広告 

食品だから安全面でも安心、上手に利用しよう

お茶は、飲んでもつけても美容に効果があると言われています。特にビタミンCが含まれているために、シミやくすみ対策に有効です。天然植物成分で普段口にしている食品の一つであるので、安全面での不安もありません。

緑茶が美肌に及すパワーって、一体何なのか説明します。 急須とお茶と湯飲み

血流と免疫力アップでシミ体質を改善させたい

お茶には免疫活性化作用が科学的に証明されていますし、緑茶をよく飲む静岡県掛川市にはガンになる方が少ないデータもあります。体全体を健康にする、飲み物のひとつです。シミができやすい体質の方は、免疫力が低下している証拠です。免疫をアップさせるため情報は豊富にありますが、緑茶のパワーを語り始めればつきません。

緑茶に含まれているカテキンには、殺菌作用があり、悪玉コレステロールを下げる働きがあるために、血流をアップさせてくれます。病気の元である細菌や有害物質が体内に入り込んでも、なんとなく、頼りにできそうな働きではないですか?

美容に良い成分も豊富に含まれています。βカロテン、ビタミンC、ビタミンE、アミノ酸、亜鉛、セレニウムなどです。しかも、緑茶に含まれているビタミンCは、高温でも壊れにくいと言われています。毎日、急須でお茶を飲む生活を続けていれば、そこそこ美肌への効果も期待できそうです。

お茶の欠点は、カフェインが含まれているために、利尿効果が高く水分を貯め込めないことです。美肌には、水といわれているけど、体への吸収時間が短いのは難点です。このような反対意見の方向けに、カフェインの入っていないお茶などもあります。

スポンサードリンク

しかし、同じカフェインが含まれているコーヒーと比べるとカフェインの量は、インスタントコーヒーでは半分、ドリップコーヒーでは1/4の量です。高齢者や妊婦さんなら気にする必要がありそうですが、そんなに神経質になる量でもないのです。

抗酸化力と抗炎症でしみを予防させ続けたい人

あまり緑茶を飲む機会が減った今の女性なら、肌に直接つけるケアが向いているかもしれません。

スーパーへ行けば、お茶の葉をすりつぶした粉状で、売られています。肌に直接つけるのだから、農薬や化学肥料が心配という方向けに、無農薬のお茶の粉も売られています。値段も400円ぐらいで、かなりお得。

お茶の粉を水で溶いて、コットンに含ませれば、お茶ローションのできあがり。お茶の粉に小麦粉を混ぜて、顔にのばせばパックができあがります。例え、お茶の粉1袋を使い切ったとしても、1回400円分のコスパです。美容液がたっぷり含んだシートマスクと、比較すればそう高くもありません。

緑茶に含まれるカテキンやビタミンCは、紫外線から肌を守ってくれます。ベーターカロチンやアミノ酸、亜鉛は、肌を作る上で必要な栄養です。

こうしたビタミンやミネラルが総合的に働いて、美白や毛穴の引き締め、肌を作りかえる周期を正しくさせていきます。

ただし、美肌のために作られている化粧品とは異なり、ナノサイズまで細かくして浸透力を高めたり、保湿に役立つ油分などは含まれていません。緑茶美容の後は、少なくとも油性クリームでフタをしておけば、お茶の有効成分が蒸発することなく、効果の持続を期待できます。使いながら、足りない部分を手持ちの化粧品で補う必要もあるでしょう。

こうした欠点を補えば、天然成分であり保存料やアルコールを含まない、新鮮な化粧品です。

スポンサードリンク