顔のリンパの流れは、表情筋を鍛えてアップさせれば美白も叶う?

広告

化粧品もサプリも使わない美白ケア

先日、冷え取りの講習に出ましたが、今や女性の美肌も化粧品でもサプリでもなく、体の中の巡りを良くするというアプローチも加わっています。慢性の冷えは、くすみやくま、肌荒れに繋がります。 ワンピースが掛けられた部屋

体の巡りを良くしているのは、筋肉

『化粧品だけで、直ぐに効果が出るようじゃそりゃ、ちょっと怖いよね』って思いますよね。人はなかなか変わらないから、ちょっとぐらいのストレスでも耐えられるようになっているんですもの。

冷えの原因は、血行の悪さです。血行を良くするためには、運動をして筋肉を鍛えることです。心臓から送られた血液が、再び心臓にもどるのは、心臓のポンプだけの貢献ではありません。足の筋肉が血流のポンプ役を果たしているのです。

血行が悪いから、むくんだり、冷えが生じたりするのですよね。化粧品だけで、白くならないわけだわ。。。 ダンベルの女性

顔の巡りを良くしているのも、筋肉(表情筋)

顔も同じなのです。

そう。顔代謝が衰えて、年をとる毎にクスミが強くなるのは、顔の巡りが悪いからです。巡りを良くしようと、リンパマッサージなどもありますが、正直、顔に負荷をかけて、シミになったり小ジワが増えたりするのを心配しながらやるのは、嫌だわって思っていました。だから、美白ケアは、化粧品とサプリしかないって考えていたのです。

でも、しわやたるみのことが随分分かってきています。こともあろうことか、大学教授のお偉いさんまで、顔の筋肉や細胞の事を研究し始めています。時代は女性の『美』、中心に回っているんじゃないかしらって思うほどです。

なるほど、研究のかいがあって、絶対難しいと言われていたしわやたるみの化粧品やサプリメントも次々に出てきています。教授も関与しているんだから、ちょっとは違うんじゃない?って女性の私は思うわけです。

同じように、自身の力で表情筋を鍛える研究もされています。体の筋力トレーニングのように。今のところ、研究の目的は、しわやたるみだけど、表情筋を鍛えるっていうことは、それ以外の副産物も沢山あると思うの。

スポンサードリンク
表情筋と美白の関係

表情筋を鍛えれば、巡りが良くなり、リンパの流れも良くなります。顔に溜まりがちだった毒素などの不要物が排出されて、デドックス効果になります。不要なものが無くなれば、外から与える美容成分の吸収率も高まるし、隅々までいきわたります。

自身の顔を動かして表情筋を鍛えるのだから、リンパマッサージの時のように指と顔の摩擦を心配することもありません。マッサージ中に皮膚にシワを作り、折ジワになってしまうのではという心配もないのです。

老廃物が排出され、有効な美容成分が肌にいきわたるようになると、肌代謝が上がり、新しい肌を作る周期が短くなっていきます。肌代謝が上がれば、肌内部に溜まっていた憎っくきシミの素、メラニン色素も排出されやすくなっていくのです。

顔の口輪筋を鍛えるために開発されたPAOいいよ

GMTで、PAO(パオ)というフェイシャルフィットネスグッズを作りました。

私?わたしは・・・・そりゃ、買いましたよ。あたりまえじゃないですか! PAOフェイシャルフットネスグッズ

PAOは、口輪筋をはじめとした他5つの顔の筋肉を鍛えるために作られたものです。

ご存知でしたか?表情筋のなかでも、特に口輪筋が衰えると、リンパの流れが悪くなると言われています。その訳は、口輪筋が他の多くの表情筋とつながっているからです。口輪筋を、鍛えることにより顔中の表情筋を鍛えることにもなるのです。

一番先の冷えの話をしましたが、体の運動したらすぐに冷えがとれるわけではありません。でも、筋肉が人の体に果たす役割は大きいと思います。顔とて、表情筋の役割は大きいのです。

化粧品もサプリも使わない美白ケアを、PAOで加えてみませんか?あっ、あと、やってみたらすっごく楽しいですよ。

スポンサードリンク