広告 

メラニンコントロールと、ターンオーバー促進との両刀使い

プラセンタエキスの魅力は、メラニンコントロールとターンオーバー促進の両刀使いであると言うところでしょうか?

プラセンタ配合のスキンケアの種類も、増えました。厚生労働省で美白効果を認められていることと、生命の育む胎盤から抽出されるものであることから、とにかく凄いのイメージがあります。
白い椅子とマーガレット

 

プラセンターは、他の美白成分の働きをほとんど持っている

プラセンタと他の美白成分との大きな違いは、細胞分裂を促進させる作用があることです。
さらに、他の美白成分が持っているメラニンをコントロールする力も、ほとんど兼ね備えています。
ただひとつ、ビタミンCやハイドロキノンにあるような、メラニンの色を薄くする作用だけは、聞いたことがありません。

多くの美白化粧品では、メラニン生成が行われる課程の中で、どの時点で抑制しているのかを勢力を注いでいます。
メラニン色素が作られるためには、メラニンを作るように指令を出す情報伝達物質や、メラニンを作るチロシナーゼと呼ばれる酵素の働きを必要とします。
情報伝達物質や酵素の働きをブロックさせる美白成分を使って、ホワイトニング効果を上げているのです。

プラセンタも、チロシナーゼの働きを抑えます。
それ以前に、メラニン生成を促す遺伝子にも、プラセンタが阻害の指令をだしている働きもあります。

 

プラセンタを使うと何故火傷が治ると言われたのか?

肌の中に生成されたメラニンは、肌のターンオーバーの中で剥がれ落ちていきます。

スポンサードリンク

肌細胞が作られてから角化し、剥がれ落ちるまでの周期はターンオーバーと呼ばれ、若いうちは正常の期間で行われますが、加齢により遅れていきます。
ターンオーバーの遅れが、メラニンを排出させないまま、肌に蓄積させる原因となるのです。 これが、やがて悲しいかな、シミとなります。

ターンオーバーを促進させるには、肌奥の真皮層が充実していることが必要です。
皮膚全体も充分潤って、新しい肌が作りやすい環境になっていることもしかりです。
潤った肌を保ち続けるためには、皮膚を覆う角質層によって肌水分を封じ込めているかどうかにかかってきています。肌荒れを起こしていると、角質層は充分に働かないので、乾燥肌になってしまうのです。

プラセンタは、真皮層を充実させてなおかつ角質層も健康にさせることができる働きを持っています。

プラセンタを使うと、ターンオーバが促進されると言われているのは、角質層も真皮層も健康にするパワーを持っている為なのです。

 

真皮層をより健康にする

真皮層の70%を占めるコラーゲンを生成している、線維芽細胞を活性化させる成長因子を持っています。
他、肌を作るために必要なアミノ酸を豊富に持っていることもプラセンタの強みです。
コラーゲンそのものを肌に浸透させるには、その分子量は大きくてとても無理ですが、コラーゲンを構成しているアミノ酸なら、肌を浸透させることは容易です。

 

角質層をより健康にする

角質層の80%を占めるセラミドを増やす働きも、プラセンタにはあります。

プラセンタ自身が持つ、細胞分裂を促進させる力がさらに加わり、ターンオーバーを助けているのです。

昔から、プラセンタを使う事で火傷が治ったと言う話があるのは、プラセンタの中に含まれている多くの成分が、肌全体の至る所で働いて新しい肌を作りだしているためだったのですね。

スポンサードリンク