崩れないファンデーションなのに、クレンジング不要なんだって

広告

楽だから、崩れないから、不満もないから自然と使っていた

ヴァーチェ ミネラルリキッドファンデーションは、1年以上使っていながら、このサイトにさえも紹介していなかったぐらい、空気みたいな存在です。本当に空気みたいに軽くて、自分が気に入っていることすらも忘れていました。

改めて、ヴァーチェのファンデを調べてみると、クレンジングが不要、石鹸で落ちるという話を知りました。粉タイプのミネラルファンデなら普通ではありますが、リキッドやクリームファンデで、クレンジング不要のものは見たことがありません。

しかも、エイジングに特化したファンデなのだそうです。 ヴァーチェ ミネラルリキッドファンデーション

ヴァーチェ ミネラルリキッドファンデを使い続けている理由

ヴァーチェのファンデを自然に使い続けている理由は、ノンストレスだからです。

紫外線の強い屋外に1日いると多少は崩れるけど、綺麗なツヤ肌をキープ。汗でテカリまくって流れることは無く、逆に、乾燥してヒビ割れたりボロっと剥がれ落ちたこともありません。汗を掻いた時は、テッシュで上から汗を吸い取らせると、ほとんど崩れているのが分かりません。エアコンの風を受けて、ファンデが乾きそうになっても、ツヤは薄れているけど滑らかな肌があります。

ある日、化粧品の商品説明会に出席した時、20代の女性にシゲシゲと肌を見られ、『綺麗!ファンデは何を使っているんですか?』と聞かれたことがあります。そんな、ミネラルリキッドファンデーションです。多分、お世辞半分だったかもしれませんが、銘柄まで聞き出したと言うことは、信憑性もありと思い直したのです。

カバー力と安全面の両刀使い

マルラオイルの記事でも書きました。現在、TVでしきりにCMを流しているファンデを使ったら、紫外線を受けた時間もUV配合の下地クリームも同じなのに、CMのファンデの方は、赤く炎症ぎみになりました。ヴァーチェでは全然平気だったのにです。

ヴァーチェは、カバー力も安全性も重視しています。通常、メイクの世界では、機能を重視すると安全面では多少目をつぶらなくてはならないというのが、暗黙了解となっています。CMのファンデは、カバー力はガンガン宣伝していたけど、安全面では弱かったということになります。

カバー力

私の顔でヴァーチェのカバー力を判断するなら、毛穴は毛穴隠しクリームが必要です。シミは、ほとんど隠れますが、濃いものはちょこっと、コンシーラを使っています。リフトアップ力は無いけど、配合している美容成分のせいで、ハリのある肌は保てています。

スポンサードリンク

紫外線防御率はSPF23、PA++で、長時間屋外にいる場合は、別にUVカットの下地クリームを、使わなくてはなりません。日常レベルの生活であれば、充分です。 ヴァーチェ ミネラルリキッドファンデーション

安全性

一般的なファンデは、肌に密着して自分の皮膚のように働かせるために、シリコンを使っています。シリコンは、見た目を良くしますが、クレンジングが無ければ落とすことができないデメリットもありです。

ヴァーチェは、シリコン無配合の上、紫外線吸収剤、石油由来界面活性剤、合成香料も無配合にして、安全性を重視しているのです。

これだけの機能と安全性にこだわりながら、低価格

正直、一番好きなファンデは、リソウのリペアで、年齢肌に限りなく寄り添っていると信じています。でも、日常使いには少しお高いのが難なのね。そんなことから、コスパが比較的良いヴァーチェの方に、無意識に手が伸びていました。伸びがいいし、リペアと同様つけている時間、軽くて楽なのです。

ヴォーチェのマルラオイルは、厳しい審査で有名なフランスのエゴサートのオーガニック認証を、取得しています。不純物の入っていない精製度100%の贅沢なオイルで、ファンデにも配合されています。マルラオイルに含まれている、ビタミンC、E、αリノレン酸、オメガ脂肪酸6,9が、日中のスキンケアを助けているのです。

保湿成分としては、「セラミド1、3、6Ⅱ」「3種のヒアルロン酸」を配合して、全ての美容液成分が、ファンデの81.6%を占めています。たっぷりの保湿成分に助けられて、日中刺激に負けない肌が期待できそうです。崩れにくいと感じたのは、美容液成分に支えられているからかもしれませんね。

現在、こちらのミネラルリキッドファンデーションは、30日間返金保証付きで 約1600円オフの状態で購入が可能です。色が確認できるお試し用のサンプルも貰えます。私が注文した時は、クレイソープもついていたんですね。現在はついていないのかもしれません(ゴメンナサイ)。 ヴァーチェ ミネラルリキッドファンデーション

スポンサードリンク