広告 

腐らないリンゴと呼ばれたリンゴのエキス

シワができるのは、コラーゲン不足?
しみが残るのは、肌の新陳代謝が悪いから・・・
キメが乱れるのは、角層にある角質細胞がキレイ並んでいないから。。。
リンゴ幹細胞

 

どうしてリンゴ幹細胞なのか

”コラーゲンの生成能力が高くなれば”、”肌の新陳代謝が高くなれば”、”角質細胞を守る働きが高まれば”解決します。
肌老化の原因は、色々ですが、解決方法はシンプルです。肌の働きが活性化させることとなります。

と。
そんな発想から生まれたのが、成長因子成分です。
中でも、今最も注目なのは、リンゴ幹細胞となります。

珍しいリンゴから抽出されるエキスに、不思議な力が備わっています。その力とは、植物の幹が次々と枝を伸ばし、美し花を咲かせる根源であることからとなるのです。

 

どんな種類のリンゴなの?

リンゴ幹細胞とは、冷蔵技術のない、18世紀中ごろ、長期保存を目的に改良された西洋リンゴのひとつです。
名前は、「ウトビラー・スパトラウバー」。

このリンゴは、酸味は強いものの、そのまま放置しておいても、しなびていくはずのリンゴの皮がぴーんと張ったまま、4カ月たってもそのままだったといいます。

ウトビラー・スパトラウバーの中では、自らを複製させるために次々と細胞分裂を作りだしています。
新しい組織の再生能力が高く、いつまでも鮮度を保つことができるので、『腐らないリンゴ』と言われるようになりました。

スポンサードリンク

腐らないリンゴは、希少価値の高いもので、20本しか現存していません。

 

化粧品にも配合されている

ミベレコスメティック社が、腐らないリンゴから抽出したエキスを、人工培養で増やしリンゴ幹細胞を作りだしました。
リンゴ幹細胞は、肌に浸透しやすいようにナノ化されます。

リンゴ幹細胞を、化粧品に配合することで、エイジング効果が期待できるようになったのです。

リンゴ幹細胞化粧品は、 エドヴォスのスキンケアや、 MCBBクリーム等で、使用されています。
使ったから直後から効果が実感できるわけではありませんが、長い目でエイジングケアができる人にはおすすめです。

肌に長時間つけている、BBクリームにこうしたパワーある成分が入っていれば、心強くはないですか?

自己再生能力をもった植物は、リンゴ以外にもあったようで、イマージュが開発した フィトリフトは、フィト発酵エキスという植物性エキスを発見しています。
フィト発酵エキスは、成長因子としてもっとも効果の高い、プラセンタより高い働きをすると書かれていました。

成長因子成分が、植物から見つけられたなんて、衝撃ではありませんか?
色々ある肌の悩み、幹細胞化粧品だけで解決できれば、まさしく万能エイジング化粧品ってことになります。
ワクワクしませんか?

スポンサードリンク