなのでしょうか?

スピードスケートの男子に映像が変わったとたん、肌の質感が全然違うことに気が付きました。ニキビで肌が汚いと言われている、町田樹選手だって全然キレイに見えますもの、不思議!

男女で肌の違いを比べると、男性の場合は皮脂分泌が多いことが特徴ですが、上手に味方をつければ美肌は作れます。男子と女子の肌質の違いは、やはり紫外線対策と保湿ケアを充分に行っているかの、2点に絞られるんじゃないでしょうか?

キメの綺麗な肌が欲しいなら、もっと丁寧なお手入れを

こうした、見た目が柔らかそうとか、ゴツゴツしていないと言うことではなく、肌のきめとなるとどうでしょう。もっと繊細に、もっと丁寧なスキンケアを心がけないと、細かくすることができません。

近年、肌を作っている原料である水やアミノ酸を補うことで、粗いキメを整えて、きめのない肌を作ることができことがわかっています。

アミノ酸の種類は、グリシン。肌水分もしっかりと溜め込み、維持し続けるためには、セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸の3大保湿成分を、常につけておくことも大切ですよね。 雰囲気のある電燈

スポンサードリンク

でも、あればいいっていうものではありません。それらの成分が肌で充分に活用されて、肌環境が良好な状態でないといけません。

料理を作る時に食材は揃っているけど、調味料を入れるタイミングが違ったり、火加減を間違えれば、想像をしえなかった食事が出来上がるのは、誰でも知っていることです。

肌のきめにとって調味料は、基礎代謝。次々に新しい肌を作りだすことができる、パワフルな肌環境です。

では、火加減はというと、外部刺激です。肌が苦手な成分を無理やり押し込んだり、大切な肌組織を剥がすようなことをし続ければ、きめはキレイに並んでくれません。水とアミノ酸で膨らんだ肌細胞も、外部刺激を受けて痩せてしまいます。

基礎代謝を上げるには

基礎代謝は直ぐに上がらないので、普通の女子はあまり熱心にやりません。第一、基礎代謝を上げるのに一番いいと言われている運動を、好まない女子が多すぎます。

基礎代謝を上げるために、酵素飲料等が流行っていますよね。酵素はダイエットのためと言うより、美肌のために飲む女子が増えているようですよ。

飲んだことがありますが、運動にはかないませんが、良く働いてくれます。 ツタの絡まるドア

外部刺激を減少させる、今注目の化粧品は?

外部刺激の原因となるものは、おおざっぱに分けで紫外線、乾燥、化粧品などです。

紫外線だけに限ってみても、ベースメイクのようなものから、抗酸化力のあるクリームななど、様々です。

乾燥についても、保湿成分を浸透させるものから、バリア機能を強化するものなど。

化粧品については、敏感肌用やオーガニック、無添加の化粧品と選択肢は沢山あります。

どれも一長一短ですが、トライアルセットなどを活用しながら、自分の肌に合ったものを是非見つけてください。

無添加の代表と言われる、 ファンケル保湿スキンケアのレビュー書いてみました。

スポンサードリンク