広告 

ビタミンC美容液でガツンとキメたいという方

ぱぁーんとしたハリと、目が覚めるようなツヤは、保湿だけではなかなか難しいものがあります。肌の勢いをサポートしてくれるビタミンCとなれば、純正、混じりッ気なしのピュアビタミンCをと考えるのは、当然のこと。

さしあたって、日焼けをし過ぎた秋口や、肌荒れが気になる春は、やっぱりピュアビタミンCを使って、くすみベールを剥がしたいところです。紫外線の刺激や、肌荒れのダメージで溜め込んだメラニンは、色を薄くすることができるビタミンCを使えば、効果は早くなります。しかも、同時にハリやツヤが期待できるとなれば、尚更ですよね。
ピュアビタミンC Cセラム

ビタミンC誘導体でなくピュアビタミンCを求める本音

ビタミンCを使って、美白をと考えるのは自然なことです。シミにきく美容液で、誰の頭にも浮かぶのはビタミンC、或いはビタミンC誘導体でしょう。 そう言えば、ピュアビタミンCもあります。純粋なビタミンC?はて?

ビタミンC誘導体でなくて、ピュアビタミンCの方を選ぶ理由は、即効性を求めてのことです。ピュアビタミンCは、高濃度のビタミンCを肌内部で分解させることなく、効率よく働かせることができます。

ビタミンC誘導体は、肌に吸収された後に、体内にある酵素を利用して、ビタミンCに変換していきます。入れ込んだビタミンC誘導体のうち、変換されないままのものも多くあると聞きました。 ビタミンC導入器の電極を肌に与えて、押し込んだものの、有効に活用されるビタミンCは少ないのではちょっぴり悲しいですね。

ビーグレンのピュアビタミンC(Cセラム)ならば、ビタミンCをそのまま独自の浸透力で肌内部に浸透させるので、少量で高い効果を得ることができます。 しかも、カプセル化しているので、ビタミンCで肌荒れを防ぐこともできるのです。

医療現場で活用されている浸透力を使えば、しっかり浸透

ビタミンCは、美肌の王様と呼ばれるほど、多くの美肌効果を招きますが、その浸透力の弱さにあります。そのため、毛穴を引き締めたり、皮脂過剰でニキビ肌に悩む方が、皮脂を抑える効果のあるビタミンCで効果を実感することができるはずです。

ただ、しみや色素沈着となると話は難しくなっていきます。

スポンサードリンク

シミを改善させるためには、肌の一番外側の角質層よりさらに奥深くまでビタミンCを浸透させる必要があるからです。ビーグレンの浸透テクノロジーは、国際特許をとった医療現場でも活用されている技術なので、期待ができます。

ビーグレンのピュアビタミンCを、Cセラムと呼んでいます。
ピュアビタミンC Cセラム

ビタミンCのしみへの働きを、ちょっとおさらい

ビタミンCのシミへの働きは、大きくわけて3つあります。『シミ自身の色を薄くする』、『シミを作らせないようにする』、『既にあるシミを肌の外に排出する』です。
ピュアビタミンC Cセラム

シミは、肌を守っている角質層のさらに奥の顆粒層に存在します。角質層を通り、顆粒層に到達しなければ薄くすることはできないのです。

シミを作っている細胞はメラノサイトで、角質層よりも顆粒層よりもさらに奥の基底層にあります。ビタミンCは、メラノサイトに指令を送るチロシナーゼという酵素の働きを、阻害する作用があるのです。

シミを排出させるためにはターンオーバーを促進しなくてはなりません。ビタミンCは、ターンオーバーの要であるコラーゲンの生成を助けます。

ただ、その役割を果たすためには肌奥深く真皮層というところまで、ビタミンCが浸透しなくてはなりません。たとえ、ビタミンCが真皮層まで浸透しなくても、ビタミンCによって肌環境がよくなることで結果的にターンオーバーを促進させることにつながります。

真皮層は、顆粒層より基底層よりさらに深い所にあります。

塗る化粧品なので、国際特許の浸透力でもってしても限度はあるでしょう。でも、より深く浸透することで、その働きを上げることが可能だといえそうです。


スポンサードリンク