広告 

皮膚が乾燥しているって言っても、悩みは人それぞれ

顔が乾燥している、これは大変!栄養が不足していると、こってりと油性のクリームをつけてしまいます。でも、すぐに後悔。表面がベタベタするだけで、かゆくなる時がありませんか? 鏡を見て汗

こってりクリームのかゆみの原因は何?

この"かゆい"のは、何?乾燥してごわついた肌が、クリームを浸透させないばかりか、毛穴にクリームの油が詰まってムズムズ、貼られた油膜の刺激で何だか居心地が悪い状態です。

コンクリートの上に降った雨の様に、表面に雨がたまるばかりです。 アスファルトに雨

先にしっかりと化粧水を浸透させておけば幾分違いますが、やはり油分が多すぎると、同じようにかゆくなるのです。

肌は不思議な生き物で、脂分と水分のバランスを保ちながら、新しい肌を作りだしていきます。崩れたバランスの分だけ、化粧品で補ってあげれば、吸収して取り込んでいきますが、さらにバランスを崩すように過剰につけると、根を上げてしまうのです。

浸透しないで毛穴に詰まったクリームは、酸化して黒ずんでいきます。化粧水の浸透を妨げ、ますます、乾燥肌を進行させていきます。クリームに石油系化合物が配合されていたら、毛穴に残ったクリームで、長期間肌ダメージを与えかねません。

黒ずみが気になるために、毛穴専用の洗顔料や洗い流しのパックを使うかもしれません。合わないクリームをやめればいいのに、キレイになるに決まっているという思い込みが、どんどん過剰ケアに拍車をかけてしまうのです。

乾燥肌の人が選ぶべきクリームは?

化粧水に2種類あって、乾燥肌だから『こってり』とか『しっとり』と選ぶのも間違っています。乾燥肌の人が選ぶべき化粧水は、自らの肌に欠乏している保水力のあるものを選ぶべきです。

スポンサードリンク

たっぷりと水分を吸いこみ、肌細胞を太らせる化粧水です。

もし、その時年齢肌が気になる、肌荒れがある、バリア機能が弱そうだと感じた時、化粧水で潤った肌の上に、フタのように封じ込めるクリームをつけるべきです。フタの成分は、肌と同じものであれば、すんなりと浸透して受け入れてくれます。セラミドやアミノ酸に人気が高いのは、そのためです。 サボテン

顔の乾燥対策でこってりクリームが合わない人

顔の乾燥対策にこってりクリームをつけてはいけない人のタイプを上げてみます。

  • 肌が成長段階にある20代の肌は、自分の力で十分作り出せる栄養を、外から与える癖をつけると肌力が鍛えられません。
  • 肌のターンオーバーが遅れると、角質がたまって分厚くなってしまいます。角質ケアや浸透力重視の化粧水で、ケアを行います。
  • 日光過敏性など紫外線に弱い肌紫外線は油が大好きです。肌の炎症を広げる原因です。敏感肌専用の日焼け止めを使用してください。
  • 毛穴が目立つ方毛穴に詰まって、多くの弊害が生まれます。

窓辺に花

べたつかないのに、栄養がたっぷりのクリーム

じゃ、『年齢肌対策はどうすればいいのよぉ~』と言いたいですが、最近のクリームは、この辺のところをよく心得ています。たっぷりの栄養を配合していながら、肌の水分バランスを考慮しています。

油分を全く含んでいないのに、ジェル状形式で、肌水分を蒸発させないタイプもあります。

大切なことは、使った時『あっ、顔がかゆい』って思ったら、迷わず使用を止めるのが正解です。

スポンサードリンク