広告 

真剣に悩むのはほどほどにして、毎日楽しい気分ですごそう

丁寧なスキンケアでも上手くとれない顔のくすみは、自然な光沢感のあるメイクアップで解決できそうです。悩み続けるより速攻効果を実感した方が、精神衛生上も良いですよ。

あれこれ考えずにやってみて、『うん』この手があったのかと素直に思えたのは、オーガニックメイクアップを知った瞬間です。
つけてみて一言。『顔が引き締まって表情が明るく』なりました。
オーガニックメイクアップ

 

安心であることと自然な光沢感があることが、決め手

メイクアップは伸びと定着力、1日中動く顔の上にのり続ける持続力が必要です。
何気なく毎日使用しているチークやリップですが、女性の満たされた気分を提供するために、少なからず肌に害のある成分が入っています。 メイクアップの害は、知ってはいるもののやめられないのが、女性だからでしょうかね。

多くの美容雑誌で掲載されない月はないと言われる、rms beautyコスメ。
創設者の ローズ・マリースウィフトさんは、ある日、医療機関で検査をした結果をこう伝えています。自身の血液の中に、アルミニウム、バリウム、カドミウム、鉛、水銀の他、化学物質の高いレベルの貴金属が含まれていたというのです。

ローズ・マリースウィフトさんのこの経験から、メイクアップを開発します。
女性が毎日使用する、メイクアップは、肌に優しい素材でオーガニックでという主旨でつくられたのが、rms beauty化粧品となります。

紫外線も年齢も重ねた分だけ肌は素直に反応しますし、免疫力も弱くなっていきます。メイクアップで一気にくすみを晴らして生き生きしたいのは、ヤマヤマですが、肌に負担をかけてはと嫌煙する方もいます。逆にくすみの原因になるのを、恐れているからです。

でも、ちょっと考えてみてください。入浴後の顔の蒸気が残っているツヤ感は、ちょっとぐらいのクスミやしみなんて、気にならない魔力があると考えませんか?
茶色系のおかずばかりのお弁当に、プチトマト1個入れるだけで、心が華やぎますでしょ?顔だって同じだって思ってしまったのです。カラーメイクの威力も、おべんとうと同じかな?(笑)

しかも、肌に負担をかけない安心なメイクアップなら、どうでしょう?使ってみたいと思いませんか?

rms beautyは、海外セレブの御用達といわれていますが、リップ以上の容量が入っていて、チークとリップを兼行することができる『リップチーク』があります。これって、実はお得なんじゃないかって気がしています。
オーガニックメイクアップ

 

rms beautyは優しいだけじゃない!

rms beautyの方に聞きましたが、これほど雑誌に掲載されるのは、依頼しているからではないそうです。
この人気の理由は、下記のような有害物質を入れていないことと、ベースオイルにココナッツオイルを使用していることです。

  • シリコン、パラペン
  • 合成香料、合成防腐剤
  • 遺伝子組み換え原料

 

但し、女性をキレイにするために欠かすことができないカラーに関しては、微量の着色料が入っているそうです。着色料は、全ての商品に入っているわけではなく、入っていない物もあります。

 

スポンサードリンク
オーガニック認定を取得したココナッツオイル

ココナッツオイル美容が流行ですが、ココナッツオイルの中のラウリン酸に、スキンケア作用があります。免疫力が低下したゆらぎはだの方や、アトピーアレルギーのある方でも、反応が起きにくい成分でもあるのです。

ラウリン酸は、熱に弱いために、熱を使用しない『遠心分離法』を用いてココナッツオイルを抽出しています。
ココナッツはタイ産で、オーガニック認定を取得した有機ココナッツとなっています。

ココナッツの保湿力で、外気の乾燥や紫外線、細菌などの物質から肌を守り、保湿力を持続させることが可能です。ほどよい体温で暖められたココナッツオイルは、肌に吸い付き、長時間メイクの崩れを防いでくれるはずです。
ココナッツの木

 

ルミナイザーで、自然な光沢感をゲット

rms beautyのラインナップの中で、1つは持っておきたいハイライターに、ルミナイザーがあります。
色は、白。目頭、まぶたの中央、鼻筋、リップ、鎖骨などに、使用して自然な光沢感を出すことが可能です。

私の場合、ピンポイントでつや感を出すことで、目がいきがちなたるみ感が薄れていきました。
特に、鼻筋にしっかりと入れると中央に視線が集まり、引き締まって見えます。キラキラした表情が、くすみがちな肌を意識させずに、明るい表情にしてくれたのです。

指でとって、気になるところに馴染ませるだけです。つけた瞬間は、まったくつけた感がありませんが、遠目に鏡で映し出してみると、違いにびっくりするはずです。
白いハイライター

 

もっと、小顔をと望むなら、『マスターミクサー』と呼ばれるローズゴールド色を使います。頬骨の少し下の位置に影を作るように伸ばすと、立体感を出すことができます。
また、チークやシャドウの下地に使うことで、ヌーディーなつや感を実感することが可能です。

 

一瞬どぎついと思うけど、つけると自然につや感を引き立てた

リップメイク用に用意された、リップチークやリップシャインは、一瞬どぎついと感じました。
ただ、rms beautyのメイクアップは、いずれも混ぜ合わせて使うことができるために、色の彩度を落とすことは可能です。

是非最初にそのままでつけてrms beautyの発色感を、知ってもらいたいと考えます。リップをつけるかつけないかで、肌全体の透明度が上がるからです。
オーガニックメイクアップ

 

ほとんどの方がくすみを際立たせないように、抑えめのブラウン系のリップにしているようです。
私も、その一人でしたが、リップチークの中でも『スマイル』を使用してみて、意識が変わりました。唇も肌も、透明感を上げることができたからです。
オーガニックメイクアップ

 

リップチークは、頬にも使うことが可能で、薄くのばすことで、血色の良いふっくらした肌質が演出できました。

スポンサードリンク