広告 

日頃のケアがムダ毛レスな肌にする

外出しようとショートパンツやミニを履いたら、『ハタとすね毛のムダ毛処理を忘れていた!』なんてことはあるはずです。一人でも顔が赤くなる瞬間です。

即効性のあるムダ毛処理は、カミソリでジョリジョリとそることですが、『ちょっと待ってください』そんなことの繰り返しが、黒ずみにつながってしまいますよ。 大空に伸びている素足でオレンジをキャッチ

ムダ毛処理を行い黒ずむ原因とは

ムダ毛処理を行ったけど肌が黒ずんでいる原因は、三っつあります。大概は、全てのパターンが組み合わさることで、ムダ毛処理後の黒ずみに悩んでいる方が多いようです。

  1. 肌荒れからのくすみ
  2. 肌ダメージによる色素沈着
  3. ムダ毛のそり残しや埋没毛

上記のような悩みを持つ方は、脱毛サロンにいくほどでもないけど、身だしなみとしてツルツルの肌で完璧にしたいってタイプの方が多いのです。完璧主義で全てのムダ毛を除去しようとすると、かえって肌を黒ずませてしまっています。

何度も同じ場所にカミソリを当てたり、毛抜きで無理に毛穴を引っ張ったら、無傷でいられる訳はありません。自己処理の後は、しっかり保湿を行って、傷つけた皮膚を大切にしたいものです。さらに、ムダ毛を薄く、細くしておくと、ダメージが半減するのは言うまでもない事です。

安全で効果のある抑毛成分とは

できるだけ、肌へ低刺激で、しかも確実に無駄毛を薄くするなら、大豆に含まれるイソフラボンの抑毛効果です。多くの抑毛化粧品が、こぞって豆乳ローションを作っていますが、天然植物成分の抑毛効果を最大限に引き出すのって結構難しです。

自宅で手作りするには不可能なくらい、イソフラボンの濃度を高くして、抑毛効果を実感できるようにしています。

ネオ豆乳ローションの人気の秘密は

ところで、豆乳ローションの元祖である、ネオ豆乳ローションてご存じですか?Dr.高濱のネオ豆乳ローションです。

Dr.高濱の抑毛効果の秘密は、大豆胚芽からイソフラボンを抽出していることです。胚芽は、大豆の中でわずか1%しかない小さな部分であるのにもかかわらず、イソフラボンが集中して含まれています。

そして、抑毛効果に思わず多くの人が信頼を寄せる理由は、下記の4つです。

スポンサードリンク
  1. モニターさんを使用して、自らが実験を繰り返して開発したもの
  2. 口コミ体験者の悩みに共感できる所が多く、使用中経緯がリアルでわかりやすい
  3. 男性が青ひげ対応に使用している
  4. メディアの反応がよい
ネオ豆乳ローションが、黒ずみにも効くわけ
肌荒れを保湿力で助ける

黒ずみの原因である、肌荒れは、カミソリや脱毛剤でスキンバリアが剥がれるためです。逆に、しっかり保湿された肌はスキンバリアを丈夫ですし、たとえムダ毛処理でダメージを受けても、肌の回復は早いのです。ネオ豆乳ローションに配合されている、サポニンやレシチンは保湿効果があります。

肌ダメージを軽減させる作用

何度も肌ダメージが加わると、肌はメラニンを生成し色素沈着をつくります。イソフラボンでムダ毛を細く、抜けやすくしておくことで、肌への負担を軽減させられます。

ムダ毛を細くやわらかくして肌トラブルを回避

カミソリでそると、毛穴にそり残しの毛や、埋没毛、また肌にバイ菌が入って炎症を起こしたりします。例え、そり残しがあったとしても、ムダ毛が薄く細くなっていれば、それほど気になりません。埋没毛は太い毛ほどなりやすいと言います。細くやわらかい毛にしておけば、できにくいですよ。

ボディローションのつもりで

豆乳ローションを、1年中使っている方もいるでしょうが、少なくともムダ毛が気になる季節には、使い続けていたいものです。

肌の露出も多くなり、紫外線や空調など乾燥から肌を守ってくれますし、潤いのある肌を保ち続けることができます。顔は、メイクで何とかなりますが、ボディはそうはいきません。すらりと伸びた足、大きく開いた胸、どこに目を置いても、完璧なツルツルお肌で、今年も楽しい季節を過ごしませんか?

スポンサードリンク