広告 

保水力が高い、プロテオグリカンって知ってる?

ドラックストア―で、ヒアルロン酸配合とかコラーゲン配合といった文字の入ったコスメを多く見るようになりました。
感覚的に、肌がプルンとするんだろうなとか、潤うってことはわかるけど、本当のところヒアルロン酸とコラーゲンの違いって何だろうって悩みませんか?
リビングのテーブルの上に植木鉢

 

ヒアルロン酸とコラーゲンはどっちも大切

どっちも、雑誌とかで見るので『きっと大切なのだ』と思い、交互に使おうとか、少量ずつ一緒に使おうとか考えたりするわけです。

どうやら、ヒアルロン酸は肌のキメを整えたり、コラーゲンはシワやたるみに効くのですが、実はどちらもバランスよく含まれていることで保水力が高い肌になります。

しかし、上記の成分がちゃんと入っている美容液であっても、浸透力がなかったり、ゴワゴワに硬くなった肌が邪魔して浸透しなかったりすると、乾燥肌対策はできません。

そのために、ヒアルロン酸やコラーゲンを小さくさせたり、コラーゲンを作る線維芽細胞に働きかけてコラーゲンの生成を促すグロスファクターを使ったりと、次々に頼もしい成分を見ることができます。

プロテオグリカンも その一つです。
白で統一した部屋

 

プロテオグリカンって何?

プロテオグリカンは、人間の体の至る所に存在して、膝関節軟骨の一部であり膝痛改善にサプリとして、飲んでいる方もいます。

ただ、15年前のプロテオグリカンは、1gが3300万円もする高価なものでした。
プロテオグリカンは、鮭の頭の鼻の部分に含まれているのですが、抽出するのが非常に大変だったのです。

そんな高価なプロテオグリカンのコストを、1g1000円までに下げたのは、新たな抽出方法を発見したためでした。
開発された抽出方法は特許技術になっており、従来、酸性物質を使っていたのを、アルカリ性に変えることで、大量に生成することに成功しました。

 

プロテオグリカン美容液を探す

プロテオグリカンの美容液は、色々ありますが、コストを下げたとはいえやはりお高いのには間違いがありません。

私は、ヒアルロン酸の130%もある保水力高さと聞いたからには、試さずにはいられません。
何と言っても、保湿は女性の肌の命、要ですからね。

できるだけ、良質なものを肌に負担無く使いたいと気持ちは、一生続くでしょう。

PG2ピュアエッセンスは、現在、半額キャンペーン中であり、同額のポイントが還元されると話しを聞いて、すっかりのせられて購入してみることにしました。
PG2ピュアエッセンス

スポンサードリンク

 

ヒアルロン酸とコラーゲンの魅力をおさらい

さて、プロテオグリカンの魅力は保水力ですが、実は、ヒアルロン酸やコラーゲンの生成をサポートする力があることが分かっています。まるで、成長因子のEGFのようですね。

ヒアルロン酸は、たっぷりの水分を抱え込み、水分を吸った細胞が膨れるので、キメの綺麗な肌にすることができます。
コラーゲンも水分を溜めこみますが、肌奥の真皮層に存在し、内側から肌を支えている弾力成分です。
真皮層の環境が最適であるということは、新しく作られる肌も潤っているということです。

 

PG2ピュアエッセンスを購入

PG2ピュアエッセンスは、10センチも満たない小瓶なのに、不似合いな大きな箱で届きました。
PG2ピュアエッセンス

 

箱から取り出してみたら、大切にプチプチのビニールに包まれて、銀色の圧縮した袋です。光が入らないようにしているんですね。
PG2ピュアエッセンス

 

銀色のふくろから出てきた青紫色、PG2エッセンス。
PG2ピュアエッセンス

 

スポイトで吸い上げて手にとってみると、美容液とは思えないほどサラサラな液体で、少し拍子抜けします。
顔に馴染ませても、ローションを塗って肌を、整えているような感覚です。
ただ、浸透は早くべたつき感がゼロ。何度でもスポイトで吸い上げて、つければどんどん入り込みそうな勢いです。
PG2ピュアエッセンス

ローションと違うのは、潤いが封じ込められて、直ぐにクリームが欲しくならないことが不思議でした。
さらさらなのに、しっかり働いてくれます。

つけ続けると、顔がスッキリして見えました。保湿力を補うだけって少し軽く考えていたけど、確かなものを使うとはっきりと違いが分かるものなのかと思いました。

さらさらの美容液なので、今使っているアイテムをそのまま使い、保湿だけを強化したい、冬やカサツキが見られる時など、手元に置いておくと肌が大分楽になりますよ。

スポンサードリンク