広告 

まずは排出、次に再生、最後は守りで、がっちりくすみ対策

沢山の美容によい食べ物の情報が蔓延していますが、くすみ解消の食事を3つの面から、まとめてみました。

  • デトックス
  • 肌再生促進
  • UV対策

キッチンテーブル

デドックスに良い食べ物

美容皮膚科には、キレーション(デトックス点滴)や、微弱電流によるデドックストリートメントといったメニューあります。こうしたデトックスは、美肌を作るのに欠かせない要素でもあるのです。まずは、排出させることが、全ての始まりだと思うんです。

有害物質はどこからくるのか?

現代人にとって、忘れてはならないことは、周囲を取り巻く有害物質。便利になった半面、実は、デメリットも少々あります。

加工食品に添加物である、合成甘味料、合成保存料、発色剤、合成着色料が含まれています。外食や中食に頼っている以上、無条件に体内に取り込まれています。他、排気ガス(PM2.5も)、魚介類、野菜類、水道水などには、有害金属が含まれています。水銀、ヒ素、鉛、アルミニウム、ベリリウム、カドミウムなどは、生命に必要なミネラルの働きを、阻害します。煙草の煙、シックハウス症候群と呼ばれるアレルギー物質も心配ですね。

有害物質の排泄ルート

こうした有害物質は、体に負担をかけ、肌にも悪く、くすみの原因でもあります。有害物は、意識してできるだけ体の中に取り込まないようにすることと、同時に、デトックス効果のある食材を、食べるように心がけることです。 有害物質を体内に溜め込まない食生活を、続けてみてください。

体内の有害物質の排泄75%は腸からです。残り22%が尿、3%が汗となります。デトックス=腸内環境と言われるゆえんです。肝臓は、有害物質を無毒化する働きも持っていますので、肝臓の働きを阻害する、疲労、ストレス、食品添加物の摂取、油っこい食べ物は、控えてください。

デトックス食材

デトックス食材は、色々挙げられています。代表的なものは、香味野菜、亜鉛・セレン、食物繊維の3つとなります。

香味野菜

臭いのある野菜は、有害金属を排泄させる成分は、キレート成分と言われています。ネギ、ニンニク、玉ねぎに含まれている、臭いに硫化アリル、アリシンがキレート成分です。

亜鉛・セレン

亜鉛やセレンは、牡蠣などの魚介類や緑黄色野菜に含まれています。亜鉛もセレンも、有害物質を体外に排泄させますが、特に亜鉛は細胞の再生にも必要な成分です。最近、亜鉛のサプリメントを良く見ますね。

スポンサードリンク
食物繊維

腸内環境を良くするための代表的なものが、食物繊維です。ごぼう、海藻類、キノコ類に含まれていて、腸内環境を整えるだけでなく、有害物質を吸着し、便と一緒に排泄させる働きがあります。

乳酸菌やビフィズス菌などが含まれるヨーグルトも、腸内環境を良くするものとして人気です。

肌再生を促す食べ物

肌再生のことをターンオーバーと呼んでいますが、毎日少しづつ新しい肌細胞がつくられるためには、基底膜という組織が健康であることです。

コラーゲン生成を促す食べ物

基底膜は、コラーゲンやエラスチン等の肌弾力のある真皮層から栄養を、受け取って働いています。

コラーゲンの材料となるアミノ酸や、コラーゲンの生成を助けるビタミンCは、大切です。コラーゲンベプチドなどのサプリを利用して、即効効果を狙うのもありですが、継続的な効果を望むならやはり食べ物からになります。

脂質不足に気をつけよう

また、極端に脂質が不足すると、基底膜自身のターンオーバーが低下し、肌が乾燥していきます。脂質は、車で言うとガソリンと同じ、不足すれば体の組織は働いてくれません。

肌を外気や紫外線から守っている、表皮も、実は脂質が原料となっています。特に大豆製品やナッツ類に含まれる植物性脂質は、血管を柔軟にし血行を高めるために、新陳代謝を活発にすると言われているのです。

脂質はダイエットの敵と考えている方もいるはずです。コレステロールの調整をしてくれるオメガ9系、オメガ3系、オメガ7系などを使うのも方法です。悪玉コレステロールを減らし、血管を丈夫にしたりして血行を促してくれます。料理の中に、小さじ2杯程度を加えることで、料理の幅を広げたり、深みのある味が楽しめます。

太らないオイルと言われているココナッツオイルも、最近ブームです。バターの代わりにトーストに塗って使うなどしてみると、いつもとは違った朝食が食べられます。

UV対策になる食べ物

紫外線は、日焼けを起こしたり、シミになったりするだけでなく、多くの肌老化の元凶であることが分かってきています。

紫外線で肌老化の進行を抑制させるビタミン類

紫外線を受けても、肌老化を進行させないのは、ビタミン類。 色の異なる野菜を満遍なく毎日食卓にのせ、食べ続けることが、紫外線に負けない肌を作る最強の方法です。UV対策になるビタミンは、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE。代表的な食材を上げると、鮭、かぼちゃ、トマト、高カカオチョコレートなど。

紫外線ダメージを受けた肌を回復させる成分

肌の栄養の元になる成分も知っておいてください。 皮膚の粘膜を丈夫にさせるビタミンA、肌細胞を再生させるビタミンの一種ビオチン、肌再生を促す亜鉛、肌の真皮層の再生を促すコエンザイムQ10などがあります。

スポンサードリンク