広告 

ビタミンCの欠点を解消したビタミンC美容液

つけた瞬間キュッと毛穴が引き締まって、フェイスラインも何故かスッキリ見えるビタミンCです。
元々、ビタミンCの働きの中には、シミ予防やシミ自身を薄くするとか、コラーゲンの生成を促すとか、ニキビ痕の凸凹肌にも良いと聞いています。

でも、それらすべての効果を実感できるビタミンCとなると、なかなか現れなかったのが、多くの女性の悩みでした。

医療用の浸透技術を使用して、ビタミンCをギュッと肌奥に押し込んでくれるのは、ビーグレンのCセラムです。
ビタミンCの働きを、全て手に入れてしまいたい欲張りな女性でも、きっと満足する浸透パワーです。
綺麗になりたい女性にとっては、決して諦めたくないビタミンCと考えているなら、一度は、試してみるべき価値はあります。
ビタミンC美容液

 

ビタミンC誘導体は進化している~♪

かつてのビタミンCは、酸化しやすいので、直ぐに使い切ってしまわないと変質してしまうことと、肌への浸透力が悪いことでした。

 

イオン導入器を使うから、使わないへ進化

今は、浸透力があって、賞味期限も気にしなくてよくて、通常の美容液のように、毎日お手入れにとりいれることが可能です。
酸化しにくいと言われるビタミンC誘導体の種類も増えました。

ビタミンC誘導体は、イオン導入器を使うことで、より肌の奥に送り込む方法でケアをしていました。
次第に、イオン導入器を使用しなくても、肌へ浸透効果があるものが開発されます。
イオン導入を使わないビタミンC誘導体は、本来、水溶性であるはずなのに、脂性のビタミンCを加えて、浸透力をあげているのです。

 

実はムダになるビタミンCもある

ただビタミンC誘導体は、ビタミンCを分解させたものを、肌に浸透させた後にビタミンCに再合成させるというものです。
全てのビタミンC誘導体の分子が、ビタミンCに変換できるわけではありません。そのため、本当のビタミンCより大量に使わなくてはならないと言われています。

しかし、ビタミンC誘導体は、低刺激で肌に優しいと言う特徴を持っています。
日本人は、ピュアビタミンCよりもビタミンC誘導体の方が、好きとも言われています。

スポンサードリンク

 

ピュアビタミンCも進化している~♪

一方、ピュアビタミンCでも、難題の浸透力と、酸化の問題を解決した化粧品も開発されています。
ナノサイズにまで分子を小さくし、カプセル化して空気に触れさせないようにすることで、酸化を防ぎます。
この浸透テクノロジーの技術を持っているビーグレンは、国際特許を取得しています。
ピュアビタミンCの名前は、Cセラムです。

 

高濃度、高浸透力でビタミンCのパワーを全開

高濃度なビタミンCが、浸透技術を借りて肌の奥まで届けられるために、多くの量は必要としません。

届けられたビタミンCは、メラニンを生成する組織メラサイトに働きかけ、しみを防ぎます。
ビタミンCには抗酸化力がありますので、しみやシワから守ってくれます。
できてしまったシミの色に働き掛けて、メラニンを漂白する働きも持っています。効果はゆっくりですが、使い続けることで、シミを薄くすることもできるのです。

 

ピュアビタミンCビーグレンのCセラムをつけてみました

ビーグレンを実際つけてみると、わかりますが、肌がじんわりと温かくなります。
じっくりと浸透しているためです。
ビタミンC美容液

 

ビーグレンの浸透技術は、医療現場で薬 を幹部に届けるために使われたQuSomeといわれる浸透テクノロジーを使用しています。
そのQuSomeの特徴は、

  • 同じ量のスキンケアと比較して3倍の浸透力
  • 真皮や表皮に多く留まり10倍の効果
  • 浸透後の効果持続時間は48時間
  • 通常のスキンケアと比較して半分の時間で効果を実感
  • 皮膚への負担を1/4に軽減
  • 医薬品にも使われる安全性と信頼性

薬用ともドクターズコスメとも、少し違ったバイオ基礎化粧品。
ビタミンC美容液で、効果を実感したいという方を満足させることができる化粧品です。

スポンサードリンク