広告 

疲れ切った目元のケアに必要な成分が入っているよ

目の周りのハリが、気になる年齢になりました。気になる瞬間は、仕事後に鏡に映った自分の顔を見たとき。1日中パソコンに向かっているのだから、目の疲れもひとしお、まぶたの筋肉も衰え、目元の巡りだって悪くなっているはずです。

そんなお疲れが極限に達した目元の皮膚も、やっぱりお疲れです。 カサカサに乾燥したり、茶クマになったり、まぶたがたるんでしまったりと、目元の皮膚が次々と値を上げていきます。 パソコンとペンとめがね

目元の疲れは、目の疲労やアイメイクも関係している

実は、ぴーんと張るための肌力は、眼の疲労も原因なんですよ。目の周りに集まる、ツボを一つずつ押してみたり、ギュッと目を閉じて一気に目を見開くといった目のエクササイズを行ったりしてみます。でも、目元の皮膚はたるんでカサカサ状態で、元には戻りません。

シャドウやアイラインによる、目元への負担も気がかりです。それでも、アイメイクをやめることが出来ないのは、人前では少しでも大きな目でいたいという、女の意地があります。(笑)生まれながらの目の大きさを、抜きにしてもです。

アイメイクの負担を減らすには、目の周りが、たっぷりと潤いが保ち続けなくてはと考えていました。 アイメイク後の目

専用のアイクリームが必要な理由

通常のスキンケアだけでは、目元の保湿は持続不可能だって、ご存じでしたか?専用のアイクリームが、必要な理由です。

目の周りの薄い皮膚には、保湿成分を止めておく置くことが難しいのだそうです。

たっぷりの保湿成分を押し込めるよりは、ダイレクトに肌のハリやシワに働きかける成分が心強い!レチノールのアイクリームが、人気の理由はどうやらこの辺のところにあるようです。

目の周り以外は、保水力の高いスキンケアで、ハリも出すことができます。目の周りでは、無理なのですね。保湿成分に加えて、ハリ専用の成分は必要と、自分自身のことからわかります。

待望のレチノール配合のアイクリームが、続々と現れた

かつては、レチノール自体は不安定で取扱いが、非常に難しい欠点がありました。シワ用クリームにレチノールが良いと言われながらも、市場にその姿が見られなかった理由は、ここにあります。

スポンサードリンク

ドクターズコスメやサイエンスコスメを初めとする、技術革新によって、取扱いが難しいレチノールも普通に、化粧品に配合されるようになってきています。続々と、使うと思わず笑みがこぼれる、アイクリームが増えました。

とはいっても、やはり、新技術を搭載したアイクリームは高価です。 アイクリームが高価であっても、多くの女性は不満に思うことはありません。納得の使用感と効果で、満足してしているからです。 医療のイメージ

この価格でこの機能が・・・と目を丸くした

私が、キラリエ アイクリームを使った際、上述のアイクリームとひけをとらない効果でありながら、この価格なのかとびっくりしたのです。でも、何か欠点があるに違いないと思いながら使い続け、使い終わった後に、何も不満がありませんでした。それどころか、使い終わった後の使用感が軽くて、アイクリームが全然自己主張していないことに、あらためてびっくりします。

多くのアイクリームは、たっぷり潤っているとか、付けた瞬間ぴーんと張る感じとか、手で触れるといつまでもしっとり感があるといった、各々主張しているのですが、キラリエにはそれがありません。

アルコールが使われていないためでしょうか?すっごく、楽なのです。最初は、価格から保湿成分しか配合されていないから、こんなに楽なのだと感じていました。

写真はリニューアル前の、キラリエ2です。(現在、キラリエ3がでています。) レチノールアイクリーム

しかも、高価な成分がたっぷり入っている

でも、レチノールをはじめ、最新の注目成分であるペプチドを3種類も配合しています。最新のキラリエには、通常コスメで使われているパルミチン酸レチノールよりさらに、高価な生レチノールを配合してパワーアップを図っています。

保湿成分もやはり高価な水溶性プロテオグリカンと、耳慣れない最新成分であるメープルウォーターを配合させています。メイプルウォーターも注目の保湿成分なのだそうです。

オイルは、天然植物であるアボガド、ローズヒップ、ひまわり種子油、あんず核油を採用しています。

100日間返金保証付きで、びっくりするほど低価格なアイクリーム、1度手にしたら虜になるはずです。こちらから、実態を覗いてみてくださいな。

スポンサードリンク