広告 

生理前の吹出物はデリケート、ゆらがない肌をるくりたい

正直、相澤皮膚科クリニックの相澤院長が、提唱した女性の生理前ホルモンニキビのサイトを、見た時ぎょっとしました。あれから、数年経た後、生理前の吹出物は、ごく普通に語られるようになりました。 女性のドレッサーの前

生理前の吹出物から、生理周期に合わせた肌環境が明らかに

思えば、オルビスの”繰り返すニキビ”や、他コスメメーカーの”なおらないニキビ”といった宣伝コピーは、生理前の吹出物を指していたものだったと改めて思うのです。はっきり言葉にできないけど、分かる女性だけへのメッセージと言うことなのでしょうか?

ただ当時は、生理前になると吹出物を作る女性が多いと言った状況証拠のみが増えるばかりで、その原因も対策も明らかになっていなかったのです。ホルモンバランスのせいだから、解決方法が難しかったのかもしれません。

肌環境悪化の犯人は、黄体ホルモンだった

昨今の皮膚科医の書籍によると、生理前になると、何故、吹出物ができるのかといったことが明らかにされています。どうやら、女性の整理周期に合わせて肌の状態が、変わることが分かったのです。

排卵期を境に、卵胞ホルモンと黄体ホルモンが入れ替わります。生理前の肌荒れや、吹出物の原因は、黄体ホルモンに原因があることが明らかにされてきました。

卵胞ホルモン(エストロゲン)とは

卵胞ホルモンは、生理が終わりかける頃から徐々に増え始めていきます。排卵日にホルモンの分泌は、ピークに達するのです。

ホルモンの影響で、肌水分量を上げ、コラーゲンの生成を促してハリをもたらします。美肌ホルモンと呼ばれていて、体も女性らしいふくよかな体型に導いていきます。

この時期は、多少の無理も肌の免疫力が高いことから、活発な行動が可能です。ピーリングや顔そり、新しい化粧品への切り替え、パーマや脱毛も、生理後から排卵期前後までのこの時期に行います。

排卵後は、卵胞ホルモンは減少していき、黄体ホルモンと入れ替わります。

黄体ホルモン(プロゲステロン)とは

黄体ホルモンは、生理前1週間ぐらいに分泌のピークを迎えます。

母体が胎児を守るためのホルモンなので、何でも、体が溜め込むようになります。水分を溜め込み、くすみやくまに悩みがはじまります。血流環境を促すために、静脈マッサージなどを取り入れると、違ってくるはずです。

スポンサードリンク

また、黄体ホルモンの影響で皮脂分泌が盛んになり、毛穴が詰まり吹出物ができやすくなっていきます。生理前の吹出物の、悩みの始まりです。一方、肌の乾燥もおきやすくなるのです。乾燥することから、シミができやすい時期でもあります。

体調も、PMS(月経前症候群)と呼ばれる、イライラ時期に突入します。

黄体ホルモンは、甘い物を食べたくなる性質もあるので、欲求のまま食べてしまうと、ますます吹出物を悪化させる原因となります。ココは辛抱のしどころと考えて、我慢の時期です。

黄体期のスキンケアは、保湿を重視させ、体は冷やさないように心がけます。軽い運動や有酸素運動を行って、汗を流すのもデドックス効果が期待できます。PMSが酷い場合は、ピルなどを飲むとホルモンバランスのコントロールも可能になります。

ゆらがない肌作りは、生活習慣、スキンケア、食べ物で

ホルモンによって変化する肌環境に対応するには、肌自身を強くする以外にありません。

生活習慣

卵胞ホルモンが優位な時期は、多少無理な仕事も積極的に取り組み、イベントでお酒を飲むなどしても大丈夫です。黄体ホルモンが優位な時期は、気持ちをリラックスさせて、静かな生活を心がけます。

スキンケア

生理前の吹出物から守るためには、たっぷり含んだ水分と外部刺激を寄せ付けないバリア機能を強化することです。また、上述のように生理周期にマッチしたスキンケアを行う事で、余計な肌負担を軽減させ、それが肌バリア機能を強くさせることにつながります。

オルビスでは、生理前に減少する抗菌ペプチドが、肌環境を悪化させていると発表しました。従来の周期ニキビスキンケアを、リニューアルさせ、抗菌ペプチドを増やす成分を配合させています。使ってみたレビュー記事を書きましたので、参考にしてください。

食べ物

女性ホルモンの材料となる肉や卵を食べたり、女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンを含む大豆を食べるなどをします。イソフラボンは、体内に取り込むことで、女性ホルモンと同じように働いてくれます。

黄体ホルモンが気になる時期は、皮脂抑制力のあるビタミンB群を多くとったり、代謝を高めてくれるビタミンCを含む食べ物を多くとるようにします。

スポンサードリンク