広告 

植物エキスを酵母発酵させて、お疲れ肌を回復

私にとって30代は、イケイケどんどんの20代のスキンケアを反省する年齢でした。過剰なお手入れのし過ぎで、お疲れモードの30代です。これから年齢を重ねるに向けて、疲れをリセットさせ、エンジンをぶる~んとかけ直したいところです。 車を運転する女性

人は今も昔も植物パワーに夢中よ

自らで大地に根を張り巡らせる植物は、強い太陽光線や雨にぬれ続けても、外気にさらされても平気です。動物や虫は、木の下や穴の中に隠れなければ、身を守ることができません。ましてや、人間は冷暖房の利いた家の中でしか、生命を繋ぐことができなくなっています。ちょっと、情けないですよね。

植物の力は、神秘に満ちていて、多くの化粧品や漢方などでも使われ続けてきています。植物がヒトの体にもたらす働きを、太古の昔から、研究する人は後を絶ちません。

植物の力で、美肌に良いものを丸ごと頂きませんか?青空の下ではぐくまれた植物を、酵母・発酵技術で美肌に生かした化粧品は、30代の肌にもっとも似合っています。オーガニック化粧品、オラクルで知られているレクシアから、30代のキラキラ肌のためにつくられたアルケミースキンケアを御紹介します。 発酵酵母化粧品

アルミケを30代の私にプレゼントしたいって思った

実は私も使用してみて、自らの肌で良いもの、悪いものが判断できるようになった30代の方に、使って貰いたいと考えました。その訳は、なんとたるみ効果です。

私はおばさんで、アイクリームが手放せません。目の周りのたるみが気になり入浴後等はどうしても、瞼の影が視界を遮るのですが、アルミケを使っていた時期はそんなに気になりませんでした。瞼のたるみを意識すると、確かに影はあります。でも、アルミケを使っている時は、アイクリームに必要性を意識しませんでした。

うるおいが巡ることで、少し瞼も引き上げてくれるようです。私が、30代にこんなスキンケアを知っていれば、今より肌はきれいだったかもと、残念です。

アルケミーは20代から30代に向けて作られた

20代から30代のために作られた、保湿化粧品。

目に見える肌トラブルはないけれど、明らかに以前とは違う肌のゆらぎに気がついていませんか?『下記のような事を繰り返しながら、肌老化が訪れるのね。』なんて、呑気な事言う女子は、今時いません。ゆらぎの始まりを、食い止めるためにアルケミーを使ってください。アルケミーの持ち味は、持続性の優れたうるおいを素早く届けることです。

  • 徹夜や残業が続くと、直ぐに肌に現れカサついたり肌荒れを起こしたり
  • 睡眠不足になるとできるくまが、なかなか消えない
  • 体調が悪いとファンデーションが浮いてしまう
  • 気が付くとリップが欠かせないで、いつも唇はカサカサ
  • 女子会や飲み会の翌朝には、必ず吹出物ができる

発酵酵母化粧品

酵母発酵エキスVEGAL

アルケミーのオリジナル成分、VEGAL[ベガル®]は、植物の力をパワフルに引き出しています。VEGAL[ベガル®]によって、下記の4つがバランスよくゆらぎ肌に働いてくれます。

  • 糖質 うるおい
  • アミノ酸 ハリと弾力
  • 有機酸 引き締め
  • ミネラル キメを整える
アルケミーを1ヵ月使ってみました

新しく白いボトルからピンクのボトルにリニューアルした、アルケミーを1ヵ月使用してみました。アルケミーラインナップ。

  • メイク落とし(ハイドロ リフレックス クレンジングジェル)
  • 洗顔料(ハイドロ リフレックス ウォッシングフォーム
  • 化粧水(ハイドロ リフレックス ローション)
  • 美容液(ハイドロ リフレックス ディープセラム)
  • クリーム(ハイドロ リフレックス インテンシブクリーム)

ちょっと、このボトルを見てください。各ボトル毎に、使用量がこうして書かれているのです。化粧品は多くても、少なくても肌トラブルの元になります。これは、嬉しいですね。 発酵酵母化粧品

スポンサードリンク
メイク落とし

透明なジェルで、吸着力を感じながらメイクと馴染ませました。

くるくるっとマッサージすると、指が考えていたより軽くなります。とれにくい小鼻の周りは、特に丁寧にしたわけでもないのに、すんなり落ちていました。

特徴は、水をかけると一気に洗面ボールが白くなり、顔を擦ることなくヌルつきがとれます。洗い上がりは、気になるべたつきもスゥスゥ感もありません。 うん、いいねぇ~。 発酵酵母化粧品発酵酵母化粧品

以下は、手の甲に顔をメイクで書いています。ファンデをつけた後チークを塗り、上から、アイライン、マスカラ、アイライン、グロスを使用しました。 発酵酵母化粧品・アルケミー

ジェルをちょっと馴染ませ、テッシュで拭きとったら、『ほら、全部落ちていました。』 発酵酵母化粧品

洗顔料

粘性が強い洗顔クリームです。

一度、沢山取り出して、なかなかヌルつきがとれずに苦労しました。ボトルの裏の使用料をきっちり守れば、すすぎは普通です。 発酵酵母化粧品発酵酵母化粧品

写真では分かりにくいのですが、泡の粒子が細かく密着感を感じながら、肌に馴染ませていきます。ちょっと、クリームのようなテスクチャ―に似ています。

朝は、馴染ませただけで、スッキリと洗い上がります。顔の上に載せる時間や、手を往復させる回数で、洗顔の強さが調節できるようです。 発酵酵母化粧品

化粧水

オレンジ色の液体から、植物の香りがしました。

化粧水は、うるおいが増しふっくらしたと言うより、ピーンと張るハリ感の方があります。化粧水の中に引き締め作用が、強いからでしょう。ふっくらとふんわり保湿に慣れていたので、ちょっと意外でしたが、これは他の化粧品では味わえない感覚でした。 発酵酵母化粧品発酵酵母化粧品

美容液

最初は、強い発酵の臭いが気になりました。時間が経つにつれて、分からなくなったのと同時に、次に来るクリームの華やかな香りが忘れさせます。

テスクチャ―は、計算し尽くされた乳液のようです。化粧水で引き締まった肌細胞を、ひとつひとつ太らせるように、トロリとした液体が浸透していきます。うーん、気持ちいい~。 発酵酵母化粧品発酵酵母化粧品

クリーム

上述のように、華やかなローズに、グリーンフレッシュなカシスの香りで、気持ちはリラックスモードに入ります。あ~、女性で良かったと思う瞬間です。

あと、私が30歳の時に、こんな化粧品があればと、また悔やまれます。20代のめちゃくちゃなスキンケアを、反省してやり直すことができるからです。 発酵酵母化粧品発酵酵母化粧品

私が言うのもなんですが、なかなかよくできている化粧品です。 アルケミーには、お得なトライアルがあります。

スポンサードリンク