チークの肌負担も安心!低刺激でスキンケアにも良さそう

チークに対する思いが、私とぴったり合った

パウダー状のチークをまん丸にふぁーっとのせるのは、思いのほか難しく、私のチークの形はいつもいびつです。まぁ、オバサンで誰も見ていないでしょから、そんなに気にはしていません。

ただ、チークをつけておくと、薄いシミや毛穴、肌のザラツキ感が幾分気にならなくなります。簡単メークの時も、欠かさないアイテムとなっているのです。目の錯覚を利用しているんです。 低刺激スキンケアを考えたチーク

透明感のあるチークなんて初めてよ

チークの形より気になるのは、左右の色のバランス。チークブラシの粉を最初に落としますが、その加減の仕方で、ボテッと濃くなってしまうことがあります。あれって、後で何とかしようとこすっても、思うように薄くならないんですよね。

チーク自体の成分の害よりも、こうしたメーク時の指の刺激って、肌に負担をかけているに違いありません。色ものメークは、1発で決まらないと自然な状態にするのが難しく、いろいろなところに波紋を及すわけです。

先日、a8netの撮影会で、まるで自分の肌の色のように自然で、まん丸くつけられるチークを見つけました。薄くついて、自分自身の肌の一部と思えるほど、透明感のあるチークです。名前は、ラナレイ(LANARE) プリズムブラッシュ。

関西の人気TV番組『やすとものどこいこ』で、崩せない人のためのチークとして紹介されてから、人気に火がついたそうです。楽天ランキングで1位の実績もあるとか。

このチークのもう一つの魅力は、スキンケアとエイジングケア成分も配合されていることです。フムエキス、加水分解酵母エキス、セラミド、ヒアルロン酸、スクワランなどです。

使用感も仕上がりもいいよ

実はいただいて、使用してみました。こうして手の甲につけてみると、粉っぽく見えるのですが、リキッドファンデの上にのせると、予想していたより目立ちません。写真は、左はダイヤローズ、右はガーネット オランジュです。色の違いがわかりやすいですね。 低刺激スキンケアを考えたチーク

顔につけた時は、何度も何度もぽんぽんとしてみましたが、やっぱり目立ちません。 自然な血色で、私自身の肌が出していると錯覚したくなるほど、透明なチークです。

1日つけて、汗も結構かきましたが、ほんのりとした血色の良さは変わりませんでした。公式サイトの写真は、マットな写真が多いのですが、私の場合はつや肌っぽく見えました。

もうひとつ、顔ではシミだらけで分かりにくいので、白い画用紙に押しつけてみましたが、見事にまん丸につきます。これなら、左右形がいびつになることもなさそうです。 低刺激スキンケアを考えたチーク

形状は小さくてかわいいし、実用的

また、形状も変わっていて、スポンジの部分からチークパウダーが出る仕組みになっています。粉が飛び散りにくく、必要以上に粉が付くことがありません。スポンジを通しているために、ブラシのような一気にボテッと粉が付くことがないんですね。これはいい!

小さくて化粧ポーチに入れても邪魔にならないし、固形になっていないので、落として割れる心配もありません。粉はスポンジを通して出てくるので、万が一、ふたを閉め忘れたとしても、ポーチの中がチークの粉だらけになることもありません。固形のチークって、割れてしまうと、ポーチの中が粉だらけになるんですよね。

持っていてもかわいいし、使っていても白いスポンジが楽しい気分にさせてくれます。 低刺激スキンケアを考えたチーク

キラキラ成分が、コンプレックスをカバーするよ

つけていて、派手な発色感はないのですが、真珠パールとダイヤモンド末が、光を乱反射させて、顔全体を明るくさせてくれます。チークは、コンプレクスを気にさせないためのものと、勝手に考えていました。こんな私と、ぴったり意見が合いました。

しかも、崩れないことがウリなんだそうです。こんなに小さくてかわいいチークなら、携帯していたいから、崩れてもいいと思うんですけどね。 低刺激スキンケアを考えたチーク

色は4色あります。

  • ダイヤローズ
  • パールピンク
  • ガーネット オランジュ
  • ゴールド ネーブル
スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク