広告 

日本人が飲み続けた抹茶には何かがある!

太陽の光を浴びて育つ植物には、生まれながらにして抗酸化力を持っています。ワインやコーヒー等に含まれるポリフェノールが、抗酸化物質です。 抹茶

カテキンは体にもいいけど肌にも良いのよ

日本のお茶に含まれているポリフェノールは、カテキンと呼ばれています。 特にカテキンの中に含まれるエビガロカテキンガレートの抗酸化作用は、現在知られている植物ポリフェノールの中で、最も強い活性力がある部類に入るといわれています。

抹茶は、お茶を石臼で粉々に引いて作られる為に、茶葉の全成分を取り込むことが可能なのです。葉っぱに含まれる植物の全てのパワーを、頂くことができます。お茶に含まれている、カフェイン、ビタミンC、カテキン、食物繊維などが期待できます。通常のお茶では取り込みにくい、ビタミンA、ビタミンE、アミノ酸類、セレン、亜鉛なども、抹茶には含まれているそうです。

抗酸化力が強い

他の食品と比べても、抹茶の抗酸化力は高いといわれています。肌のしみやシワの原因は、いわゆる肌のサビなのです。サビを抑える成分なら、どんなに沢山あっても嬉しいはずです。

スポンサードリンク
肌荒れやにきびによさそう

しかも、シワ対策の化粧品に配合されているビタミンA(別名レチノール)や、肌荒れを防ぐビタミンE、潤いをもたらすアミノ酸なども含まれています。

特に、肌を白くすると言われているビタミンCは、メラニン色素を薄くして、毛穴を引き締める働きを期待できます。

お茶には、殺菌力もあることで知られています。人の顔には、無数の微生物、菌類が存在していますが、時としてニキビを作ったりして悪い影響を与える菌もあります。にきび予防にも良いのです。

抹茶って、美肌の宝庫なんじゃない?

肌のさびから守り、美白効果と殺菌効果が期待できそうなのが、抹茶石鹸ということなのでしょう。

ところで、抹茶と言うとどうも、スィーツのイメージがぬぐえないのですが、ストレスの多い毎日に肌にもほっと一息入れるには、葉緑素の香りが心を和らげているに違いありません。抹茶のスィーツを頂いた後の幸せ感を、毎日の洗顔にも取り込むのも悪くはありませんね。

中々面白い、 抹茶石鹸をこちらで紹介しています。

スポンサードリンク