広告 

腸に良い乳酸菌か何故肌にも良いのか?

小さな容器に入ったヤクルトを、子供の頃、お腹によいからと、飲ませ続けられた人は多いはずです。
甘酸っぱくとろみのある液体は、癖になる美味しさで、もっと沢山何故入っていないのか不思議に思っていました。
TVで同じ質問をヤクルトの社員にしていましたが、腸の健康を保つには、あの量で充分なのだそうです。
書斎

 

ヤクルトに入っている乳酸菌は只者ではなかった

ところで、ヤクルトの中に入っている乳酸菌は、1930年に代田穂博士が、現在の京都大学で微生物の研究中に見つけました。
シロタ株と言われるものです。

今でこそ、ヨーグルトの中の乳酸菌は胃や腸でほとんどが死滅してしまい、期待していた働きがないことは周知のことでしたが、その昔、この事実を知りませんでした。
シロタ株は、胃や腸の消化にも負けずに腸内で良い働きをします。

現在しきりに、死滅しない乳酸菌が入ったサプリメントやヨーグルトの宣伝がなされていますが、シロタ株が入っていたヤクルトは、時代の先端をいっていたのですね。
ヤクルト飲んでいて良かった!

 

乳酸菌はバリヤー機能を持っている

乳酸菌は、糖などの食品を餌に発酵する時、生まれてくる菌です。
発酵した食品は、酸性に傾き食品の腐敗を、防いでいます。
食卓にのぼるお漬物やキムチが、程良く美味しいのは乳酸菌の働きに他なりません。

乳酸菌は腸の中に入ると、バリヤー機能を持ち腸内の有害な病原菌などから、守ってくれる働きをします。
そのため、腸内で善玉菌と呼ばれ、乳酸菌が含まれたヨーグルトなとの食品を食べる人が増えました。

シロタ株を開発した代田博士は、体に良い乳酸菌ならば肌にも良いのではないかと考えたそうです。
というのも、肌の上にも複数の菌があり、その中にも悪玉菌と善玉菌の両方があったからです。
虫眼鏡

 

ヤクルトの瓶を洗う方の手が何故か、なめらか

一方、ヤクルトは最初はガラスの瓶で、回収して持ち帰り工場で洗って再生利用していました。
この瓶を洗う人たちの手は、水仕事であるのにもかかわらず、驚くほどなめらかだったのです。
その訳は、乳酸菌の中に発酵代謝産物が含まれていて、腸の中の働きと同じように天然のバリアを作っていた為です。

スポンサードリンク

乳酸菌がつくる『天然のバリア』を研究することで、化粧品の成分『乳酸菌発酵エキス(ミルク)』を作りだします。
乳酸菌発酵エキス(ミルク)は肌馴染みがよく、人の肌に含まれていて潤いを保つ役割をしている天然保湿因子と、よく似た働きをすることがわかりました。
この乳酸菌発酵エキスを使用した最初の化粧品は、『ヤクルトSEローション』と呼ばれ、なんと1969年から発売されているものでした。
驚きですよね。 ⇒ ヤクルトの乳酸菌研究生まれた基礎化粧品

 

乳酸菌はPHコントロールをする

通常の人の肌は弱酸性に保たれています。
アルカリ性石鹸を使用している方はご存知かもしれませんが、肌がアルカリ性に傾くと皮膚の表面の組織を緩め、毛穴が開きやすくなります。
洗浄する場合は、この性質を利用して、毛穴に詰まった汚れをとることができるのです。

それ以外毛穴は、引きしまっていることが必要です。
表面の組織が緩むことで、皮膚の水分は蒸発しやすくなったり、外部のホコリや細菌を毛名に詰まらせやすくなったりします。
そのため、アルカリ性に傾いた肌は、乾燥しやすいとか、しわやたるみの原因になったり、ニキビができやすいといった悩みを引き起こします。
弱酸性の乳酸菌化粧品が注目を集めている理由は、PHコントロールが優れていることもあるようですね。

人の肌は、紫外線、煙草、ストレス、間違ったスキンケアからアルカリ性に傾くこともあります。
PHコントロールを行うことで、結果的に外部刺激から守り潤い肌を導くことになるのです。
たばこ

 

保湿の魅力はトリプル乳酸菌で、すみずみまで潤うこと

ヤクルトでは、乳酸菌はっ酵エキス(ミルク)に続いて、乳酸菌はっ酵エキス(アロエ)も開発しています。
アロエの乳酸菌発酵エキスは、薬効の高いアロエベラの葉肉を乳酸菌で発酵しています。

また、ヤクルトの乳酸菌発酵技術は、発酵だけに留まらず、高品質のヒアルロン酸も作り出すことに成功しています。
高分子ヒアルロン酸は、通常のヒアルロン酸より水分保持力が高くなるということです。

ヤクルトのリベシィシリーズには、このトリプル乳酸菌を配合しているのです。
美白シリーズでも保湿シリーズでも、乳酸菌が根底にあります。

 

乳酸菌化粧品は沢山あるけど

巷で流行りの乳酸菌コスメですが、乳酸菌の種類や精度が不明のものばかりです。
ヤクルトの乳酸菌は、今も健全で多くの人に飲まれています。

腸とて、人の体の一部で、腸内環境を良くすると定評のある乳酸菌なら肌にもよさそうです。
代田博士が考えたとおりでしょう。

使われている種類や質が、分かっているヤクルトのものを、まず最初に試してみるのはどうでしょう?
↓ 私が、リベシィホワイトトライアルを試したレビュー記事をこちらに書きました。


スポンサードリンク