オーガニック日焼け止めだからと、化粧のりを諦めては駄目よ

日焼け止めは肌負担と化粧のりの程良いバランスで選ぶ

肌の免疫力や再生力は、外部から受け続けた刺激の量に反比例します。二の腕やお腹は、真っ白でしなやかは肌であることから、そう断言できるのです。

今使っている日焼け止めやファンデと比較して、より肌に優しい処方であって、化粧のりも満足のいくものであれば、使ってみたいと考えるはずです。ただ、このより肌に優しい処方というのが、人によって様々です。

オーガニック化粧品がブームですが、肌に優しい処方の選択肢のひとつです。今年7月にオーガニックなのに、医薬部外品の美容液を発売した、HANAオーガニックの日焼け止めに興味を持ちました。

オーガニックというとどうしても、安全性だけを優先させて、見た目は度外視のイメージがあります。でも、安全性だけではないと、感じたのです。HANAオーガニックの日焼け止め 『ウェアルーUV』は、化粧下地やファンデに求められる肌質感も充分に考慮されています。 ウェアルーUV

日焼け止めの安全性を、情報に振り回されず考える

こう言ってしまうと元も子もないありませんが、肌につける化粧品は少なからず異物ですので、肌に優しい訳はありません。ただ、紫外線のダメージの方が蓄積して肌老化につながるために、日焼け止めを利用しています。紫外線ダメージと日焼け止めの肌負担を、天秤にかけて、日焼け止めの肌負担を問題にしていないわけです。

巷で言われている日焼け止め成分の紫外線吸収剤と、紫外線散乱剤についてもですが、日焼け止めには、この2つだけが、配合されているわけではありません。ファンデであれば、色素やタール、界面活性剤、防腐剤、油・・・と同時に配合されていますし、日焼け止めにしても防腐剤や界面活性剤・・・が入っています。 これらの物質が、肌に悪い影響を与えるかもしれません。多くの物質は、温度変化や酸素、空気中の細菌などによって変質するものだからです。

紫外線散乱剤以外の他の物質も含まれているのに、『紫外線散乱剤の日焼け止め』という表示だけで安心していてはいけません。といっても、多くのコスメメーカーは、数知れないほどの検証を繰り返していますので、そう不安がることもありません。 ウェアルーUV

紫外線散乱剤入りの表示にもリスクはある

それでも、安全志向が強い方はいます。より、綺麗な肌を保ち続けたいと、考えるなら当然です。

紫外線散乱剤入りで、他の成分の安全性も明確に分かるファンデといえば、ミネラルファンデーション。ですが、私はミネラルファンデーションだけをつけて、真夏の炎天下の中を歩き続ける勇気はありません。肌に密着する機能を持たないミネラルファンデは、直ぐに汗と皮脂で落ちてしまいます。

紫外線散乱剤の成分である酸化亜鉛や、酸化チタンについて考えてみます。その分子量は、光の波長と比較すれば、限りなく大きいわけですので、酸化亜鉛同士の隙間から余儀なく光は侵入してしまいます。

多くの紫外線散乱剤配合のファンデで、酸化亜鉛や酸化チタンをナノ化している理由は、UVカット率を上げるためです。ナノ化によって、肌馴染みが上がり、白浮きも抑えられることもあります。しかし、肌に浸透し、特に発がんのリスクがある酸化チタンは、ちょっとリスキーなのです。

正直なところ、肌負担ゼロではないと薄々感じながら、カバー力や化粧持ちとのバランスで選んでいるのが、私の現実ではあります。

HANAオーガニックの安全性と化粧のり

ウェアルーUVを使ったことがありますが、石油由来成分を一切使わず、さらっとしたヴェールのような肌馴染みが魅力です。日焼け止めの厚ぼったさはなく、薄く延ばすことができて、ファンデのノリも自然です。下地が薄いから、長時間たっても、化粧崩れが起こりにくく快適なのです。

防腐剤もオーガニック植物で代用

日本には、外国と違ってオーガニック化粧品の認定機関がありません。そのため、オーガニック栽培された原料が、ひとつでも化粧品に配合されていると、オーガニック化粧品と表示してしまうメーカーもあります。

全世界のオーガニック化粧品の基準は、石油由来の成分を禁止、オーガニック植物の原料が50~95%以上配合していることです。HANAオーガニックもこの基準に従っています。

下記の図を見てください。多くの化粧品では石油由来の化学成分に頼らざるを得なかった、防腐剤、乳化剤、油を、大根、オリーブ、米胚芽・椿・月見草で、代替えさせています。水に至っては、ダマスクバラ花水を使っている念の入れようです。 HANAオーガニック成分

ナノ化していないのに厚ぼったくない

また、紫外線カット成分をナノ化させるのではなく、大きな粒子のまま使用しています。従来、大きな粒子のまま配合するノンナノ日焼け止めは、粒子同士が重なり、分厚くなることで白浮きやヨレに繋がっていました。HANAオーガニックでは、紫外線カット成分は肌に浸透させないまま、紫外線カット成分の粒子同士を綺麗な配列にすることで、白浮きとヨレを避けています。

石鹸で落とせる

日焼け止めを使用した時は、分厚いヴェールで覆われてベタベタ感が気になり、クレンジングを使わざるを得ません。メイクをしていなくても、クレンジングを使わなくてはならないことに、抵抗を感じていました。クレンジングの肌負担も、年齢を重ねた肌には堪えます。ウェアルーUVは、石鹸で落とせるんですよ。

また、単体で使用しても毛穴やシミを、光のコントロールで目立たなくさせてくれます。しかも、さらっとしていて乳液タイプです。人と会う場合は勿論、ちょっとお買い物で人目を気にしなくても良い時でも、いずれにも使えるのが気に入りました。 ウェアルーパウダー

現在、ウェアルーパウダーと一緒に購入すると15%安くなります。さらっとしたミネラルパウダーで、大切な人と会う時に、UVと一緒に使ってみてください。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク