フラーレン化粧品で、肌老化の原因の酸化の悩み解消

広告

何千年も生きる松のエキスのパワーを信じる?

紫外線が強い、ニュージーランド、フランス、フィンランドの海岸に生息する松の樹皮エキスに、『フラーレン』が含まれています。紫外線に強い地域で、帽子もかぶらず(?)に生命を維持し続けている植物の仕組みを、人の肌に頂いてしまおうというのがフラーレン化粧品となります。

人と違って、何千もの間生き続けることができる植物の仕組みにも、神秘的なものがあります。

最近徐々に、フラーレンの肌効果も解明されてきて、日焼け防止やコラーゲン生成能力も高いと言われ始めています。皮膚科や美容の専門家の方達の間でも、注目の成分なのですよ。

加齢以上に肌を老化させるもの

人の肌老化は、純粋に年齢だけで衰えていくわけではありません。紫外線も、洗顔時の洗顔料の刺激も、食べ物も、精神的なストレスも、肌老化の原因です。

特に紫外線は周知のとおり、日焼けの炎症があれば、防衛するためにメラニンが過剰に生成されれます。メラニンには色がついていますので、肌をくすませたりシミになっていくのですね。

肌が充分に潤っていれば、外部刺激から守り紫外線の侵入を防ぐことができます。さらに、抗酸化力が強ければ、例え紫外線が肌内部に入り込んだとしても、メラニンの生成を抑えることができます。メラニンはご存知のとおり、シミの元ですからね。

スポンサードリンク
日焼けによる肌老化

紫外線の中には波長が長く、角質層を通過し肌奥の真皮層にまで届くUVA波があります。真皮層には、コラーゲンやエラスチンといった肌の土台や、ヒアルロン酸やプロテオグリカンといった潤い成分で満たされています。弾力の元であるコラーゲンが、ダメージのために変形したり減少すると、たるみやシワの原因となってしまうのです。 イメージ画像

ストレスによる肌老化

紫外線対策が充分だから、しみの心配はないと安心はできません。紫外線を受けなくても、喫煙やストレスが多い生活をしつづければ、透明は肌は遠のきます。煙草やストレスは、体の中を酸化させてしまうためです。

フラーレンの肌老化

フラーレンは、クロトー博士が発見し1996年にノーベル化学賞を受賞した成分です。ダイヤモンドと同じ炭素同素体で、サッカーボールのような形をしています。

抗酸化力が強く、ビタミンCの125倍。さらにコラーゲン生成能力も高く、プラセンタの800倍となります。

フラーレン配合のジープラス化粧品

ドクターズコスメが開発したフラーレン配合のコスメに、ジープラス化粧品があります。

ジープラス化粧品が面白いなと思ったのは、プラチナナノコロイド(白金)を配合していることです。美容にうるさい女性が好むと言われている、プラチナナノコロイドは、知る人には魅力となります。

フラーレンのパワーを充分に引き出し、ワンランク上の美白ケアを望む女性にはピッタリ!

スポンサードリンク