広告 

オバジC20セラムの人気の秘密を研究してみた

紫外線によるダメージは、年齢によるダメージより大きく、肌老化の80%を占めるそうです。年齢とともに乾燥をしやすくなり、さらに紫外線によるダメージを強くなります。ダメージは毎年少しずつ蓄積されて、疲れた肌の回復が難しくなっていきます。ピュアビタミンCとビタミンEの美容液

蓄積したダメージをリセットするにはビタミンCよね

ひとたび体調を崩してしまうと、どんどん悪くなっていくように、歯車が悪い方向に向かうと、肌だって一気に調子を崩しかねません。

考えてみれば、若いころは日焼け止めを塗らずに過ごしても、シミは増えなかったですし、寝不足でもくすみも気になりませんでした。ある年までは、無理も跳ね返していた肌なのに、毛穴やシミに気づき始めたら、一気にその数が増えていきました。

美容成分の詰まったスキンケアをあれこれ試し続けて、ため息が出ている人も多いはずです。崩れかけた肌の調子をストップさせ、整える方法は、紫外線に負けない肌環境を整えることです。だって、紫外線こそが、肌の元凶なんですから。

紫外線から守る救世主といえば、誰もが知るところのビタミンCです。好きなビタミンC美容液は、いくつかあるけど、ロート製薬のオバジC20セラムを、マジマジ見ていて、すごいことに気がつきました。

そう言えばビタミンCとビタミンEが配合された美容液ってない!

ビタミンCはビタミンEと助け合って働くので、食事から食べるには両方を、バランスよく食べるのが良いとされています。しかし、化粧品に関しては、その件に関しては触れられていませんでした。肌につける場合は、常にビタミンCのみです。

ビタミンCは水溶性ですので、肌を覆う皮脂へ浸透しにくくなります。そのために、油溶性のビタミンCを加えたり、カプセルに包みこみ独自の浸透技術で、浸透力を上げる工夫がされています。

また、ビタミンCとは別物のビタミンC誘導体で、肌に浸透させた後、肌内部でビタミンCへ変化させる方法もあります。

一方、ビタミンEは油溶性ですので、皮膚を覆う皮脂の油分になじんで、浸透力を上げられます。ところが、ビタミンCとビタミンEを、同時に配合している化粧品はありませんでした。

時々、クリームの中に配合されているビタミンEを見つけると紹介していましたが、ビタミンCとビタミンEの組み合わせではありません。実は、ビタミンCとビタミンEを同時に配合させることは、非常に難しかったのです。

二つの成分を同時に配合させることにより、酸化の進行をもっと、遅らせられます。肌内の水溶性の成分に対しての酸化抑制は、ビタミンCで、肌内の油溶性の成分に対しての酸化抑制は、ビタミンEで担当してくれます。

スポンサードリンク

ビタミンEは、こうした肌内部の働きだけではありません。肌の表面でも薄い膜を作り、肌を保護するバリア機能を正常に保つ作用があるそうです。

保湿力もちょっぴり自信のなくなった肌は、バリア機能も心もとなかったりします。紫外線、大気の細菌やほこりなどの刺激物を、油性のビタミンEで弾くことが可能です。太陽の光

ビタミンCの濃度って意識していなかった

もうひとつオバジCを見ていて気づいたことは、ピュアビタミンCの濃度を明確にしていることです。ビタミンCは、浸透力や安定性に配慮したものは多いのですが、高濃度を強調したものはそうありません。

オバジCの場合、ピュアビタミンC(別名アスコルビン酸)の配合濃度に応じで3種類に分けています。

  • オバジC5セラム(アスコルビン酸の濃度低)キメ、ざらつきが気になり始めた
  • オバジC10セラム(アスコルビン酸の濃度中)特に毛穴が気になり始めた
  • オバジC20セラム(アスコルビン酸の濃度高)キメ、ざらつき、毛穴、透明感のなさが気になり始めた

ちなみに、オバジC20セラムのピュアビタミンCの配合量は3gで、レモンに換算すると150個分のビタミンCが含まれているそうです。酸っぱそう。。。

従来は壊れやすいピュアビタミンCを、化粧品に配合することが難しいために、高い技術が必要でした。ビタミンC誘導体としたり、カプセル化したりなどです。

さらに、ビタミンCの濃度を上げると、逆にビタミンCの安定度が落ちてしまいます。高濃度なピュアビタミンCを、高安定な状態で角層まで浸透させることは、難しかったのです。パールネックレス

オバジC20セラムの人気の理由

上記にあげましたが、オバジC20セラムが人気である理由は、まとめますと以下の3つです。

  • 即効性のあるピュアビタミンC(アスコルビン酸)である
  • ピュアビタミンCとビタミンEを同時に配合している
  • 高濃度高安定性のピュアビタミンCである

上記の他に、女性の肌悩みに特化した成分を入れ込んで、使い続けた時、効果が実感しやすいような工夫がされています。毛穴の引き締め作用のあるアーティチョークなどを入れ込んだ、シグナルロックコンプレックス2の技術があります。肌の色を明るくするハイパーブライトニングC処方という、技術を使っているそうです。

ビタミンCにこだわり、肌悩みも考慮している、ちょっと魅力的な美容液の紹介でした。個人的には、あと、ロート製薬の他のスキンケアのようにリーズナブルな価格であれば、うれしいんですけどね。

スポンサードリンク