女性ホルモンを味方にする美容法

広告

リラックス効果を利用して、賢く女性ホルモンを安定させる

恋をすると綺麗になる、普通の女性がアイドルになった途端美のオーラを放つなど、良く知る話です。注目を浴びたり褒められると、心地良くなり『もっと綺麗になろう』と、やる気ホルモンであるドーパミンが分泌されます。同時に、美のホルモンと呼ばれる女性ホルモンの分泌も促され、どんどん綺麗になっていくのですよね。美を加速させてくれる、嬉しい環境です。 海辺の恋人同士

恋をしたり褒められたりすることは、他の人の存在が必要です。自らの力で、美肌を錯覚させる状況を作り出せば、常に綺麗な状態を保てると考えます。

美肌を錯覚させる香りや音楽や色は、やる気ホルモンを促しますし、女性ホルモンも増やす作用があります。

美肌を錯覚させる状況を自らで作り出す

ローズやゼラニウム、カモミールなどを、天然の花の香りを入れ込んだ化粧品が、増えました。まさしく『これを使うと綺麗になる』と美肌を錯覚させながら、ちゃっかり女性ホルモンを増やすパワーが頂ける美容法なのです。 女性が綺麗だと思い込むことは、次のステップが踏み出せる前向きな気分になれます。

美しい音楽や色、香りに触れることで、心が浄化され、綺麗になった気分になれる錯覚の原理を狙うのです。無論、充分に今綺麗な方も、ワンランクアップが期待できるはずです。

香りが脳に働きかける

介護ブログを書いている私ですが、認知症にアロマの香りが良いと言われています。認知症のアロマセラピーである鳥取大学の浦上克哉教授は、脳の若返りが期待できる4種類のアロマで、認知症の治療薬とほぼ同等の効果を確認できたと発表しました。

香りが記憶を呼び戻したり、食べ物の匂いを嗅いだだけでよだれがでたり、異臭を嗅いだだけで気分が悪くなったりするのは、匂いが脳に働きかける刺激が強いためです。脳の中でも、大脳辺縁系という人間の本能的な部分に、直接匂いの分子が到達するためです。

同時に、アロマオイルの香りの種類に応じて、リラックスさせたり、興奮したり、やる気を起こさせたりすることが可能です。香りが、脳の中で刺激を感じ、その刺激に応じて脳から指令が送られているためようです。

バラの香りのリラックス効果やリフレッシュ効果

バラの香りに、リラックス効果やリフレッシュ効果があることは、西洋のアロマテラピー、東洋のアーユルヴェーダ、漢方などでも定説となっています。

ストレスを感じた人間は、コレチゾールを分泌します。コレチゾールが増え過ぎると、イライラしたり、やる気が無くなったり、記憶力が低下したり負の連鎖です。よく、イライラしている方が貧乏ゆすりをしますが、あれ、コレチゾールが増えすぎている状態ですよね。

スポンサードリンク

バラには、コレチゾールのホルモンを抑え、自律神経のバランスを整えてくれる働きがあります。

女性ホルモンが減少する原因には、年齢的なもの以外に、日々のストレスの増減が関わってきています。職場やバイト先などの人間関係で張りつめていた1日の疲れを、バラの香りでリセットして、リラックスモードに導くことは、女性ホルモンを減らさない方法でもあります。

また、バラの心地よい香りが、過去の気分の良い記憶と結びついたり、咲き誇るバラ園を連想させることで、美肌の錯覚効果にも繋がると考えます。 バラ園

音楽が脳に働きかける

同じく介護ブログを書いていて知ったことですが、音楽を聞いている人の脳の中では、電気信号のやり取りが物凄いのです。音楽療法は、香りと同様に認知症に効果があります。 香り以上です。
音符

音楽を聞くことで、快感を感じ、楽しい、嬉しいなどの感情を呼び戻します。脳内神経が活性化され、漠然としていた不安も無くなり、やる気も促されていきます。

特に、人間の脈拍数に近いスローテンポな音楽は、リラックス効果を生むと言われています。 さらに、1/fの揺らぎは、脳波を安定させ集中力を高めるので、1/fのリズムのある音楽は特に、リラックス効果を上げられるのです。

音楽の中では、バストアップの繋がる曲もあるようで、YouTubeなどに上げられていますから、興味があればやってみても良いかもしれません。言いたいのは、音楽と脳、音楽と女性ホルモンには、何らかの関係があるってこと。

就寝前の音楽は、自律神経のバランスを整えて、女性ホルモンの分泌を促してくれるからです。

ペットで癒されると女性ホルモンが増える?

香りも音楽も、興味ない方もいるはずです。或いは、バラの香りが好きでない女性の場合は、ペットで心を癒してください。 猫の鉄棒

ペットの可愛いしぐさを見て、『思わず可愛い』と口にした時は、動物に感情移入して、自分自身も可愛い女子になっていると感じているはずです。

巷で言われるミラーニューロンシステムで、他者の行動を見ているうちに、自分も同じ行動をしているような気分になれる共感の心理です。自分が可愛いと思った瞬間、やる気ホルモンがでて、美の加速連鎖を狙います。

また、ペットと触れ合うことで、愛情のホルモンであるオキシトシンが脳内に分泌されます。日中のストレスから解き放たれ、心を安定させて幸せな気分になれる瞬間です。今まで書き続けてきましたが、このリラックスが、自律神経のバランスを整え、女性ホルモンの分泌を促します。

スポンサードリンク